「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

家族飲み 1

 凄まじい宴会だった。


 昨日のこと。急遽、高校時代の悪友Yと飲むことになった。やつは小田原市に住んでいるが、再会の場所は平塚。彼の実家である。

 前々からずっとYファミリーと会いたかった。在学中から世話になっている。父、獣医師。母、薬剤師。講演などで全国を飛び回っているご夫婦なのだ。

 Yは正月以来の連休。ボクが17、8年ぶりに訪れるということで、弟のSと妹のCも合流。奇跡的タイミング。午前中、まずは手土産を買いに伊東へ。

 「ぐり茶の杉山」で新茶、「谷口酒店」で日本酒を購入。午後3時19分、国府津駅で待ち合わせ。Yは車で待っていた。平塚へGO。海岸線を走る。

 「行きつけの店に連れてっからよ」おい、おい、まだ4時前だぞ。と、あっという間に目的地到着。駐車したのは工事の前の空きスペース。

 「これオレの工場な。さぁ降りて。」店らしきものは弁当屋しかない。ま、まさか。「来たぞ!」Yの野太い声がその弁当屋に響いた

 実に慣れた手つきでテーブルと椅子をセット。「生2つ!」お姉さんがジョッキを差し出すと、「噂はかねがね。よくいらしてくれました」。

 いったいどんな話を聞かせていたのだろう。間違いなくロクでもないことだな。5時閉店後になると、お姉さんも席にきて一緒に飲んだ。

 純米大吟醸「北雪」をふるまってくれた。Yのえらいのはこの弁当屋スタッフも社員旅行に連れていってあげていること。次回はボクにも声がかかる(笑)。

 6時までいて店を出た。本番前にしてはそうとうな量を飲んでしまった。まだ序盤戦。つづきはまた明日にする。


 久しぶりの二日酔い。祭りの後。ダウン中。




f0347130_19413561.jpg
↑酒場でもある弁当屋「味楽」さんです。
ヘーマ
[PR]
by h72ogn | 2018-05-04 19:36