人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

さよなら獄門鬼

 プロレスラーのマサ斉藤さんが亡くなられた。



 この方は何から何まで「昭和プロレスラー」だったように思う。平成生まれにない不気味さと破天荒さをあわせ持つ。

 ネジがゆるい、あるいはネジが1本はずれているなどという次元ではない。ネジすら存在しないような(失礼!)性質。

 ある若手がマサさんと移動していると、いつも改札を無札で通過するというのだ。もちろん当時は自動改札ではない。

 駅員がカチャカチャと切符を切っていた時代である。たまに「切符はどうされました?」と聞かれる。そりゃそうだ。

 するとマサさんは必ず「プロレスです」と言って悠然と歩を進めたという。若手は、凄い世界に飛び込んだとたじろいだ。

 ずっとアメリカで一匹狼として活躍されていた。長州力とは師弟関係。いや、兄弟のようだった。80年代に入って主戦場を日本に移す。

 巌流島で猪木と2時間5分の死闘。今思うと、猪木がいかにマサ斉藤を高く評価しかつ信頼していたがよくわかる。

 後にTVの解説者になったが、ここでもいかんなく豪放磊落ぶりを発揮した。マスクマンの本名を連呼したりね(笑)。

 いいんだよ、マサさんなんだから!…そんなレスラーは今ほとんど見かけなくなった。さびしいかぎりである。


f0347130_20142988.gif

ヘーマ

by h72ogn | 2018-07-18 20:11