人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

歌広場



 今日から8月か。




 5月は気温が高く、6月はカラ梅雨で、7月になって急に雨が多くなり、下旬とうとう激暑に。
季節感でいったら滅茶苦茶。それは日本に限った事でなく、イラクやインドは地獄の暑さだとか。
バグダットの気温がとうとう50℃オーバー。国民の休日を4連休にしたそうな。外出禁止令。


 ところが家屋が一斉に冷房をつけると電力不足に。すぐ停電が起きてしまう。
ってことは、中も外も灼熱地獄。生き死にの問題に発展しているだろう。
昨日、ボクは夕方から予定があり、足立区綾瀬に伊東から直行したのだ。




 時間をもて余すくらい早く到着。「歌広場」というカラオケ屋に入る。
60分¥290。ドリンクバー付。まぁ適当に古い曲をパァパァ歌ってみた。
すべて“原曲キー”にするのだが、なぜかどれも楽勝に声が出てくるではないか。


 しかもピッチのブレも少ない。おい、おい、専門の音楽家みたいになっちゃったよォォォ!
自己分析だとボクの歌唱力は、そのへんでゴロついているバンドマン程度だと思っている。
上手に歌おうっつうスケベ心を投入すれば、幾分それなりに聞こえるだろう。やらないけどね。


 だがこの歌広場の1時間は二階級特進。突然変異。一挙覚醒。そういえるものだった。
これは何としても頭と喉にインプットさせておかねば。予定が終わり、綾瀬を離れて日暮里へ。
ここも駅前に系列店がある。もう夜料金になっていたが関係ない。120分。大いに歌おう。


 いつもキーが高くて四苦八苦する某曲から。綾瀬では余裕綽々だった。スタートボタンを押す。
ひと節目にわかったよ。元に戻ってやがった。ようするに「ゴロつきボーカル」にな。ガッカリ。
あれは真夏の足立区のキセキだったの?レナードの朝か?ま、いいや。こういう事もある。





f0347130_15281536.jpg

平馬



by h72ogn | 2015-07-31 22:20