「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

有馬記念後記 II

 ス~イスイと先頭で最終コーナーを回ったキタサンブラック。




 中山の直線は短い。鞭のタイミングが遅れたらもうアウト。さぁここから、ここから。ボクの本命シュヴァルグランがいこうとしたその刹那。

 内へおもいきりヨレた馬がいる。14番のオレンジ帽?2番人気のスワーブリチャードじゃないかよ!この斜行の影響でシュヴァルの気勢がそがれた。キタサン楽勝。

 2着は?あ!内からきたクイーンズリングが入ってしまったよ!これも引退する5歳牝馬(メス)。穴馬だぞ、これ。シュヴァル3着惨敗。馬券の的中ナシ。0円。

 おい、2、3、4着すべて外国人騎手だぜ。ルメール、ボウマン、ミルコ。日本人はなにやってんだ!秘策、奇策、な~んもない。ただ走っていただけ。情けない。

 まるで宇佐美区民体育祭を見ているようだったよ。こんなのに銭を差し出したのが間違いだった。予想なんかする必要なし。強い馬と外人絡ませてりゃいいだけの話。

 あぁ土日で久々の大敗。とにかくここ1番という高額賞金の懸かったG1レースの捉え方を見直す。日本人はよほどの馬に乗らなければスカ勝ちは厳しいということだ。







f0347130_20054294.jpg

ヘーマ

[PR]
by h72ogn | 2017-12-26 20:05