人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

毒舌KING

 立川志らくはすっかりお茶の間の顔になった。



 昼の情報番組でコメンテーターとしてレギュラー出演。歯に衣着せぬ発言でたまに世間を炎上させている。しかし毒舌のレベルでいったら師匠談志の1000分の1だろう。


 だからテレビに出続けられるのだ。談志の晩年は民放からほぼ追放されていた。御本人は屁とも思ってはいない。落語はあるし、執筆業での稼ぎもそうとうあった。


 おそらく最後のレギュラー番組は東京MXチャンネル「談志の言いたい放談」だと思う。これがもう凄いの一言。野末陳平、毒蝮三太夫との丁々発止のトーク。


 各方面からクレーム連発。それでもおかまいなし。プロデューサーは始末書と謝罪文の嵐だったという。パッと頭に浮かんだシーンを書いてみよう。



「なんだいこの死刑廃止論者ってのは。こういう奴から殺してけ」


「貿易センタービルに飛行機が突っ込んだ映像を見て思わず叫んだね、『たまや~!』とな」


「(横審の内館牧子を見て)しかし小汚ねぇババアだ」


「(デビ夫人のことを聞かれ)あれはスカルノの妾だろ」


「日本が貧しい国になったら、みんなでパンの耳食ってりぁいいじゃねぇか。人間、飢えているくれぇがいい」



 これ、みんなテレビでの発言。生前、談志は志らくのことを「オレに似た狂気を持っている」と評していた。一歩でも近づいてもらいたいものである(笑)。


 ボクはむしろ落語の方こそ談志超えのチャンスがあるのではないかと思う。とにかく志らく高座にハズレなし。きっちりと古典で魅せる。彼は超一流の落語家なのだ。


f0347130_11054104.jpeg
ヘーマ

by h72ogn | 2019-02-02 13:17