人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

怪談

 東京にいて自然に足が向くエリアがある。



 谷根千。これ、語呂合わせの呼称。順番通りに言うと、谷中ー千駄木ー根津。
下町情緒が残る町。裏路地の風情。落語の世界にも多く登場する。
あの名人・古今亭志ん生が住んでいたり、中興の祖・三遊亭圓朝師の墓もある。

 ついこの間、三崎坂にある全生庵へ行き、圓朝の墓前で手を合わせてきた。
この方、桁違いの才能の持ち主。特に、噺を創作する“作家”として有名だ。
一般的に最も知られているのは、夏の風物詩である怪談、「牡丹灯籠」だろう。

 超、超長尺の話。全22話。圓朝は当時、15日間も高座にかけて完演した。
現在、一番怪談っぽい部分である「お札はがし」の前後だけ話される事が多い。
恥ずかしながらまったく知らなかった。あらすじだけ追ってみたのだが・・・

 これは相関図が手元に必要くらい、複雑な人間関係が織り成す壮大なドラマだ。
驚いた。点と点がやがて一本の線で主要人物が繋がる。お見事というしかない。
今、某落語家がこの長い物語を3時間で語り尽くす会をひらいている。

 ラッキーな事にチケットを押さえられた。予習バッチリ!めちゃくちゃ楽しみ!








平馬
by h72ogn | 2014-07-31 22:29