人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

江戸の風!?

 東京だけじゃない。
 昨夜は仕事帰りに落語会(伊東ひぐらし会館)へ行った。




 ご当地出身、入船亭扇遊師匠の独演会。なんとこの会は平成10年から17回もつづいている。
木戸銭千円。都内ならこの3倍だ。開演ギリギリ到着。あ、下手最前列が空いてる。ラッキー。
前座と色物合わせて2時間。「片棒」と「妾馬」。技量の問われる噺だが、さすが扇遊師である。


 東京でも落語会と寄席へくり出した。鈴本夜席は人間国宝の柳家小三治師匠が主任。
他出演者も粒ぞろい。浅い時間の充実ぶりに唸る。一琴→百栄→一之輔。


 特に若手真打ちの一之輔師がかけた「堀ノ内」。大爆笑。あれは狂っている。イリュージョンだ。
流派はちがえど、ボクは立川談志の世界に最も近い存在は彼かもしれないとしみじみ思った。
これだけで元がとれた。しかしさすがトリ。国宝である。落語の極みと宇宙を感じさせる内容。


 いやはや恐れ入った。10日(土)は千秋楽か。仕事ハネたら行っちゃおうかな~。
そういえば、友だちの誘いで日本初開催という「春画展」にも足を運んだ。
あれって江戸時代のエロ漫画なんだよね。あまりピンとこなかったが、面白い場面に出くわす。


 最後の最後のエリアにソファーが。そこに座りながら、見物人をウォッチング。
超満員の会場。女性客が多い。彼女たち、局部丸出しの絵をジ~ッと凝視するんだよな。
もう爛々と目が輝いていた。あれには笑った。落語も春画も江戸時代。ゴッドファーザーは昭和。


 あ、…平成がまったくないや。






f0347130_20004997.jpg

平馬



by h72ogn | 2015-10-07 19:55