人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

JOKER

 「JOKER」を観た。



 この作品のすべては、冒頭1番最初のセリフに集約されていたように思う。


「狂っているのは、自分なのか?それとも世間なのか?」


 クライマックス、パトカーのボンネットで蘇生したジョーカー。したたる血を口紅に見立て、口角をギュッと上げるメイクを施した時は鳥肌が立った。このシーンは後世に残る名場面となるだろう。


 虐待、貧困、差別、失業、格差、銃社会、病気、裏切り、世界の「闇」を一手に請け負ってしまったジョーカー。人間はみんな自分自身に内包された「死神」と折り合いをつけて生きているわけで。


 JOKERはそれができなくなっただけ。制御不能、暴発、逆噴射だ。まるでそれはSex Pistolsを初めて聴いた時の衝動に近いものがあった。パンクムーヴメント再来のきっかけになるんじゃないの?


 この映画、特に香港人は必見です(笑)。




f0347130_18371520.jpeg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-10-05 16:13