「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

<   2014年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

鯉昇大爆発!

f0347130_101224.jpg



 すごいもの見た。いまだに思いだし笑いする。


 先日、深川江戸資料館にあるホールで行われた「柳家さん喬 瀧川鯉昇二人会」へ行った。
その一席目、鯉昇師は「舟徳」をかける。古典の中でもポピュラーで、夏の噺である。笑いどころも多い。


 落語好きならば何度も遭遇する人気の高いネタ。ボクも数回見ているし、名人上手の音源もよく聴く。
しかしこの日の鯉昇師のそれは、他のどれよりも、まったく別物というくらい楽しかった。40分の熱演。


 ボクにとって落語は、笑いに至るためにあるものではない。だから構えて見たり聴いたりしない。
そんな“ややこしい”客なのだが、こんなに笑ったのは初めてである。腹がよじれた。頭がクラクラした。


 着物を身にまとったおっさんが、座布団に座り、たった1人で喋っているだけなんだよ。信じられない。
鯉昇さんはそこにいるだけで、こちらの気持ちがポワ~っと和んでしまう不思議なパワーがある。


 それと見た目な。画像をご覧あれ。同じ人間とは思えないインパクト。病みつきになる芸の持ち主でもある。







平馬
[PR]
by h72ogn | 2014-08-31 10:00

グルグル呪い

 グルグルグルグルグルコサミン♪



 テレビコマーシャルのフレーズ。去年あたりから、これを「本当だ節」に絡めてライヴで歌ったりしていた。
ギターとユニゾンで。バカバカしいが、こんな誰もが耳慣れたメロディを突っ込むとスパイスにはなる。


 ところが、やっぱ跳ね返りがきたよ!唄っている張本人の膝痛がなかなかとれないのだ。まいるよなぁ。
お盆に発症したから、もはや2週間になる。自分で治療しているが、仕事中痛いのなんの。


 炎症はおさまっているが、関節に原因があるため、予測していた通り長期戦の様相になってきたようだ。
苛立つのは就寝時。ジワ~っと鈍痛を感じて目が覚めることがしばしばある。明け方とかに。


 原因不明ときているから始末悪い。勝手に拝借して、商品名を小ネタにしていた者への呪いなのか?
「世田谷育ちのグルコサミン~♪」を購入して、怒りを鎮めていただく事が快方への近道だろう。








平馬
[PR]
by h72ogn | 2014-08-29 08:51

角川派

 前回のつづき。



 80年代のアイドル、特に女性は楽曲に恵まれていたように思う。後世に残る名曲も多い。
あなたは聖子派?それとも今、ベスト盤が売れている明菜派?ボクがそう訊かれたら、「角川派」と答える。


 角川っても、角川博ではない。角川映画の主題歌がたまらなく好きなのだ。82~87年あたりの。
ボクにとっては、薬師丸ひろ子&原田知世が両巨頭である。映画は凡作多しなんだけどね。歌はイイ。


「Woman~Wの悲劇~」

「探偵物語」

「メインテーマ」

「時をかける少女」

「早春物語」


 このあたりの曲を聴くと、一瞬にしてココロが少年の頃に戻ってしまう。あぁ~たまらんな~の世界なのだ。
上記のほとんどにユーミンが関わっている。作詞は松本隆さん。最強コンビでしょう。


 歌謡曲はこうあってもらいたいよな。








 ・・余談ですが、知世ちゃんは、どんな服でも何を着させてもよく似合う、稀な女優さんだと思います。







平馬
[PR]
by h72ogn | 2014-08-28 08:27

何派??

 中森明菜のベストアルバムが売れているという。



 今、ご本人の露出はほとんどない。特別派手なプロモーションもしていない。それでいてこれは凄いことだ。
50万枚近くのセールス。CDがまったく売れない時代なのにである。購買層は4、50代の男女でしょう。


 この世代、1980年代の思い入れが、ことさら強いときている。いや、それだけではないな。
やはり楽曲がしっかりしているし、歌唱力を持ち合わせているアイドルがそれなりにいたからだ。


 ちなみにそれをぶっ壊し、素人同然をかき集めて爆発的人気をほこったのが「おニャン子クラブ」である。
プロデューサーはAKBと同じ秋元康氏。当時から現在に至るまで、馬鹿から金を吸い上げる能力に長けている。


 なぁ~に、中1時代のボクだって高井麻巳子と冨永春美が好きだった(笑)。夕ニャン毎日見てたからね。
んで、中森明菜ね。松田聖子と共に歌謡界のトップとして君臨していた時代が懐かしい。


 まわりも聖子派と明菜派にわかれていたが・・ボクはまったく違っていた。断然“あっち派”だったのだ!







つづく
平馬
[PR]
by h72ogn | 2014-08-26 21:30

船釣り

f0347130_8404141.jpg

これがサバの餌でかかったヒラメ。
90㎝、約7㌔の大物。玄関マット級。
夜、和食「にしむら」でさばいてもらう。


釣って食う。
サイコー!!
[PR]
by h72ogn | 2014-08-25 08:39

船釣り

f0347130_22402397.jpg

これ、立派なサバなんだけど餌用。
この後、釣人兄弟が巨大ヒラメをあげました。玄関マット級。グラシアス!!
[PR]
by h72ogn | 2014-08-24 22:39

ひと夏の…

 楽にいく。楽へ手がのびる。



 タンスの1番上段はTシャツコーナー。夏場はT専用スペースだ。
デザインはさておき、素材、サイズ、縫製、価格、みんなそれぞれだが…
もっぱら“着心地”を最優先している。これ、1日の疲労感がまるでちがう。


 ヘビーオンス(厚手)のTシャツは、パキッとしていて好きだけれど、
やはりどうも重たく感じる。丸胴で軽く、どこか頼りないようなのがイイ。
特に仕事の時。ほぼ100%着ている。そのかわり何度か洗うとクタクタに。


 だから、寿命が短い消耗品。へたすりゃひと夏でおさらばとなってしまう。
たとえばストーンズの来日記念(2006年)Tシャツは、いまだ現役である。
8年選手。大事にしている。ネットに入れて洗っているし。やたらに着ない。


 ま、いろいろですよ。あ、べつに含みをこめているわけではない。ハハハハ~





平馬
[PR]
by h72ogn | 2014-08-23 18:26

氷水男の最期

 おい、指名されたら氷水を頭から被れ!




 筋萎縮性側索硬化症を患ったアメリカ人男性が、難病を認識してもらう為に行ったことだという。何だかよくわからん。なぜ氷水なんだよ?
これSNSなどを通じて、地球規模に広まっているのだ。日本の芸能界やスポーツ界にも蔓延。まるでチェーンメールである。


 まぁ、遊びなんだからご自由にと思っていたのだが、あるニュース記事を読んで驚いたのなんの。大爆笑してしまったよ~!
当の発起人というか、出所であるそのアメリカ人男性が、つい先日、遊びで海に飛び込んで溺死したというのだ。


 被るは平気でも入水はまずいだろ。体の自由がきかない重篤な病を患っているというのに。マジかよである。
悪いが、こんな間抜けで滑稽な出来事はそうない。まるで落語の世界ではないか。こやつやりやがったな!って(笑)。


 こんな事を書くと、一般的常識バカは「人の命をなんだと思っているのだ、嘲り笑いおって!けしからん!」
となるのかね?そうだよ。仰るとおりさ。命なんてそんなもんだよ。極めてあっけないものだ。


 それを笑わずにいられるかってんだよ。オレは言いたいね、「ご苦労さんなこったね」と。病人や障害者だって“バカ”の比率は健常者と同じだから。










平馬
[PR]
by h72ogn | 2014-08-22 22:11

膝痛

f0347130_225788.jpg

 痛いっつうの!



 左膝の外側に強い痛みが走る。原因不明。たぶん海で爆泳したからだ。
1週間前じゃないか。そのあとがよくなかったかも。山道サイクリング。
一碧湖へ。湖の外周はハイキングコース(所要時間40分)になっているのだ。そこを走る。


 もうその時に違和感ありあり。けっきょく、調子に乗りすぎたんだよ。
情けないものである。ま、左下肢はもともと弱い。膝痛も何度も経験している。
しかし、こんなに強い症状は初めて。階段の登り降りなんて、まるで老人だ。


 もちろん治療はしているが、これは完治まで長い道のりになりそうである。
仕事場の連中は週末に富士登山へくり出す。ボクも誘われていたのだが…
当然、このあり様では富士山はおろか、富士そばにも行けない。お断り!


 厄は、誕生日を過ぎてあける説と、大晦日が軸になる説がある。
誕生日(15日)からたった6日しか経っていないのにこれだ。
後厄は今年末までつづいていると思った方がよさそうである。







平馬
[PR]
by h72ogn | 2014-08-21 14:35

戦火のバカ Ⅱ

 それにしても、シリア邦人拘束はお粗末な出来事だ。



 どうやら湯川遥菜氏は「自由シリア軍」に“兵士”として加担。
反体制派「イスラム国」を敵とみなして従軍していたようだ。やりたきゃやれ。
けど捕まった時に「日本人だ」なんて言うんじゃないよ。相手は過激派だから。


 おまえの行動や言動によって、日本がテロの対象になっちまうじゃないか。
現場なんだからよ。サバゲーとはちがうのだ。「金正恩の遣いだ」くらい言え。




 10年ほど前だったか、今は亡き立川談志師匠の発言を思い出す。



 アフガン邦人拘束の報に対し…



「銭のために戦地へくりこんで、いざとなったら助けてくれだと?遊園地でテロに遭遇したてんなら少しは同情できるがな、制止も聞かずに危険地帯へ行ったのはてめぇらだろ。身代金や飛行機代は税金だ。そんなもん助けるこたぁねぇ!『北海道行って鮭食わされちゃったよ』って言っているようなものだ!」


 こんな風に100%正論をぶちまけていた。

 こういう事をズバッと言い放てる人がTVでいなくなった。









平馬
[PR]
by h72ogn | 2014-08-20 08:45