人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

劣悪会得

 なんのために音楽をやっているのか?




 やる側でそういう思いや考えを巡らせる人と、まったくしない人がいる。
する人でも2タイプいて、黙って考える人、ボクみたいに発してしてしまう人間がいるのだ。
金儲けしたい、いい酒、いい車、いい女、いい家を手に入れたいと思っている者は多い。


 むしろそこまであからさまでいた方がわかりやすくていい。と、ボクは思っている。
では自分はどうかって話だが、究極的に言うと「やめられない」からやっているだけ。

 音楽の最大の魅力は、音が鳴ってそれが空中に飛び散って無くなる潔さである。
落語も同じ。声は出ては消えていく。優れた咄家さんの芸を前にすると儚さすら感じるのだ。




 満たされた環境でライヴばかりすると、大事なことがボヤけてしまったりするもの。
たまには劣悪な音響環境だったり、難しそうな客の前で演奏する機会は大切である。


 前述した“売れたい”一心の人は、どんな客層でも必ず振り向かせなければならない。
たとえそれが嫌な奴らばかりでもである。金儲けに自分の都合云々は持ち込めないからだ。


 我を押し通したら、まず次はないと思え。過酷だよなァ。ボクにはとても無理。不可能デス。
いや待て。ギャラ仕事だったり、自分主催の企画ライヴならガマンする。できるはず。


 しかしそうでない場合、それなりになる事は避けられない。気分が上がらなきゃそれまで。
だが、不愉快な状況や満たされていない環境でやる意味は必ずある。


 それは、、、


 不快な人間の前だと「あ~オレは自分のために歌っているんだな」って事が確認できるからだ!!






平馬
by h72ogn | 2015-04-29 12:16