人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

「ターミネーター ニュー・フェイト」寸評

 もう1本見たのは「ターミネーター」でした。




 シリーズ化されていて、今作はパート2の後の物語。ボクの中では、中学生の時に上映されたパート1が最高傑作だと思っている。何回も見たっけ。とにかく斬新なストーリー展開に衝撃を受けた。


 当時、アーノルド・シュワルツェネッガーは無名の筋肉バカ役者の1人。長い名前だなぁと思ったものである。それが、この作品で大ブレイク。S.スタローンと肩をならべるほどの人気者になった。


 パート2は上京して間もなく、友達4人で見た記憶がある。場所は新宿だったはず。これ、ラストシーンがいいんだ。できれば2で完結してほしかった。34は横道に逸れ過ぎ。ゲンナリだ。


 新作をなぜ見に行ったのかというと、シュワちゃんとリンダ・ハミルトンが出るから。この人たち、いったい何歳になってんのよ?悪いけどリンダなんてお婆さんだぜ。しわくちゃだもん。


 続編に過剰な期待は禁物。アクション映画は楽しもうという気で観賞すべき。おかげで十分楽しめた。遊園地のアトラクションに乗ったような気分。それにしても監督は頭おかしいよ。


 いくらターミネーターが人間ではないとはいえ、残虐シーンがトゥーマッチだっての()。マジでやりすぎ。八つ裂きだらけ。あそこまでとはね。もう笑うしかない。1回観ればいいかな。




f0347130_21423787.jpeg


ヘーマ


by h72ogn | 2019-11-26 17:24