人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

甘味よ

 昼下がりの甘い物。




 日曜日。満月祭りの会場は埼玉県見沼区にある。浦和駅から車で移動。25分走ったところ。近くに温泉施設があるくらいだから完全郊外だ。

 付近にコンビニやファミレスなどなし。この日なぜか待ち時間に甘い物が食べたくなった。会場内は出店が並んでいたが、いつものスイーツ店がない。

 残念だなぁ~、とそう思っていたら、貴子が「ヘーマさん、豆大福食べませんか?」ケイトは「私はスティックケーキ買ってきました」と言うではないか!

 ボクは思わず歓喜の雄叫びを楽屋であげてしまった。まずは豆大福。外は快晴。おもてに出よう。ちょうどいいバルコニーあり。そこに座りやおら一口頬張る。

 まず豆の塩気と弾力性のある餅の食感。すぐさま小豆の香りが鼻に抜けてきた。中身を見れば茶褐色のあんこが日射しに照らされる。ほどよい甘味が口にひろがり……

 う、う、美味い!内臓よりも脳が先に喜ぶ感じ。「たかちゃ~~ん、これ最高ですよ~~!ありがとぉ~~」ボクはまた叫んでしまった。

 悟りましたね。

 空腹のラーメン<小腹が減った時の大福。幸福感では“甘味”が上だということを。何より甘い物を差し出してくれる女性は女の中の女である。




 貴子、ケイト、ごちそうさまでした。
よいお年を。



※おやつの時間。ふと振り返るとやつがいたというわけです。
f0347130_19562784.jpg

ヘーマ

by h72ogn | 2017-12-13 19:55