人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

エロ巨星墜つ

 「孤高の医学漫談」ケーシー高峰逝去。




 享年85才。死因は肺気腫による呼吸不全。葬儀は近親者で執り行われ、お別れの会などは予定していないという。最後の舞台は昨年9月であった。15分間の予定が20分オーバーの35分!


 鼻に酸素の管を入れた状態なのに、淀みなく持ちネタを披露。終わりきっかけは、酸素を送る機械から供給減少を知らせる警告音が鳴ったから(笑)。


 「ピーピーいい出したのでこのへんで。グラッチェ、アミーゴ」そう言って袖へと下がっていった。ものすごいウケたらしい。さすが百戦錬磨である。


 ボクはかねてから日本No.1の漫談家はケーシー高峰だと言い続けてきた。あの立川談志でさえ、「ドクターの次に上がるのはイヤだ。客が笑い疲れてやがる」だもん。


 その昔、熱海在住の俳優・砂塚秀夫さんが記念公演を行う前、ボクの祖父がケーシーにゲストで来てもらったらどうだと提案。同じ日芸ということもあり、即快諾してくれた。


 ディナーショー形式。たしか熱海富士屋ホテルが会場だ。終わってみればすべてをかっさらっていったのはゲスト出演のケーシー師匠。「あれは強烈だった」と祖父は話していた(笑)。


 85才、大往生といえる年齢であるが、とても寂しい。悲しい。だってボクにとって見ているだけで十分満足な気分にさせてくれる最後の芸人さんだから。セニョールよ、永遠に。


 世の中にはyoutubeという便利なものができた。とうぶんこれで笑おう。そして、いつの日か「ケーシー高峰大全集」の発売を夢にみて。合掌。



f0347130_14521226.gif

ヘーマ


by h72ogn | 2019-04-13 14:48