人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

大関 貴景勝

 芦屋のおぼっちゃま。


 貴景勝が大関昇進を決定的なものにした。ボク個人的にはもう1場所見てからでいいと思う。なぜなら前半で負けた御嶽海と玉鷲は今場所負け越していること。


 終盤戦、白鵬、豪栄道、逸ノ城に土をつけられた。絶好調の3力士。負け方がよくない。特に豪栄道には先場所につづいて何もできずに連敗。これで大関に上げちゃうの?


 「内容を重視する」そう審判部長(阿武松親方)は場所前からコメントしていたが、千穐楽の栃ノ心戦の圧倒的な勝利を目の当たりにして気が変わったのかもしれない。


 皮肉なもので負けたカド番・栃ノ心は負け越しとなり、大関陥落。来場所は関脇として出場する。大関在位5場所は史上最も短いという。巻き返しなるか見ものだ。


 冒頭に戻る。


 貴景勝は超が付くエリート。名門といわれている仁川小学校卒。早々に相撲に開眼。プロを目指して父親が親方がわりとなり、すべての面を鍛え抜いた。小3→6で体重は60キロ増の90キロ。


 これって虐待と紙一重である。さてこのお相撲さんは、稀勢の里につづく日本人横綱になることができるのだろうか?まず、まわしを取られたらアウト。それを変えないと。


 じつは怪我で本調子ではない御嶽海は、四つになってもそれほど負けなくなった。これは稽古で覚える以外にない。貴景勝は押しの一本でいくというが吉とでるか?凶とでるか?


 何はともあれ来場所も楽しみである。




f0347130_21133844.jpeg

ヘーマ



by h72ogn | 2019-03-25 15:55