人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

馬闘技


 なぜなのか、だんだんわかってきた。




 なぜプロレスや格闘技が好きな人に「競馬ファン」が多いのかってね。
だって似ている部分がたくさんあるもん。いや、ありすぎるな。
まずは、八百長がつきまとっていること。その部分で世間から冷笑されたりもする。


 「あんなもん出来レースだよ」と一言でかたづける人も。歯牙にもかけないというか。
もう1つ大きく近いのは、ストーリーやプロセス。あいつとあいつが闘ったらどちらが強い?
これだよ。競馬もそのまま。あの馬とあの馬のどちらが速いんだ、である。4月17日は皐月賞。


 G1戦といって、無数にあるレースの中でもっともランクの高い馬が出場する。
ここにいたるまで前哨戦があり、難関を勝ち抜いた馬だけが出場権利を得るのだ。
と、同時に前戦で負けた馬のリベンジマッチにもなる。この様な構図も格闘技によくあった。


 PRIDEグランプリを思い出すなぁ。本命ヒョードル、対抗ミルコ、穴ノゲイラ、大穴は小川。
皐月賞は3強。サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズ。マカとリオンはリマッチだ!
競馬は、小川みたいな穴馬がツツーッと勝ったりするから油断大敵。ね、つまらないわけないでしょ?




※明日は「産経大阪杯」「ダービー卿」

大本命②ラブリーデイは連対馬としてみる。4才馬3頭が気になるなぁ。⑥タッチングスピーチ⑦キタサンブラック⑩アンビシャス。あとは天気がどうなるかですね。








↓マカヒキ。美しい。
f0347130_20234261.jpg

平馬
by h72ogn | 2016-04-02 20:06