「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

安藤サクラ


 昨夜、帰宅して速攻でDVDを見た。




 自室は実家2階。階段にレターパックがあった。差出人は友人のSさん。開封。
そこには映画「百円の恋」のDVD と「役者は一日にしてならず」という本が入っていた。
同封のポストカードを読む。これが実にSさんらしい文章で、思わず笑ってしまった。




(百円の恋)

『撮影期間わずか2週間。古舘伊知郎風にいえば、まさに‘ひとりライザップ’
日本のロバート・デ・ニーロは男優でなく、女優にいました。
父・奥田瑛士、母・安藤和津、義父・柄本明、曽祖父はなんと犬養毅。
ビッグファミリーが生んだミリオンダラーベイビー安藤サクラ。
「レイジングブル」ならぬレイジングサクラに震える120分。』




 さすがSさんだ。再生。114分。こりゃ、主演女優のひとり舞台。あるいは、ひとり勝ち映画だ。
700の応募からオーディションで選ばれた安藤サクラが、鬼気迫る演技で大、大、大爆発している。

 難しい役。並みの役者なら気が狂うだろう。いや、安藤さんもイッてしまっていた。
作品そのものの感想は明日にする。2014年度作。上映館はたった4つ!?それはあんまりだ!!








f0347130_13033371.jpg

平馬


[PR]
by h72ogn | 2016-03-10 12:56