人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

続々・1985年の夏休み。

 オープンして間もないディズニーランドは大混雑していた。



 2時間近くならんで「カリブの海賊」に入る。あ~!これは今まで行った遊園地とは違うぞ。すぐそう思った。

 とうぜん次は「ビッグサンダーマウンテン」か「スペースコースター」などの絶叫系になるのだが…

 なにせ田舎の中学生である。行列をすんなり受け入れるほど気は長くない。また2時間?冗談じゃねぇら。

 アトラクションのランクは1つ1つ落ちていく。けっきょく我々が乗ったのは「ダンボ」でした。幼児用である。

 それでもなんか愉快な気持ちのままだった。後はたしか巨大な熊が歌って踊る見世物小屋みたいのを選んだ記憶がある。

 いや、この時ではなかったか。あいまい。サラキンの叔母さんが作ってくれたオニギリを堂々と食べたのは覚えている。

 今、振り返ってみると、13才でこのアクティブさは見上げたものだと思う。それよりも個々の親たちだよな。

 なんのためらいもなく送り出したことがスゴイ。やはりそこはベビーブーム世代。佃煮にするほどガキがいた。

 1人くらいどうかなってもかまわないとでも思っていたのか(笑)。ボクはイイ時代に生まれたものだと感謝している。






※リョウさんはミニーにたどり着くことができず未遂に終る。現在も“変人街道”を突っ走っているらしい。


f0347130_19523777.gif

ヘーマ
by h72ogn | 2018-08-29 19:52