「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

松方弘樹

 俳優。釣人。女たらし。ブランデー愛好者。




 享年74才。豪傑という言葉がピッタリあてはまる昭和の役者であった。
松方さんといえば個人的に「柳生十兵衛」「仁義なき戦い」「元気がでるTV」。
男も惚れる艶っぽい人だった。どれだけもてたのだろう?その女性遍歴も凄まじい。


 今なら謝罪して、事によっては首でも吊らないと許されないような修羅場を数多く経験した。
しかしだよ、芸能人が素人どもに頭を下げた時点でアウトなんだよな。
生き物が違うんだから。常識なんかないのだから。俗社会で生きていかれない人種。


 だから芸能界みたいなところに足を突っ込んだのだ。不倫くらいで謝る方がおかしい。
暴力団との付き合いがどうだこうだとかね。山城新伍さんが生前中にそれをすっぱ抜かれた。
釈明会見。これが見事なもんで、「友達のヤクザとゴルフやってなぜ悪い」だと。


 往年のヤクザ映画に出演していた、文太、梅宮、山城、松方、力也、成田、などなど。
アクの強い役者は最高だ。健さんや鶴田浩二の任侠映画も悪くないが、
ヤンチャさが彼らにはない。ガーッと仕事して、ガーッと酒呑んで、ガーッと女と・・


 今の俳優なんか単なる一般人。雰囲気からして生のオーラが弱すぎる。
なんの魅力も感じない。男が男として生きるなら、ひと暴れ、ふた暴れしたっていいんだ。
マグロ釣りに遠国まで行ってしまう“突貫気質”が、野郎の精神のどこかに隠れているものである。



 松方弘樹はかっこよかった。




※「修羅の群れ」「最後の博徒」もお薦めデス。





f0347130_19282289.jpg

ヘーマ

[PR]
by h72ogn | 2017-01-26 19:21