「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

アンビエント野郎

 配信が主流となった音楽産業。



 ボクはどうしてもなじめない。手にとれる「物」で欲しい。そして名盤とは一生寄り添っていたいし、駄作もこの手で葬りたいのである。

 最近、とんでもないジャケットのアルバムに遭遇した。画像参照。この薄暗~い写真にぼんやりうつっている男は、アンビエント界の巨匠であるブライアン・イーノ。

 じつは次回のパイのCDのジャケはこんなテイストにしたかった。イーノは黒基調だが、ボクは赤色で風合いを出してみたいと考えていたのだ。

 あちらさんは世界的アーチスト。こっちはよくわからないインディーバンド。ちょっとくらい似たって問題なかろう?いや、マジで(笑)。

 ここのところ頭の中がクールダウンできていない。仕事、ブログ、コラム、バンド、そして土日競馬。酒飲むくらいじゃ無理。そんな時、アンビエントはいいクスリだ。

 寝る前に必ず流すのがイーノのアルバム。部屋を薄明かりにし、目を閉じるだけで浮遊した感覚になる。ちょっとアルコールが入っているのが条件だが・・・


 つづく






f0347130_13173532.jpg

ヘーマ 
[PR]
by h72ogn | 2017-06-14 12:50