「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

<   2015年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 タイの首都バンコクから旅はスタート。




 まず暑い。これでも5月のピーク時と比べたら涼しいとか。30℃なんて屁でもないってさ。
とにかく両手をフリーにする必要がある。荷物を預けて向かったのは「ワット・ポー寺院」だ。
ほとんどの観光客はタクシー利用で現地入りするそうだが、それじゃなんか趣がないよな?


 調べると船で行けるらしい。電車で「サバンタクシーン」へ。そこに乗船場がある。
まずは腹ごしらえ。タイ料理レストランに入る。友人から教わった御法度三カ条を思い出す。


・極端に辛いもの、強い香辛料や香草に注意。

・水は買って飲むべし。氷にも気を付ける。

・生物は避けよ。火の通っていないものはNG。


 これさえ守れば大丈夫。ボクは、海老サラダ、グリーンカレー、ストロベリージュースを注文。
朝から爆食だ~!と、あっという間に料理が並ぶ。ジュースは氷満載、海老半生、カレー極辛。
なんということか。もちろん店に落ち度はない。自分の胃腸を信じよう。ササッと完食。


 船に乗って30分。ワット・ポー到着。あら?胃がキリキリ。背中が張ってきた。ヤ、ヤバい!




つづく。





平馬
[PR]
by h72ogn | 2015-02-28 17:49

旅日記2~早朝到着~

 出発は18日の深夜便。目指すはタイ・バンコクへ。




 7時間30分のフライト。エコノミークラスは東海バスみたいに狭い。180cmのボクには拷問だ。
それでも2時間ほど眠れた。スワンナプーム空港には朝6時到着。時差2時間。まずはSIMカードだ。
通信だけは確保したい。なにせアジア1人旅は初めてのこと。おまけにガイドブック嫌い。


 予備知識、下調べ、現地語、英語、ほとんどできない。知らない。行き当たりばったり。
まず毛穴ばっくり。雪の東京から熱帯雨林気候に来たわけだ。朝から蒸し暑い。とにかく駅へ。
お札は券売機で使えない。窓口で1日フリー乗車券を買うも、なぜか黄色いコインを渡される。


 たぶんこれは乗車券3枚だろう。ま、いい。着いて返金してもらおう。しかし目的地がない。
バンコク在住の土屋さんは忙しい。宿の手配だけお願いし、行動はすべて単独。
宿泊は大学構内のコテージ。1泊700バーツ(¥2500)。市内から1時間もかかる場所なのだ。


 チェックインできない。機内持ち込みサイズのキャリーバッグとはいえ、身軽になりたい。
かといって適当に預けたりすると盗難に遭う。ここは日本のサービス会社を調べる必要がある。
さっそくネット検索。1日50バーツ(¥200)でOKという店舗を見つけることができた。


 オープンまで2時間近くある。まずはコーヒーだ。駅を降りると都内でも見たことのない光景が。
凄まじい交通量。バイクと車がひしめき合っている。トゥクトゥク(荷台付バイクタクシー)も。
タイは外食文化。朝昼晩と外でご飯する。どこもかしこも人でいっぱい。


 いきなり屋台はよそう。スタートから下痢だけは避けたい。なので安全そうな店に入る。
いかにもな高級店。コーヒー幾ら?150バーツだと!?日本円で600円じゃねぇか!ふざけるな。
ま、仕方ない。酸味の強い味だったが、おいしくいただいた。時計は9時半。1日何して遊ぼうか。



 このカフェでの予習が1日を決めたといっていい。つづく。






平馬
[PR]
by h72ogn | 2015-02-28 09:39

旅日記1~きっかけ~

 タイ&カンボジアの旅を終えて帰国した。




 2ヶ国周遊には、それぞれ“きっかけ”がある。現地に友人と親戚夫婦が住んでいるのだ。
バンコクに住む土屋さんは女性。5年前の米国(シカゴ)公演を見に来ていた人。下田市出身。
live終了後に声をかけてくれた。日本人だけでも驚くのに、下田という単語に2度ビックリ。



 この方は、当時、舞台役者をしていてアメリカ各州を転々としていた。
アド交換したので、たまにメールでお互いの近況報告をしてたのだが、一時疎遠になる。
それがSNSで再び繋がる事ができた。見ると、数年前からバンコクの音大に所属していたのだ。


 と、ほぼ同時期にイトコの“えーちゃん”ともLINEで交流が復活する。
旦那さんの仕事の関係でカンボジアへ移住。いつまで居られるかわからない。早く来いと。
2014年9月より念願のプノンペン直行便就航!のはずが直前頓挫。すべて白紙になる。



 トランジットはなぁ。ボクの計画も一旦中止になってしまったが・・・
年の瀬になり閃く。「バンコク経由にして、タイに何泊かすればいいじゃん」と。


 そこからトントン拍子に事は進んでいったのだ。つづく。








平馬
[PR]
by h72ogn | 2015-02-27 15:38

表裏

プノンペンは川沿いが繁華街。しかし1本裏通りに入ると様相は激変。強盗はあたりまえ。去年、日本人も射殺された。画像のような平和的な人は少ない。

f0347130_16422087.jpg

[PR]
by h72ogn | 2015-02-26 16:37

トゥクトゥク

尾崎豊さんもクメール人だったら、「盗んだトゥクトゥクで走りだす~♪」と歌っていたのかね?


f0347130_2534757.jpg

[PR]
by h72ogn | 2015-02-24 00:46

カンボジア

昨夜、タイ✈✈✈カンボジア。毎日毎日、徹底的にくたばるまで遊んでいる。


f0347130_254792.jpg

[PR]
by h72ogn | 2015-02-23 00:44

タイにいます

越冬するしかない。いつか厳冬期に暑い国へ行ってみたかった。きっかけは他にあるが、それはまた後日書く。とりあえずご報告まで。・・これでは日記とはいえないか。


ま、いいじゃん、たまには。



f0347130_1404350.jpg

[PR]
by h72ogn | 2015-02-20 11:55

イヤイヤ

 誰だって嫌いなものはある。




 たとえば生ゴミの臭い。あれを嗅いで飯3杯食える奴はそういないだろう。
山谷や西成のほぼ乞食だって、新鮮な食い物をあえて腐らせたりしないはずだ。
こういう生理的な部分での好き嫌いの話でなく、自分が他者より不快に感じている事を書く。


 パッと思い付いただけで2つある。1つはレジ袋。もう1つがガイドブックね。
あのスーパーやコンビニのビニール製の袋が大嫌い。だが、紙袋に不快感はないのだ。


 シャカシャカシャカシャカうるせぇ。落語、映画、観劇などの客席であの音がするとイヤ。
よくいるよ。バッグの中からおもむろにってのが。無機質で貧乏くさいったらない。


 ボクはコンビニでたくさん品物を買わないのは、レジ袋をぶらさげて歩きたくないからだ。
で、もう1つの方のガイドブック。これはもう取説よりたちが悪い。るるぶとマップルは特にだ。


 なんだあのまとまりのなさは。目がチカチカ。頭も痛くなる。本だろ、理路整然としろ。
だから旅はいつも行き当たりばったりになる。レジ袋も不用だーっ!!!!





平馬
[PR]
by h72ogn | 2015-02-17 22:51

イタズラ気分で

 何をいまさらだが、映画、音楽、落語が好き。



 これもまた今さらなんだけれど、盲目的に追いかけているわけではない。好きに理屈がある。
なぜ好きなの?なぜ嫌いなの?ちゃんと言語化したいのだ。でないと自分の気がすまない。
十人十色。嗜好のちがいは人間の数だけあるという了見はある。
しかし、これは映画という範疇に入れてはならない愚作もあるわけでね。音楽や落語もそう。


 人が制作し、人が奏で、人が話す。ひでぇのが紛れこんでやがるからな。気をつけないと。
才能に、+不気味さを加えた人をボクは芸術家と呼ぶ。そんな持論があるのだ。
うかがい知れない、危ない雰囲気、何をしでかすやらという人間が創造したものでないと認めない。


 最近気づいた事がある。それは、エンターテイメントとは「銭のとれる悪ふざけ」ってことだ。
今は客に媚びているとしか思えないのが多すぎる。虫酸が走って町内を1週してしまう。
恥ずかしくないのかね?夢、希望、勇気、絆、みんなで頑張っていこう系な。死ねばいいのに。


 亜無亜危異というパンクバンドを知ってます?ある曲の節が耳から離れないでいる。


「あいつの敵になってあげる イタズラ気分で」


 これだよ、これ。


 世間や常識に対して取っ組み合った『悪ふざけ』だけがホンモノの芸能だ。


 ゴッホさんの絵だってさ、あれ、よ~く見るとすべて冗談ですよ。








平馬
[PR]
by h72ogn | 2015-02-16 21:28

スタジオにて

 久しぶりに全員集合でリハーサル!




 に、なるはずだったが・・、7人中なんと3人が不参加。ほぼドタキャンに近い。
やってくれたよ。だったらはじめから来ない方がまだマシ。
気分は高い位置にいたのに、ハシゴを外された感じだ。つまりテンション急降下。


 行けない理由はもっともなもの。それは仕方ない、あるいは、お大事にとなる。
けれどオレはそうならない。リハーサル最初の30分は陰口の大オンパレード。ボロカス。
なぜかオレだけなんだ。他のメンバーは笑っているだけ。それがまた怒りを増幅させる。


 とても歌う気分ではない。こっちだって行きたかった落語会をガマンして来てんだ。
大人のように振る舞ったりしたら、こっちが病むからな。だから腹が立った時にこそ毒素排出だ。


 おもしろいもので、途中から楽しい気分になった。音楽は素晴らしい。再確認したよ。
リハはまた仕切り直し。少なくとも本番には全員現れろである(笑)。
これはすべてにおいていえるが、「呑気」でいるには「多少の苦痛」を味わっておくこったね。








平馬
[PR]
by h72ogn | 2015-02-15 22:19