人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

パイの格言2(前編)


 「恥の先払いはしておけ」




 初めから思うようにいかなかった屈辱感より、いきなり納得してしまう方のが向上心は薄まる。
ボクはいろんなバンドでライヴをやったが、最初から入れ込んでいる奴はすべて空回り。
やる気がバンドやライヴへの愛情表現だと勘違いしているのだ。それで結果、暴発してしまう。


 「100%出しきるな。絶対にしくじる。6割をキープしつつ10割のようにみせるんだ」
これは、村上“ポンタ”秀一(Dr)さんの言葉。じつに的確なアドバイスだと思う。
スポーツ選手は永遠に理解できないだろう。最近よく耳にするのは「楽しみます(ました)」だ。


 リオ五輪なんてこのフレーズのオンパレード。まぁ理解できないことはない。
あれは苦しみの反動から捻りでたコトバ。逆にミュージシャンが使うとムカッとする。
ライヴは実験場でもある。違うというなら、毎回同じことをしてりゃいい。ボクはそれを拒む。


 だからパイをはじめた時、まず念頭においたのは、「恥」を恐れないことだった。
理想には程遠い不完全な状態でも、まずはライヴを組んでやっちまえ。それからだ、と。
いきなり主催企画。2003年。4月5日。千葉県・君津トリックアイで初ライヴを行ったのだ。




つづく。



f0347130_20251876.jpg

平馬


by h72ogn | 2016-09-01 20:20