「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

 日本中が悲しみに暮れた元ニュースキャスターの死。



 彼女のパートナーは歌舞伎役者。この人、気丈にも休演せず千秋楽まで舞台をつとめた。毎日、何回も自分のブログを更新して思いの丈を綴っているようだ。

 その内容はほとんど嘆きの呟きである。時には隈取りをほどこした衣装姿でスマホを手に取って自撮り。跡目の息子のことをあだ名で呼び、そのままカタカナ表記されていたりする。

 世の中が彼に同情しているような風潮をとても感じるが、ボクはなんて隙の多い人なんだろうと思う。私生活や感情をオープンにする姿勢は賛否ある。勝手にやればいい。

 しかし開けてはいけないココロの扉はある。伝統芸能に身を置いているなら、よけいにそのあたりは大切な領域だと思うのだが、どうか?



f0347130_14561462.jpg

ヘーマ
  
[PR]
# by h72ogn | 2017-06-27 14:38


 138分。長い。
 予告編を入れたら2時間半。



 かったるい。つまりイイ作品なら3時間だって短いと感じるはず。だからこれは個人的に駄作の中に入る。舞台(戦地)は沖縄本島。日本兵がまるでエイリアン。ホラーだ、ホラー。あまりにも酷い。

 監督のメル・ギブソンはよほど反日感情を抱いているにちがいない。だから韓国や中国で上映されたら、手を叩いて喜ぶ人は少なくないんじゃないの。

 主人公は武器を持たず、絶対に抗戦しない衛生兵。宗教が絡む。沖縄で70人以上の負傷者を救ったことが物語の軸なのだ。それって正義なのだろうか?

 戦争そのものに、まして陸上戦という殺し合いに善や悪は関係ないと思う。ボクはこういう英雄を讃える美談仕立ての戦争映画は大キライだ。観なくてよかったな。






f0347130_14523741.jpg

ヘーマ
[PR]
# by h72ogn | 2017-06-26 14:36

寿司〆


 土日大激走!




 昨日(土)は1日分の仕事量を半日でこなす。コラムは深夜アップ。やらなくてもいい競馬を3レースほど。午後2時、とりあえず馬券だけ購入して沼津へGO。乗り換えの時に思ったね、疲労困憊だってことを。

 身体が動かない。腰と膝痛い。それでも映画「ハクソー・リッジ」を見た。感想は明日以降にする。予告編込み150分。長いよ。終わってから三島で途中下車。「310餃子」で一杯飲む。

 Oちゃんのために競馬新聞を買って帰ろう。しかしまだ飲み足りない。宇佐美を通り過ぎ伊東下車。谷口酒店で“身内”角打ち。日本酒をタダで飲ませてくれる。ごちそうさま。

 車でOちゃんが迎えに来てくれた。新聞を渡す。今朝は二度寝。しかし9時に起きて掃除をする。昼前から阪神と東京の競馬予想。雨。稍重。傾向が変わるだろう。上半期最後のG1。何とか獲りたい。その一心だ。

 1時40分。Oちゃん来訪。9Rから。ボクは絶好調。宝塚記念まで全的中。昨日の全敗が嘘のようだ。ところが!メインはキタサンブラック大敗で馬券は見えない紙屑に。ボックス勝負したOちゃんは?な、な、な、7万円ゲット!

 最終も的中!約10万のあがり。スゴイ!「平馬ったん、寿司食おう」。おぉ!!日曜夜にお寿司を食べる幸せ。野郎2人。もちろんカウンターだ。3時間もいたの!?最高の打ち上げ。

 上半期の〆に美味しいものにありつけたのは縁起がいい。今年も残り半分。頑張れそうな気分になったもんな。まずは夏だろ。どんとこい!






f0347130_22023059.jpg

ヘーマ

[PR]
# by h72ogn | 2017-06-25 21:56

コラム更新!

 おはようございます。今週も土曜日。「平馬の千円馬券遊戯」をアップしました。ご覧ください。


(ターザンカフェ)
http://www.ibjcafe.com/talk/content/tarzan/




f0347130_07340248.jpg

ヘーマ
[PR]
# by h72ogn | 2017-06-24 07:28

罵詈雑言

 朝から笑わせていただきました。



 豊田真由子議員(自民党)のヒステリックバイオレンス。暴力魔。なかでもミュージカル調の罵詈雑言は凄かった!このババアのイメージカラーは桃色。とりまきからはピンクモンスターと言われていたらしい(笑)。

 今秋、北野武監督作「アウトレイジ」の完結編が公開される。あと2ヶ月もすればほとぼりも冷めるさ。ぜひ宣伝部長にすべき。まさにリアル女アウトレイジ。迫力のブルドッグ顔をぶらさげて全国行脚しろ!





f0347130_19510656.jpg

ヘーマ

 
[PR]
# by h72ogn | 2017-06-23 19:43

※内容に触れています。ご注意ください。




 時間をこじ開けてでも映画を観るべし!




 これは自分に課していること。「パトリオット・デイ」は実話。2013年、ボストンマラソンで起きた爆破テロ。まだ4年しか経っていない。

 だから記憶に新しい。ボクも覚えていた。発生からわずか100時間で解決。犯人2人は兄弟。兄は死亡。当時19才だった弟は検挙され、死刑判決がくだされている。

 いかにも、アメリカ万歳!警察の勇気と機動力に乾杯!というような終わり方だった。エンドロール前に当時の映像も流れている。

 悪いが、こんな稚拙でノータリンの兄弟を捕まえるのに、とてつもない労力を要した機関ってどうなの?ボストン全域に外出禁止令?閉鎖?やり過ぎだよ。そりゃ死者も出した凶悪事件ではあるが…。

 けど組織犯罪ではないもん。思想というよりは場あたり。きわめて個人の怨みつらみで起こした暴発である。政府はむしろ隠したい案件じゃないだろうか。

 まぁ「映画」としたら十分すぎるほど楽しめた。大好きな俳優のジョン・グッドマンも拝めたしね。上映時間は130分と長尺だが、損はしないと思うよ。






f0347130_19555941.jpg

ヘーマ
[PR]
# by h72ogn | 2017-06-22 19:55

搾りカス

 音の出ない資料映像なんぞ資料じゃねぇ。昨日のつづき。



 ライヴが終わった瞬間の何倍もの疲労感、いや、虚無感に襲われた。これはないよと。次に繋げる鮮度の良いネタが手もとにないのは痛すぎる。とにかく音だけでも調達せねば。

 宮内君が録音しているはず。すぐ連絡。手配完了。ここまですべて当日の出来事。会場入りからじつに13時間経過。そして最後の最後、競馬中継(録画)の再生ボタンを押した。

 オンタイムで見られないレースはだいたいはずれる。土曜日は惨敗。だから函館と東京の重賞2つを少額で。これがなんとヒモしか入ってこない。ガチガチ大本命のセイウンコウセイが4着だと!?

 なにかの間違いじゃないのかと思った。あぁ、この感覚は去年の桜花賞と同じだ。ライヴの待ち時間中に結果だけ知ったんだよ。メジャーエンブレムがとんだってね。いやぁ、まいった。感情のジェットコースターだ。

 疲労回復まで2日を要する。月曜夜なんて10時半には横になったもんな。削られたのは肉体だけではない。そういう時に限って胸クソ悪いことが起こるんだよ。

 これは書けない。とにかくすべてがアホくさくなった。それは言える。


 


f0347130_16290454.jpg

ヘーマ
[PR]
# by h72ogn | 2017-06-21 14:37

遊戯搾りまつり 44 Ⅱ


 番外編の回顧録。




 日曜のワンマンライヴ。朝10時半入りですぐさまサウンドチェック→リハーサル。開場13時半。本番は14時5分~15時45分。精算後に解散。

 近くの居酒屋で打ち上げ。20時で〆。ボクはそのまま伊豆帰還。品川から新幹線に乗った。車内でウイスキー水割り(缶)を飲む。帰宅は22時。風呂へ直行。

 汗を流して寝酒にもう一杯。焼酎のオレンジジュース割り。さて、いつもの恒例行事。さっきのライヴ映像を見よう。再生。ちょ、ちょっと待ってくれ!音無しなんだけど!

 やりやがった…。スタッフの超絶なる凡ミス。すぐ四谷天窓へTEL。留守電だ。怒りを抑えてメッセージを残しておいた。ボクは必ずその日の内にライヴのチェックする。

 それから時間を置いて、冷静な時に再び見る。あるいは聴く。これが反省かどうかは別にして、次にいかす為の大事なルーティーンだと思っているのだ。

 客観視してこそ。単なる自慰行為で終わらせてはならない。アイデアは過去との対比から生まれる。いらないものは排除、必要なものを足していく。間の取り方もね。

 そのもっとも新鮮な材料がないというのは由々しき事態だ。あってはならない事が起きたといえる。ミスは誰にでもあるが、数年前にも同じ様なことがあった。

 四谷天窓、猛省しろよな。次回のライヴが良くなかったら、あるいは喋りがすべったら、すべておまえたちのせいにする。それがイヤなら最初からフリーライヴ(¥0)にせよ!



 後味の悪い出来事はまだつづいた。ふつうはこれで終わりだよ。寝るよ。しかしそうならなかったのだ。






f0347130_20094432.jpg

ヘーマ

[PR]
# by h72ogn | 2017-06-20 20:08

遊戯搾りまつり44


 ライヴは無事終了。




 まずはご来場の皆さま、ユニクインテット、スタッフ、どうもありがとう。感謝いたします。本番100分、リハーサル100分、もうヘロヘロだ。

 3曲目で喉がいかれた。大事にいくか?あえて潰してしまうか?迷う。序盤ということもあって前者を選択。いや~後半まで辛かった。痛くて痛くて。こんな日もある。


 しゃべりはハイスパート。下ネタを盛り込み長いMCが多かったかも。今回は踊る子どもをよく見かけた。ジワジワ前へにじり寄ってきやがんの。

 そして終盤爆睡。なんという正直さ。歌い手の友人の息子(1才)は、行きの電車で大泣きだったのに、デカイ音のライヴはへっちゃら。謎だ。

 しかも最後列から最前列に1人移動。独特のノリで出演者を楽しませてくれた(笑)。彼がMVP。お疲れ様。ゆっくり離乳食でも食っておくれ。


 それにしても客席は老若男女~外国人までありとあらゆる層の人たちがいた。ボクはターゲットは絞らない。偶然だろうがみんな盛り上がっていた。

 ままならなかった歌唱が悔やまれる。帰りがけ、スタッフに喉の事を話した。そしたら、「いつもとそんなに変わってませんでしたけど」…だってさ。







f0347130_13244289.jpg

ヘーマ

[PR]
# by h72ogn | 2017-06-19 12:56

本日デス

ザ・パイのパイ

☆LIVE☆

~遊戯搾りまつり44~

2017.06.18.(sun)
東京・高田馬場
「四谷天窓」
13:30op
14:00st
2000yen+1drink

O.A ユニクインテット
(13:30~14:00)

日曜の昼下がりは天窓へどうぞ‼


 

f0347130_01143397.jpg

ヘーマ


[PR]
# by h72ogn | 2017-06-18 01:09

コラム更新!

 平馬の千円馬券遊戯をアップしました。今回は「変な名前の馬」のことを書きました。


(ターザンカフェ)
http://www.ibjcafe.com/talk/content/tarzan/



いよいよ明日開催!
1ステージで15曲一気!
遊戯搾りまつり(vol.44)をお楽しみに!


★予約★

h72ogn@gmail.com
名前
人数
公演日

こちらからの折り返しメールを受信して完了。尚、ペア割引の予約は本日18時までとさせていただきます。



f0347130_12253855.jpg



[PR]
# by h72ogn | 2017-06-17 12:18

日記消滅

 書いたんですけどね。


 しかも、朝の陽気が最高で・・という久しぶりにポジティブな内容。それが手もとが狂ったのか変なところを連打してしまい全消去。まじでガラケーを真っ二つにしてやろうと思った。

 半ドン仕事。それを終えて東海道線内。移動中のことである。イライラ。そのまま上野下車。鈴本演芸場へ。トリは桃月庵白酒師匠。顔付きもすごくよい。まちがいない。

 この直行軍は大正解。来てよかった~。ありがとう!




f0347130_22120554.jpg

[PR]
# by h72ogn | 2017-06-16 22:04

アンビエント野郎 2

 ビート、リズム、メロディ、リリックの入ったのはもうけっこう!?




 特に寝る前に流す音楽はね。歌があれば声に、ビートがあればドラムに、リズムはベースに、メロディはギターやピアノなどに耳がいく。ようするに「音を聴いている状態」だ。

 拒否。となると、音楽として成立しないと思われるだろう。そりゃそうだ。まず旋律がいらないって言っているわけだし(笑)。アンビエントはそんなややこしい人間を解決へと導く稀なジャンルである。

 ヒーリングとは似て非なるもの。あれは癒しを目的としているので、なんだか作り手のスケベ心がみえてしまう。それに意外と縦割りの規律的なサウンドが多い。

 とりあえずホワ~っとさせとけみたいな。ブライアン・イーノのホワ~っとはちがうんだよなぁ~。独特の浮遊感。言葉で説明できない何かがある。耳の独り歩きがないのだ。

 PA(音響)の仕事で、日本全国~欧米まで駆け回っている古い女友だちがこんなことを言っていた。「帰宅したらテレビもステレオもつけない。ずっと無音状態で過ごします」と。

 おぉ!これが究極なのかもしれない。とりあえずイーノのアルバムを一気に4枚注文した。いまにマジで体が宙に浮くんじゃないか。そんな気がしている。





f0347130_12485178.jpg

ヘーマ

 
[PR]
# by h72ogn | 2017-06-15 08:29

アンビエント野郎

 配信が主流となった音楽産業。



 ボクはどうしてもなじめない。手にとれる「物」で欲しい。そして名盤とは一生寄り添っていたいし、駄作もこの手で葬りたいのである。

 最近、とんでもないジャケットのアルバムに遭遇した。画像参照。この薄暗~い写真にぼんやりうつっている男は、アンビエント界の巨匠であるブライアン・イーノ。

 じつは次回のパイのCDのジャケはこんなテイストにしたかった。イーノは黒基調だが、ボクは赤色で風合いを出してみたいと考えていたのだ。

 あちらさんは世界的アーチスト。こっちはよくわからないインディーバンド。ちょっとくらい似たって問題なかろう?いや、マジで(笑)。

 ここのところ頭の中がクールダウンできていない。仕事、ブログ、コラム、バンド、そして土日競馬。酒飲むくらいじゃ無理。そんな時、アンビエントはいいクスリだ。

 寝る前に必ず流すのがイーノのアルバム。部屋を薄明かりにし、目を閉じるだけで浮遊した感覚になる。ちょっとアルコールが入っているのが条件だが・・・


 つづく






f0347130_13173532.jpg

ヘーマ 
[PR]
# by h72ogn | 2017-06-14 12:50

仲直り


 今月号の「KAMINOGE」の表紙は前田日明とターザン山本。




 巻頭も彼らのインタビュー。プロレスが好きな人(だった)ならピンときただろうが、この2人は犬猿の仲である。

 山本さんが現役の週プロ時代から生じた軋轢。何が原因というのは忘れた。ちなみ山本さんは天龍と長州からも嫌われている。

 特に天龍のターザンアレルギーは凄まじい。ある雑誌で、「どんなことがあっても山本だけは許しはしない」と発言。

 事実上の絶縁宣言だった。無理もない。メガネスーパー資本の新団体は、毎週否定的な記事を掲載していた週プロが潰したようなもの。

 つまりそれほど当時の山本さんの書く文章は影響力があった。ボクも発売日の木曜が待ち遠しかったもん。




 前田との雪解けは一昨年行われた年末イベントがきっかけだろう。ディファ有明。トークライブである。年始にお会いした時のこと。

 山本さんの額に大きなコブがあった。「前田さんにデコピンされましたよぉぉぉ!」こんな仕打ちを受けて喜ぶ老人はあの方だけだろう。

 それにしても「KAMINOGE」の写真はよかった。外野席から眺める“仲直り”はとてもイイものだ。







f0347130_21435326.jpg

ヘーマ

[PR]
# by h72ogn | 2017-06-13 21:41