「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

オヤジども

 オヤジは意味嫌われる。そうなってしまう理由があるから。



 このオヤジというのは、単に年齢を重ねているだけの人をさしているのではない。例えるなら田舎者。地方に住んでいる人みんなが田舎者ではない。

 あれは「洗練」と反対語。垢抜けない“厚顔無恥”な人間、すなわちこれを田舎者という。さてオヤジだ。これも一言で言い表せる。

 小汚なくてデリカシーの欠片もない奴。競馬場にたくさんいるんだ。クシャミひとつで違うから。ところ場所かまわず超巨大なのだ。

 てめぇの家に居るならどうぞご自由に。クシャミでも屁でもゲップでも、心置きなくやればいい。しかし、公衆の面前で同デシベルはいかん。

 ボクは運悪く、映画、落語、競馬、この3つが好き。どれも大きい物音を立てることで悪影響を及ぼしてしまうジャンルだ。馬はまずパドックを周回する。

 それから本馬場入場。いわゆる返し馬。ポケットに入って輪乗り。そしていよいよレースという流れ。馬が人前に出る時間は30分とちょい。

 このパドックで巨大クシャミを連発するオヤジどもの多いこと。1~2人ではない。いたるところから。花粉症なんだろ?薬飲めよ。薬屋はどこにでもある。

 2ー3歳の若駒はまだ人慣れしていない。馬はオヤジの10000倍以上も繊細な動物なのだ。もう1度言う。薬を飲め。マスクしろ。声を殺すか、おまえ自身が死ね。

 ヨレヨレの不衛生そうな見た目はあきらめる。とにかく大きな音を発するんじゃない。それと、若者のオヤジ化もやたら目につく。家で寝てろ。



f0347130_19573552.jpg

ヘーマ

[PR]
by h72ogn | 2018-03-05 19:56