人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

カテゴリ:未分類( 1749 )

ストレンジサンデー

 ほとんど家にいた日曜日。


 だが、いろいろあれやこれやあった。退屈なんてどこにもない。むしろ時間が足りない感じ。朝8時半起床。週イチ更新の競馬コラムを書く。ちょいとばかりとばした前文になる。

 コーヒー飲みたい。美味くも不味くもない味。次に買う豆は上等なのにしよう。朝昼兼用で焼きビーフンと鶏スープを作った。まずまず。フォクシーからLINEがきた。

 15日のワンマンに出る⁉︎ヤ、ヤ、ヤバイ。誘ったことを忘れていた。先週のリハーサルである程度の流れやポイントがうまく運んでいる。フォクだけぶっつけは厳しいよな。お詫び込みで再検討してほしいと返信。

 転々とするも、半分出てもらうことに決定。これにより、ゲスト2名が前半&後半に分かれて出演することになった。おもしれー。部屋とトイレ掃除。そんな中、常連客からキャンセルのメール。

 この流れは競馬にも影響を及ぼす。重賞2レースに絞って勝負。阪神は8人気①軸。これが4着で馬券外。中山はコラム推奨のやはり①が5着で万事休す。こっちは完全に騎手のへぐり。

 せっかくいいスタートを決めたのに、後ろに後ろに下げやがった。開幕週の高速馬場だぞ?1着は逃げ馬の楽勝。短い直線の中山コースであんな後方から届くわけがない。

 バカヤロー‼︎‼︎‼︎

 たぶんボクの怒声が町内に轟いただろう。ん?何だと?横浜ベイスターズがまた負けたのか!中日ごときに3連敗。首位との差は4ゲーム。限りなくリーグ優勝が遠のいた。テンション急降下。

 大相撲初日。これは最高に楽しめた。本日のNo.1は炎鵬でしょう。素晴らしい。白鵬が黒星スタートの波乱。ボクの大好きな嘉風はとうとう引退表明した。これについては後日改めて書く。

 伊豆半島に台風直撃のニュース。早いとこスーパーとドラックストアへ。買い出しね。発泡酒とハイリキ。今、一杯やってます。身体は休んだが、脳ミソはフルスロットル。奇妙な休日になった。



f0347130_20232193.jpeg
📷代官山LIVEの写真。スリーショット。
来年また乙さんとやるからねー。
ヘーマ

 

by h72ogn | 2019-09-08 19:47

距離

 現代の日本における帝国ってジャニーズだろう。



 その帝王が年老いて死んだ。表舞台に一切出なかった人。それなのに、先日行われた東京ドームでの葬式に90000人が参列した。いったいどういうことなんだと。


 少なくても85000人が一般人。心から弔う気持ちを持った人間がこの中にいったい何人いたのだろうか?その翌日、関ジャニの錦戸亮が脱退表明。なんだこのタイミングは。


 まるで帝王の葬式明けを待っていたかのようだ。TVの街頭インタビューを見る。「信じられない」「悲しい」「理解に苦しむ」「脱退してもついていく」気味の悪い女ども。


 特に年増のブスな。まるで身内や息子の感覚でアイドル好きになっている。イタい、イタすぎる。「1人でいられないので、これからエイターと集まります」ってバカもいた。


 自分とアイドルの精神的距離間がおかしいことに気づいていない。これさ、ボクが前から言っている「日本人は歩き方がヘタになった」と同列のような気がしている。こちらは他者への配慮のこと。


 東京駅の連絡通路なんてカオスだから。カートを後ろ手に持ってガラガラやっている奴の多いこと。歩きスマホは10人に1人いる。事故多発。そりゃあそうなるさ。ズケズケ感丸出し。


 アイドルを身近な存在としている厚かましさと近いと思いません?なにが理解に苦しむだよ(笑)。おまえの方が誰からも理解されないっての。これは精神年齢が高いとか低いの次元ではないのだ。




f0347130_12133971.jpg


ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-07 08:10

潜在変態

 たまに見る悪夢。



 目が覚めて、オレの頭の中はいったいどうなっているのかと、寝汗で濡れたTシャツを脱ぎながら呆然とする。つい数日前も見た。ホラー大賞もの。B級作とは違う。


 血しぶきが舞ったり、首がちょん切れたり、そんな安っぽいスプラッター系ではないのだ。心理的にどんどん追い詰められていくような極上恐怖映画なみである。


 エロい夢も同等。あまたのピンクものとは桁違い。ふしだらな行為に至るまでのプロセスがド変態である。誕生日前後に見たエロ夢は、離島に渡るところからスタート。


 その島は丸々エロスの国。女しかいないムツゴロウ王国みたいな感じ。まさに酒池肉林。だって到着してすぐ差し出されたウエルカムドリンクがピンク色したグアバカクテルだったもん。


 ディテール細かすぎだって。オレの潜在意識の奥の方はそうとう狂っているのだろう。もしその領域のものが表にドバーッと溢れ出したら?たぶん発狂するんだろな。




 ま、今のところ穏やかに生きています。





f0347130_12133971.jpg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-06 08:29

韓国のこと

 激減?あたりまえだ。




 日韓関係悪化。日本が示したことは間違っていると思わない。簡単に言うと、「黙ってりゃいい気になりやがって」である。それにより旅行者が減り、航空便も少なくしたようだ。


 ボクは何年か前の正月休みに23日で韓国旅行したことがある。とにかく寒かった。マイナス10℃だもん。雪なし。乾燥しきっていた。冷凍庫の中にいる感じ。食事は安くてそれなり。


 マッサージは下手くそ。物価もそれほど安くない。歴史的建造物なんて京都に比べたら屁みたいなもんだ。美人はそれなりにいたが、東北美人の方がレベルは上でしょうな。


 中心街は都市化していても、少し離れるとバラック小屋がひしめき合っていた。あれって日本でいうところのナメクジ長屋だぜ。たしかに活気はあったけどね。


 当時のボクの結論は、「新大久保で十分」だった。それではカムサハムニダ。






f0347130_12133971.jpg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-05 12:13

中華そば

 発見!



 土曜と月曜の2日間、詰めて病院通い。もちろん同じ某整形外科である。午前に入ってお昼をまたぐ。ほとんどが待ち時間だ。頭の中でやる事はいくらでもある。


 日記をつけたり、LIVEの構成を練ったり、あるいは競馬の予想などなど。脳はフル回転だ。動きたい時に動けない状況だけがしんどい。診察に20人待ちとかザラだしね。


 しかし、病院側も待ち合いのシステムを模索している。情報モニター導入もその1つ。外出も基本オッケー。月曜の方は1時を過ぎてメシを食べに行かせてもらう。ラーメンだ。検索かけて下調べ。


 レビューやら星の数は一切信用しない。画像判断。自炊派なら一見すればおおよその味はわかるってもんよ。1つ良さそうな店があった。病院からも近い。よし!ここに決めた。


 煮干しつけ麺推しだが、ノーマルな中華そばを注文。店員さんの動きも悪くない。店内も清潔。平日のこの時間帯に客が5人もいた。期待が膨らむ。「おまたせいたしました」の声。


 ハイ!当たり!香りと見た目で70点以上を確信。まずはスープを一口。おっと、注意しなきゃ。鶏のゲンコツからダシを取ったもの。鶏油が熱せられていると口内を火傷してしまう。


 慎重に口へ運ぶ。くっきりした醤油味。風味に奥行きあり。麺はストレート。コシがあって好みだ。焼豚、メンマ、長ネギ、玉ねぎ、ナルトが薬味陣。惜しい、メンマが平均レベル。


 素ラーメンで十分勝負できるクオリティである。750円。値段以上の価値あり。また行く。美味いラーメン屋に当たると格別に気分が良くなる。ボクは病院に戻ってしばらく余韻を楽しんだのだった。





f0347130_12303577.jpeg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-04 16:04

ゲスト有り

 91日の日曜日のこと。




 9.15ワンマンLIVEにむけてのリハーサルを行った。ここで1つお知らせを。今回のLIVEでゲストを招くことになった。以前、パイで何年か在籍していたギタリスト・伝歩である。


 彼は、モリとインストスリーピース「JUD」で活動した後、「VINSEV」のメンバーとしてユニバーサルRから配信デビュー。ボクがドラマーとして携わっている「FFBO」でもギターを弾いている。


 前に会ったのはいつ以来?あ!家族で熱川バナナワニ園に来た時か。アンモナイト博物館にも行った!?その帰りに伊東の居酒屋で合流して飲んだよな。「そのうち誘うから」といって別れる。


 今夏になり、ようやく声をかける状況になったというわけだ。リハは前半を1曲単位で。後半は通し。ゲネプロというやつ。伝歩は昔いただけあって対応が早い。頼んでいない曲も弾いていた。


 じゃあやってくれよ。2曲追加だ(笑)。じつは他のメンバーと会うのもモリ以外は今年はじめて。なんと、「明けましておめでとう」である。Tacosはアメリカから帰国したばかり。


 Kateは和太鼓奏者として活動中。宮内君とモリは相変わらず。集合写真の1枚でも撮影しようと思っていたが、1分も時間なし。もちろん休憩なんてない。久々だからね。今回の曲順は面白いよ。


 ボクは曲よりも曲と曲の流れにかなりこだわる方だ。伝歩のギターがいいカンフル剤となったか。リハーサルが終わり即時解散。ミーティングはしない。翌日、ボクは再び某整形外科へ。


 朝10時、日暮里を出発。病院を出たのは午後3時過ぎ。院内に4時間以上いたのか。修行だ、修行。レントゲン、診察、そして装具測定。オーダーメイドのコルセットを作るため。詳しいことはLIVEで話す。


 というわけで、9.15高田馬場LIVEへどうぞ。予約受付中デス!


予) h72ogn@gmail.com

・お名前

・人数(同伴者の氏名)

PC不可、モバイルのみ。



f0347130_12303577.jpeg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-03 13:05

ジナンボーよ

 土曜からのこと。



 某整形外科から出て映画を見ようと思ったが、急に気が変わる。まずは腹ごなし。吉野家の牛丼。久しぶりに食べた。ボクは必ず“つゆ抜き”で注文する。さて、日暮里に帰ろう。


 病院って疲れるよな。待ち時間が長い。ま、これは仕方のないこと。修行だと思うべし。部屋でゴロゴロした。そういえばウチパクさんは復帰したのか?6月、大動脈解離を患い緊急搬送。7月に手術をうけた。


 1ヶ月半以上の入院生活。8月アタマから仕事する?無理ですよ。焦らずに静養すべき。心臓ですからね。月が明けた。5時過ぎに電話をかける。と、話の流れで一杯呑もうとなった。北千住?わかりました!


 地下鉄千代田線に乗って2つ目の駅。マルイ前で待ち合わせ。と、ここから先は昨日アップした「平馬の千円馬券遊戯」をご覧あれ。夜11時解散。「明日、頑張りましょう」そう言って別れた。


 なにを頑張るって?そんなもん競馬にきまっているではないか。夏競馬の最終週。難解な重賞2つ。特に「新潟記念」は荒れる気配ぷんぷん。ボクは6番人気・ジナンボーを本命にした。


 結果は着差無しの2着惜敗。せめて単勝(10.7倍)だけでもとりたかった。すると、ウチパクさんからLINEがくる。「平馬さんの予想のおかげで馬単とれたよ」とあるではないか!配当8450円!?


 予想コラムを書いた本人が何も的中せず、読んだ人が大勝ちするという珍現象が起きた。ま、競馬は予想と馬券の買い方でほとんど決まる。読みだけ当たって金にならないなんてことは多々あるのだ。


 土曜日に酒をご馳走してくれたウチパクさんがとってくれてよかった。しかしさ、ジナンボーって名前がよくないよなぁ。着順まで次男でどうする。チョウナンボーに改名しろ!!



つづく





f0347130_12303577.jpeg

ヘーマ



by h72ogn | 2019-09-02 12:28

長い映画

※昨日書いておきながらアップするのを忘れていた日記になります。


 今、見たい映画No.1はこれ。




 クエンティン・タランティーノ監督最新作「ワンス・アポン・タイム・イン・ハリウッド」だ。長いタイトル。上映時間も今時珍しい長尺。なんと161分!2時間41分かよ。予告編込みで3時間になる。


 ハッキリ言って配給や映画館からは嫌われる。長い映画は1日の上映回数を減らさなければならないからだ。地方館だと3回が限度か。単館系の劇場はきびしい。


 アメリカは2時間以上はご法度。スターウォーズがディズニー資本に変わった時、内容と時間にいちいち首を突っ込んできたと聞いた。愚作のEP8につづく最終章EP9が年末公開予定。


 過剰な期待はしない。できない。昔の話になるが、長尺ものの代表格はフランシス・フォード・コッポラ監督。180分以上はあたりまえ。不朽の名作「ゴッドファーザーIIIIII」や「地獄の黙示録」もそうだ。


 なので「〜ハリウッド」は内容が良ければ大作・名作に。つまらなければ、客にとってシアターが拷問の場と化す。ここが90分映画と違うところ。タランティーノ監督が体制に背いてまで製作した今作。


 さて、161分が吉の出るか?凶とでるか?この目で確かめてみたい。それともう1つ。腰痛持ちの人は必ず対策をしてから観賞を。今、ボクは病院の待合室。待ち時間で映画1本見られそうな気配。


 ま、日記はいい時間潰しになるよね。そういえば来月にヒューマントラスト有楽町で限定公開される「サタン・タンゴ」は7時間半。料金3900円。上には上がある。ターザン山本!さんは行く気満々です。





f0347130_13022809.jpeg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-01 12:54

お休み

 水、木の2日間で長い日記を書いた。なので今日は休む。朝5時過ぎに雷。今、豪雨。自転車通勤できず。バス通勤。5分以上の遅れ。待たせやがって。ちゃんと走れ、東海バス。

f0347130_18212530.gif

※横浜ベイスターズ3連勝。いい流れだ。
ヘーマ

by h72ogn | 2019-08-30 08:29

永ちゃんを通して 2

 昨日のつづき。




 矢沢永吉のインタビュー番組を見て、ボクが思ったことや感じたことなどを今日は書いていく。永ちゃんに憧れている人は読まなくてけっこう。タオル投げの練習でもしてろ。


 音楽業界に関わっている人、つまり音楽“だけ”でメシを食っている人たちをボクは無条件で尊敬する。そりゃあ世界観の好き嫌いはありますよ。ゴミみたいな奴が居るのも知っている。


 しかしそれは個人事業主と似ている部分があり、さらに一般的な商売屋よりずっと厳しい世界だ。人気商売の残酷さはそうとうなもの。下落して次の一手がなけりゃ即サヨナラだもん。


 SNSは地球規模で定着した。これを利用してまんまと名を上げたアーティストはたくさんいる。だが、逆に潰された連中も少なくない。芸事で金を稼ぐって大変さ。マジでそう思う。


 さて、そこでパイのような商業ベースに乗らない(乗れない)インディーズバンドはどうあるべきかだ。まず、とにもかくにもトーンである。「トーン」ってなんだ?はい、下記参照


音、音調。

色調。

物事全体から感じられる気分・調子。


 人の数だけトーンがある。どこの馬の骨かもわからないような輩が、売れ線アーティストのごとく歌ったり、喋ったり、奏でたり、そんなトーンイレギュラー者をこの15年でよく見かけるようになった。


 たとえば永ちゃんトーンを売れてない奴が真似てやったらどうなる?誰も相手にしねぇよ。キチガイ野郎め!って石を投げられかもしれない(笑)。若い子なら「キモい」の一言で終わりだ。


 特に3。物事全体から〜の頭を、「人物」に置き換えてみるとわかりやすいだろう。矢沢、YOSHIKI、宇多田、桑田、陽水、林檎、民生、あいみょん、み〜んな独特のトーンの持ち主である。


 歌手だけにあらず。噺家ならば、志ん生、圓生、談志に小三治。とんでもない個性と才である。その巨匠の口調をただ真似ている落語家に遭遇すると、見てるこっちが恥ずかしくなってしまうものだ。


 そりゃもう音楽界なんぞ落語の比ではない。ウジャウジャ。気味が悪いのは「みんなで頑張って生きよう」系と、「とにかくボクはキミが好きなんだ」系だ。ここのところ大増殖中。


 天邪鬼(あまのじゃく)、大いにけっこうです。売れている連中と違うトーンで音楽と携わってみろよ。インディーズの特権と自由をなぜスルーしてしまうの?ボクはまるで理解できない。


 ちょいと長い文になったが、永ちゃん番組を見て、ボクはこんなことがつらつらと頭の中に浮かんだのだった。たまには脳内をまとめてみるのも悪くないよね★ヨロシク。




f0347130_18212530.gif

H.OGINO⚡︎


 


 


by h72ogn | 2019-08-29 08:19