人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

「レヴェナント~蘇えりし者~」評


 森は不気味だ(not 道彦)。



 祭日の今日、朝からフルスロットル。犬を風呂に入れたりもした。天気回復。
家に居るのはもったいない。よし、沼津へ行こう。サンシャインシネマ沼津に行く。
駅の目の前。アカデミー主演男優賞を獲得したディカプリオ主演「レヴェナント」を選ぶ。


 上映時間158分。予告を入れたら3時間コースではないか。つまらなければ拷問である。
舞台は1820年代のアメリカ西部。先住民、アメリカ人、フランス人が出てくる。森の中の話。
なんと実話だという。内容には触れない。最初の40分は特に凄かった。つかみはOKというやつ。


 あ、これって「プライベートライアン」の冒頭部の衝撃に近い。戦闘シーンの壮絶さ。釘付け。
森林や樹海ってマジで気味が悪い。オレなら10日で気が狂う。発狂だ。
この作品、撮影も過酷だったようで、役者やスタッフもそうとう衰弱したらしい。脱落者続出。


 しかし大自然はそんなこととは裏腹に、美しすぎる絶景を与えてくれたりもする。
これがまた物語の地獄絵図と妙にはまる。さすがはイニャリトゥ監督。芸術性も高い。
前作「バードマン」で密室劇に拘り、この「レヴェナント」は壮大なスケールにした。


 どんだけ振り幅があるんだよ!ぜひ2作品を見比べてほしい。そういう楽しみ方もあるはずだ。



もちろんディカプリオの演技にも注目デス‼
f0347130_17533464.jpg

平馬


by h72ogn | 2016-04-29 17:48