人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

マサ


 つづき。




 1986年(中2)と1987年(中3)の夏休みは、それぞれ両国国技館へ行った。
全日本プロレスと新日本プロレス。中2の時はまいった。風邪とは違う発熱。プロレス熱か。
会場まで電車移動。安くあげるために小田急線を利用する。総武線乗り換え。ぐったり。


 あの時、あぁオレの夏はすでに終わったと思った。しかし、初めて見る国技館を前にして大復活。
病気をテンションで治してしまった。翌年はその反対。直前のカード変更を知り愕然。
世代闘争の真っ只中。要するにベテラン対若手の図式。いなきゃいけないレスラー欠場の告知。


 マサ斉藤である。


 主戦場はアメリカ(ミネアポリス)。なんでもビザの手続きが間に合わず来日が不可に。
マサさんの代わりは誰?え?マジ!?武藤敬司だと!ふざけるな。彼はまだ若手の若手。
なぜ武藤がベテラン側につくんだよ。腹が立った。あ、アニマル浜口引退式には感動した。


 この日(8月20日)試合が終わると、ボクらは両国から新宿御苑へ移動。
それこそ監獄のようなホテルに宿泊した。シャワーの湯が出ない。
まさに興奮した真夏の夜のクールダウン。プロレスはたくさんの思い出を作ってくれたのです。



f0347130_23212274.jpg

ヘーマ



by h72ogn | 2016-08-12 23:10