人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

キースの、音楽葬

 キースのソロアルバムをようやく聴くことができた。レコ評がどれも酷いので自分で書く。




 この新譜、Amazonで予約注文したもの。ふつう発売日(9/18)に到着するのが筋ってもんだ。
それが来ない。どうやら翌19日に届いたようで、オレはその日ライブで不在。
もう1日くらい東京にいてもよかったが、とにかく早く聴きたくて帰ってきてしまった。


 なにせ23年ぶりだもん。飯も食べずに速攻開封。全16曲。トータル61:35。
さぁ、どんなギターリフが飛び出すやら。ドキドキしながら再生ボタンを押す。
やってくれたよ、のっけから!いきなりアコギの音がした。30年代風のブルースだ。


 いい意味で期待を裏切るところが実にキースらしい。今の音楽産業ではありえない展開。
他ラインナップは、ソウル、カントリー、レゲエ、そしてロックンロールとてんこ盛り。
終盤はスローな曲がつづく。キースはあと3ヶ月すると72才になる。よくぞ生きていてくれた。


 これはオレの勝手な思い込みかもしれないが、キースは自分の音楽葬をしていたように思う。
なにか別れの気配がした。ソロアルバムはこれで最後になると本人もそう感じとっていたのかも。
だがそれは、70才を越えた男の“R&R”であるということだ。あぁ、哀愁に涙である。





f0347130_08460218.jpg

平馬



by h72ogn | 2015-09-22 08:33