「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

<   2016年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

散髪

 さっき仕事を終えて東京へ。





 すかさず床屋で散髪。極短を申し出てら、ヤクザになるのでやめましょうと言われた。
そうですか。終わってから日暮里で呑む。競馬の師匠連とやりとり。皆さん凄味がある。G1戦。それにマカヒキ凱旋門賞も。
夏競馬とはちがうよ。まるでちがう。そのくらいオレにもわかる。というわけで…

 素敵な週末を!いろいろあるけど、マカヒキに勝ってほしい。金じゃないよ、マジで。




f0347130_22541721.jpg

平馬
[PR]
by h72ogn | 2016-09-30 22:44

大谷の弱点は?


 大谷選手はスゴイ。




 昨日、リーグ優勝を決めた日本ハムファイターズの投手であり、打者でもある。
ピッチャーとして10勝。バッターでホームラン22本も打っているのだ。
日本プロ野球界に久しぶりに現れた怪物級の男である。身長196センチ。
2階から振りおろされる速球に対応できる打者はほとんどいない。変化球の曲がり方もスゴすぎ。


 おまけに甘いマスク。男前。とうぜん来季はとんでもない年棒アップになる。
メジャーにも十分通用するし、怪我さえなければいずれアメリカに渡って活躍するだろう。
巨万の富を得るはずだ。イチローも元ピッチャーだから140キロの球をを投げることはできる。
しかし大谷の最高速はなんと164キロ。桁が違う。昨日の試合だって完封勝利していた。


 まったくといっていいほど欠点らしい欠点がない。神様って意地悪だよなぁ。
しかしだ。誰にでもなにか必ず短所はある。たとえば、巨大なイボ痔で排便困難だとか。
とんでもない性癖があったりするかも。ボクとしてはもっと明るみな弱点を見てみたい。
変な女につかまれ!野村沙知代や落合信子につづくブルドッグ恐妻にキンタマ握られろ!






f0347130_19593511.jpg

平馬

[PR]
by h72ogn | 2016-09-29 19:56

夏日


 夏の寄り戻し。




 この3日間、日中は30℃オーバー。照りつける太陽がまぶしかった。湿度も高い。
寄り戻しは季節の変わり目の特徴といっていい。今週末で9月は終わる。土曜日から10月かぁ。
なんという速さで月日が経っていくのだろう。ついこの前、お正月だった気がするくらいだ。


 11月と12月のライヴはすでに決定しているが、時間や諸々の取り決めがなされていない。
オレが何も動かないからだ。ん~、事務的なことを一切したくないのよ。
しかしもうそんなノンキな状況でいられない。詳細をあげないと告知だってできないから。


 アー写が必要なんですか?もうストックしている新しい画像なんてありませんよ。
プロフィール?そんなもん「得体の知れない謎の楽団」でけっこうなんすけどね。
いかん、いかん!季節だって戻るくらいだ。オレも初心にかえって精進潔斎しなければ。





 …嘘くせぇな。



 もう23:22か。今日にしては遅すぎる。じゃあ明日は書かなくてもいいだろ。休む。どうもね。






f0347130_23224582.jpg

平馬

[PR]
by h72ogn | 2016-09-27 23:19

親子参戦!


 総合格闘技「RIZIN」のテレビ中継を見た。




 昨夜、19:00~22:00。フジテレビ系列。日曜夜で3時間放映はすごいことだ。
カードも一般層に伝わりやすいものを揃えた感じ。特に女子部門に力を入れた。
レスリングで活躍した山本姉妹の姉、山本美優(41)の総合デビュー戦。息子も出場。


 母と子の同時参戦は格闘技界で初のこと。セコンドはあの山本KID徳郁だ。
彼らの弟であり叔父でもある。親父の郁栄さんの姿もあった。末っ子(聖子)はいないの?
あ、あの人はダルビッシュの彼女。テキサスで同棲中。だとしても全員いてほしかった。


 グレイシー、元・大関、闘うフリーター、キック界の雄、プロレスラー、PRIDEの看板選手、
バラエティーに富んだ各界の有名選手同士の試合が次々と繰り広げられていた。
面白い。けれど、面白かっただけ。10年前の“興奮”はなし。比べちゃいけないか。
今となっては相撲と競馬の方が好きだな。エンタメ度は総合が1番高いと思うけどね。


 むしろそれがアンバランスに感じる。選手の実力よりも演出が先走り。くさいんだよ。
力士と競走馬は違う。なんというか、別次元+別格的。存在そのものがファンタジーなのだ!





f0347130_22195956.jpg

平馬

[PR]
by h72ogn | 2016-09-26 22:07

熱々


 出前とかってたのみますか?




 実家はよく利用しているようだ。両親がラーメンを食べている光景をよく目にする。
あ、ボクは食事は完全に別。朝と昼は職場の控え室。夕飯は実家でとるか外食だ。


 ほぼすべて自炊。さすがに1人で出前はない。夜は酒を飲む。だから炭水化物は口にしない。
うちから徒歩10分の所にある「金華」という中華料理屋。出前はいつもここから。
何回か食べたことがあるが、味がしっかり記憶されることはなかった。可もなく不可もなく。


 デリバリーなんてそれでいいよ。出来立てでないわけだしね。今日は久しぶりの快晴。
散歩がてら足を運んでみた。ちょうど昼時。店内には10人くらいの客がいた。酒飲んでるのも。
ビールじゃないよ。熱燗だよ。しかも同世代の女性2人。ガラガラ声。夜の商売の方だろうか?


 メニューが豊富で迷ったが、無難に広東麺を注文。あんかけでそう不味いものはないだろうと。
一口スープを飲む。熱々。あ!これ、美味い!やっぱり麺類はすぐ食べないといかんな。
歩いてでもここには直接食べに行こうと思う。というわけで、また明日からがんばろう。


 もちろん、ほどほどにね。







f0347130_18442544.jpg

平馬


[PR]
by h72ogn | 2016-09-25 18:42

大関明暗


 大相撲秋場所14日目。



 明日の千秋楽を待たずに大関・豪栄道が優勝を飾った。今日まで無敗。
いくら白鵬が休場中とはいえ、この連勝街道は立派である。先場所は惨憺たる成績。
角番に。今場所負け越したら大関陥落。まさに窮地に追いやられた身だった。


 じつはこの力士には特別な思い入れがある。31才の豪栄道が高校生だった頃のこと。
たまたま全日本相撲選手権のテレビ放映を見ていた。OP戦。アマチュア最強を決める大会。
そこに彗星のごとく現れたのが澤井君だった。澤井とは豪栄道の本名である。


 社会人との決勝戦で惜敗。惜しくもタイトルを逃したが、“澤井”という名前はすぐ覚えた。
プロでもすぐ頭角をあらわす。しかしそこは化け物の集まり。よくやく大関まで昇進。
しかし、それからまったく精彩を欠いてしまう。怪我も多い。角番をいったり来たり。


 30才をこえた事もあり、引退の二文字も相撲ファンの中にはちらついていた矢先の優勝。
いやぁ、わからないものだ。そんな人がぶっちぎりで賜杯を手にしちゃうんだから。




 そういえば、同じく大関ながら大本命。だが、横綱昇進の千載一遇をみすみす逃したのがいる。
稀勢の里。9勝5敗。5つも星を落とし、すでに万事休す。これで昇進は振り出しに戻った。




 白鵬のコメントを思い出す。


「強い人間が大関になる。横綱は運命を持った人だけがなれるんだ。
稀勢の里に足りないのはそこだろう。私に勝てるなら勝ってみろという気持ちです。」


 ケガを治し、再びこの最強横綱が主役になるのは間違いないだろう。
この言語感覚は日本人を超えている。まさに勝負の世界を生き抜いてきた人だけが持つ言葉だ。






f0347130_19241491.jpg

平馬

[PR]
by h72ogn | 2016-09-24 19:17

「怒り」寸評2~母編~


 母「え!?あんたも?」




 昨日、沼津で観た映画「怒り」。どうやら母親も行ったらしい。邦画にしか足を向けない人。
字幕嫌い。そして黒人も苦手という。なんで?ときいた。「だって唇が紫色だから」だって。
とにかく顔の造形とか身なりで人を判断する、いわばちょっとした差別主義者である。


 しょうがない。好みの問題だ。あれこれ理屈こねて人を卑下する奴よりはずっといい。
完全に抜けた性質なので、母に説法は絶対に無駄。しかし、わかったふりはうまい。厄介だよ。
読書家で俳句も習っているが、句をサラサラ書いている自分に酔っているだけだろう。




 「出てきた役者はみんなよかった。だけど、渡辺謙は別格なの。やっぱりちがう!
あ、あと、宮崎あおいも演技派の仲間入りしたわね。あんな頭の足りない役をよくやったわよ。」


 息子のボクも宮崎あおいは素晴らしかったと思う。ん~、謙さんはどうだろ?
演技うんぬんより、もっと生気の薄れた雰囲気を醸し出してほしかったように思う。


 …で、次に発した母の言葉にボクは絶句したのだった。


 「ところで犯人は誰?あの映画よくわかんな~い。」











f0347130_20155390.jpg

平馬

[PR]
by h72ogn | 2016-09-23 20:11

映画「怒り」寸評




f0347130_22150757.jpg



 毎日〃雨。どんだけ降るんだよ。




 当初予定していた事が飛んだ。よし、ならば映画しかない。宇佐美から沼津へ。
選んだ作品は「怒り」。邦画。渡辺謙、宮崎あおい、妻夫木聡、綾野剛などが出演。
内容には触れないでおく。一言感想を書くならば、日本映画特有の生ぬるさナシ。


 犯罪サスペンス。このジャンルは特にだが、韓国映画のめざましい躍進に押され気味。
とにかくあちらさんは、下劣、陰惨、ハイテンション。ごり押し手法で時代を切り開いた。
かたや日本はテレビドラマのような無味無臭。中身は二の次。売れ線キャスティング。


 まったく見る気になれない。じつはこの「怒り」もアイドルが出ている。広瀬すずと高畑充希。
この2人のシーンは“だれ場”だな。ボクはそう予想していた。だがそれはうれしい誤算だった。
宮崎あおい?線の細いきゃしゃな人でしょ。ところが!私的MVPはこの女優さんだったのである!


 李相日監督、役者陣をそうとう追い込んだとみた。テレビでは絶対に放映できない。
いやぁ~久しぶりに見応えあるパンチのきいた邦画に巡りあえた。雨からぼた餅である。








平馬


[PR]
by h72ogn | 2016-09-22 22:08

ピンキリ


 日本酒なら純米がいい。



 そんなことはわかってる。あたり前田日明だぁ。しかし本醸造より値が張る。安くはない。
居酒屋の日本酒価格っておかしくないか?だから酒好きは宅飲み派が多いのである。
外よりは安くすむが、量がいくとそういうわけにはいかない。だから夏場はレモンサワー。


 ハイリキに焼酎を足して飲む。身体と脳ミソにはよくない。いつもそう思っている。
だから2缶まで。〆は日本酒を茶碗2杯。順番が逆になることもある。肴で変わるのだ。
ビールは週イチくらいかな。ずいぶん少なくなった。んで、焼酎のことなんがね。


 これもまた質や値段ともにピンキリ。規制緩和でコンビニでも安いのが出回っている。
よけいなお世話だが、1.8リットルで1000円以下のものはなるべく避けた方がいいと思う。
同じ量を飲んでも翌日の残り方がちがうように感じる。頭が冴えないというかね。


 むろんアルコールはすべて健康を軸に考えた場合、たとえ1滴でも毒なのだ。
でなけりゃ肝臓から解毒酵素なんかでるわけがない。しかし極端な安酒は何かがおかしい。
気のせいにしては明らかすぎるダメージ。基本的にボクは宝焼酎ピュアパック以下は買いません。



 ぁあ~、なんてしみったれた日記なんだよ。







f0347130_14522434.jpg


平馬

[PR]
by h72ogn | 2016-09-21 14:50

差別

 リオパラリンピック閉幕。




 日本の金メダルは0個に終わった。ゼロとはなんだ。最近の障害者は情けない。恥を知れ。
…差別のない世の中ならば、こんな事を発言したっていいのだ。それができない。
スルーしてやがんの。健常者も健常者だ。だいたい足にバネ付けて走るだ跳ぶだの、これっていかがなものか?


 道具ひっつけていいならドクター中松の如く、ウサイン・ボルトも装着して走っていいはず。
水泳は片腕がなくても、ちゃんと生身でやっている。まっすぐ泳いでるのを見て感心したもん。
陸上の基準をあてはめるなら、蛙のような水かきを着けたっていいだろう。でしょ?


 これ、差別じゃないか!







f0347130_19200748.jpg

[PR]
by h72ogn | 2016-09-20 19:02