人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

カテゴリ:未分類( 1778 )

「us」映評

 ホラー映画。



 この手には2つのタイプがある。ジワジワと恐怖心が迫ってくる心理的なものと、血しぶきビュンビュンなスプラッター系だ。ボクは両方とも嫌いじゃない。「us」はどちらかというと前者の方。


 「Getout」のジョーダン・ピール監督最新作。内容には触れない。ある家族が、自分たちとまったく同じ姿形の家族に襲われるという奇想天外なストーリー。なるほど、これは怖い。


 ホラー映画って、必ず誰か襲い、誰かが襲われるものだ。ジェイソン、フレディ、エイリアン、貞子、物体X、チャッキーもそうか。気持ち悪いなぁ。まるでゲテモノ祭りだ。


 そんな中、「自分自身」に襲撃されるなんてたまったもんじゃない。嘘だろ。やめてくれ。この「us」、設定、展開、衝撃的結末も相まり、高く評価できる極上恐怖映画に仕上がっている。見る価値あり。



f0347130_16294670.gif
↑すげーポスターだ(笑)。

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-28 16:27

役所へGO

 プリンで精がついたのか?昨日のこと。



 夕暮れウォーキング。10月某日、2度目の腰オペが控えている。全麻だから術中は仮死状態。執刀医に委ねるしかない。患者側の試練は麻酔から覚めた後にある。ふだん味わうことのない痛みに襲われるのだ。


 この時だけだよ、ハンパなく辛いのは。激痛の峠を越えて眠りについたらこっちのもの。どんな患者も朝6時に起床。前回は自力でトイレに行ったもんな。看護師は驚いていたよ。たぶんこれは、もともとの体力と筋力のおかげ。


 この2つが足りていない人は尿瓶さ。昔、似たような名前の野球選手がいたな。あれはシピンか。入院前に肉体と精神の準備をすると回復力に差が出る。多少の腰の痛みをおしてでも負荷の少ない運動はすべき。


 酒もいつもより量を減らしているしね。メンタル面では、9.15LIVEがとてもイイ区切りになったと思う。妙にサッパリした。今日は半ドン仕事後に東京へ。荒川区役所に限度額適用認定証ををもらいにいく。


 それが済んだら病院だ。615分の予約。間に合うのか心配。まぁ、なんとかなるだろう。そういえば最近、落語会や寄席に行ってない。3月の入院前は立川志らく師を上野広小路亭で見たんだよね。


 見事な「抜け雀」でした。

ちょっとイイのがあるかどうか調べてみよっと。



f0347130_17242354.jpeg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-27 21:30

ひとりプリン祭り

 半ドン男の贅沢。



 仕事を終えて自転車に乗ったのは12時半。毎日、毎日、3度の飯は自炊。半ドンだから当然お給金も半分である。それは当分つづく。え?ピンチかって?切羽詰まった感じはまったくありません。


 これが家庭でも持っていたらヤバイよな。女房と子どもを女郎屋に売り飛ばしそこまでじゃないにせよ、家計はひっ迫、火の車になっていたかも。あー、独身者でよかった。


 にしても、とりあえず出費はおさえなければ。外食を控える、ケータイのキャリア変更、スーパーの買い物は割引品を中心に。メニューは材料で考えればいいだけのこと。いわゆる節約生活。




 ところが、真夏に逆噴射。TV、サウンドバー、イアフォン、スニーカーを続けざまに購入。すべてネットで。もちろん時間はあるから徹底リサーチ。全部40~75OFFで手に入れた。すべて値段以上の満足度だ。


 しかし!月末に引き落とされる金額を見て愕然。失語症になりかけた。こ、こんな使っちまったのか!?来月、また入院・手術で無収入だぜ。金は出る一方だぜ。いいのか?大丈夫なのか?




 そんなソフトな危機感を抱きつつ、お昼は外食にした。パン屋「201」のサンドイッチを食べた後、カフェ「TATI」へ行ってプリンをいただく。うまーい。カラメルがビターで大人味。競馬の追い切り情報収集もした。


 いよいよG1開幕。張る金額は上がっていく。セコい重賞戦とはわけが違うから。半ドン男だからといって半額にしない。それはできない。ひよった事をすると勝てないのが博打である。


 ま、よけいなレースはやりませんよ。その分をメインに突っ込む。万事オッケー。TATIのプリンパワーに期待しようじゃねぇか。なんかツキを運んできてくれた気配がしたもんね。




f0347130_15451912.jpg
 なんとも威風堂々としている。

 自分で撮影はしてない。検索かけてダウンロードしたもの。さすがに47歳になってスイーツ撮っていたら気味悪いよ。


ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-26 15:42

五百字サイエンス

 環境問題でざわついている。



 そもそも本当に温暖化なのか?ボクは疑っている。なぜなら地球規模だと、現在それとはまったく逆の氷河期に突入しているという科学者の文献を読んだからだ。たしかに説明できないことはある。


 日本にかぎって夏の気温が急上昇しているのだ。お隣の韓国、中国、台湾、ロシアなどは平均気温に変化なし。なぜなんだろう?学者が説明できないんだよ。一般庶民にわかるわけがない。


 温暖化問題で、どこぞのガキが一方的にまくし立てたり、滝クリの旦那が「セクシーに取り組もう」と発言するなど、報道も過熱気味である。根本的なことを書く。CO2問題ね。これ、永遠に解決しません。


 なぜかというと、CO2排出ワースト国である中国とアメリカが対策に協力していないから。なんだかという議定書にもサイン拒否。つまり加盟せず。排出の割合はこうだ。


 中国26%、アメリカ16%。足すと42%。およそ半分。ちなみに日本は3.9%だったと記憶している。いくらこちらが真剣に考えて対策を提案しても、この2大国がソッポ向いている限り何も前進しないのだ。


 まず温暖化は「CO2が諸悪の根源」だという科学的根拠を示す必要がある。だいたいこんなもんだろうみたいな曖昧模糊とした理論は通用しない。それができるかどうかである。


 最後にボク個人の感想を言わせていただく。CO2なんぞ目じゃない最凶悪飛散物を空へ海へと撒き散らした日本が、偉そうにしゃしゃり出て環境云々を発信する資格はない。ゼロです。


 情報操作と圧力で、見事に原発事故のその後を風化させた愚かな島国である。ぁあ、なるほどね、日本だけ酷暑の原因はこれか!罰があたったんだ、天罰だよ!天罰!


f0347130_18384610.jpeg

↑おもしれー風刺画(笑)。サイコー‼︎

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-25 18:35

マック30日

「スーパーサイズ・ミー」

モーガン・スパーロック監督作(2004)



 Amazon Videoで見た。これ、すでに劇場観賞済みなんだが、あまりに衝撃的な内容だったので復習込みの2度目。監督自ら実験を試みた『マクドナルドを1330日間食べたら人間はどうなるのか?』というドキュメント。


 アメリカ人のファストフード利用率はハンパない。全体の22%が週3回以上の超ヘビーユーザー。ボクがパイでツアーをしたイリノイ州は肥満度全米ワースト2。そこらじゅうデブだらけ。


 しかも並みのデブじゃあない。人間離れした超巨漢がゴロゴロいた。ふとコンビニで買ったキャロットケーキの甘さといったら壮絶で、舌が痺れるほど。大袈裟でなくアメリカの闇を垣間見たように思う。


 映画のタイトルでもあるが、スーパーサイズとは炭酸飲料とポテトの規格のこと。サイズアップは無料。店員に「スーパーサイズにしますか?」と聞かれたら、「YES」と答えるのがルール。



 1ヶ月後の結果、体重11キロ増、体脂肪8%増、血圧、血糖値、尿酸値、コレステロールが基準値オーバー。頭痛、動悸、無気力、精力減退、鬱の症状あり。恐ろしいことに、たったこれだけの期間で肝炎を発症する。


 各分野3名のドクターは、20日目を過ぎたあたりで実験中止を言い渡していた。どうやら主役のハンバーガーよりも、これに炭酸飲料+揚げ物が合わさることで悪食三兄弟となるようだ。


 スーパーサイズの飲み物は1.2リットル(!)。角砂糖30個分の甘味料。ポテトはでんぷん質を油で揚げたものなので、これだけで600カロリー超。ごはん茶碗3杯相当だ。ボクは1年に1~2回ほどマクドナルドに行く。


 基本、マックフライポテト、チキンナゲット、ソーダ系は注文しない。だいたいハンバーガー2個とコーヒーorアイスティーだ。後で胸焼けするのがイヤだからである。



 絶対に口にしないというわけではないが、あんなものはたまにでいい。あ、姪っ子(7歳)とこの夏一緒に飲んだマックシェイク・ヨーグルト味は美味しかったです。どうもね。





f0347130_19581496.gif

※今月、「スーパーサイズ・ミー2」が全米で公開された。

f0347130_18451139.jpg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-24 18:44

優勝決定戦

 22日。日曜日のこと。



 朝のコーヒーを真面目に煎れた。同じ豆でもちゃんとやると味はちがう。ここまで差がでるとは驚きだ。競馬前の恒例儀式は掃除と洗濯。小汚い輩に運なし。キッチリやる。


 あとは己を清めるのみ。風呂へ。あがって部屋に戻ると、Oちゃんがソファに座っていた。「お待たせしました〜」おい、わしゃソープ嬢か(笑)。New TV&スピーカーで初観戦。


 中山10R、穴馬複勝一点勝負。なんとか3着入線。コラム推奨メインと最終Rをはずしたが、ほぼトントン収支。最近、競馬に少し冷めたきた。この2ヶ月ほど土曜はパスしている。


 競馬中継が終わってすぐ大相撲中継。3敗力士3人よる優勝争い。思いが通じたのか、貴景勝vs御嶽海の関脇同士の決定戦になった。真っ向勝負!寄り切り!御嶽海勝利!


 いいもん見たなー。素晴らしい。相撲の後は予約しておいた居酒屋へ。それにしても競馬で鍛えられたOちゃんの脳ミソには驚きだ。相撲のデータや分析も下地が出来つつある。


 大相撲ファン歴43年のボクがそう思うのだから間違いない。来年は生観戦しようぜ。できたら地方場所だよ。イス席で十分。お互い腰痛持ち。ベタ座りはNG。楽しみがまた1つ増えた。


 寝しなに女友だちからTel。珍しく長電話になる。話している途中、スマホが熱をおびてきた。このまま爆発するんじゃないのか?あまり電話しないのでよくわからない。2時半就寝。こんな日曜でした。




f0347130_17242354.jpeg

ヘーマ


 


by h72ogn | 2019-09-23 10:18

惨敗

 朝起きて競馬コラム「平馬の千円馬券遊戯」を書く。それを昼前にアップした。



 しかし昨夜はまいったよ。夕方6時、伊東に用事があり自転車で出かけた。帰りに谷口酒店へ。主人であるMさんの身内と友人だけに許される角打ち。つまり店内飲食可。TVやステレオ完備。


 Mさんの長男S君も合流。完全なる茶の間化。図々しくお好み焼きをご馳走になる。TVはもちろんプロ野球中継。横浜ー巨人戦。Mさんは大のジャイアンツファン。ボクは先月から横浜を応援している。


 今日負けたら巨人のリーグ優勝が決まり、ハマスタで胴上げ。これだけはなんとしても阻止してもらいたい。そんな願いもむなしく逆転負け。最終回、同点にされた時点で勝負あり。情けない。


 結果を見ることなくボクは海岸線を走って家路へ。TVをつけると、原監督が宙に舞い、涙をポロポロ流して喜んでいた。横浜ベイスターズは2位を死守できるのか?そっちの方が心配だよ。




f0347130_17242354.jpeg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-22 13:42

身銭きっても

 パイの9.15LIVE映像チェック。



 いやはや時代は変わるもんだ。約2年ぶりの四谷天窓LIVE。ボクは疲れていようと、酔っ払っていようと、帰宅したら必ずその日のLIVE映像を見る。だからいつもDVD録画をしてもらっているのだ。


 会場後方の天井から吊るされた固定カメラ。ステージ全体を撮影している。ところが最近このサービスを中止にしたという。おいおい、そりゃないんじゃないの?見返すという行為は大事だぜ。


 ところが話を最後まで聞くと、録画自体はしているという。その素材をメディアに焼いて渡すことを廃止しただけ。LIVE数日後、天窓からファイルにアップロードしたものを見てくれと。


 う〜ん、ボクは家にパソコンがない。それに、当夜見たいんだよな。昔からのルーティンだし。ま、文句を言っても仕方がない。iPadでアクセスして、昨日ようやく見ることができた。


 ご丁寧にUNIQUINTETから録画スタートしたんだね。120分、一気に見る。うん、ようやくというか、やっと「このバンドなら身銭きって足を運んでもいい」というステージができたように思う。


 結成17年で初めてそんな風に思えたのだ。いや、待て。気のせいかもしれないぞ。だからもう1回見てみないと(笑)。写真はフォクシーの夫が撮影してくれたもの。アンコール。パイのお囃子の女たちである。






f0347130_08311167.jpeg

ヘーマ


 


by h72ogn | 2019-09-21 08:28

THE 男世界

「築地ワンダーランド」という映画を見る。



 2016年公開。今から3年ほど前、都内を中心に単館上映されていた。ドキュメントもの。この手の映画大好きなんだ。事実は小説よりも奇なり。そしてボクは大の市場ファンでもある。


 昨日。Amazon primeのリストにあったのを発見。同じく見逃していたデンマークの名レストランを追った「ノーマ」もあるではないか!2作共に料理系。両方よかったが、軍配をあげるなら築地だな。


 冒頭で料理評論家の山本益博氏が登場。「築地中央市場は世界一ではない。世界唯一なんです。ナンバー23は存在しない抜きん出た魚市場。だからオンリーワンといっていい」と話していた。


 日本人は魚や貝を生で食する民族。だからその扱い方も他国とは一線を画す。こと仲卸さんの目利きに関しては唯我独尊だろう。プロ中のプロ。そして競りは勝負の世界。騙し合いでもある。


 先日見たタランティーノ最新作は長げーなと思ったが(実際に超長作)、この「築地ワンダーランド」は110分があっという間に感じた。久しぶりにザ・男世界を覗いた気分だ。大満足。


 とにかく、市場で働く男たちはカッコイイ。ワイルドであり、センシティブである。まさに無骨と繊細が見事にドッキングした、これぞ日本男児。働く男たちの顔がまたいいんだ。必見デス!




f0347130_08425423.jpg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-20 08:41

チェンジ・ザ・天窓

 「四谷天窓」の店長である中田さんと話をした。



 15日のLIVE終わりの時に5分程度。もっとじっくり話を聞きたかったが、なにせ店外には打ち上げを心待ちにしている人々がたむろしている。迅速に行動しないといけない。


 ボクは中田さんに単刀直入にこう訊いた。「ライブハウスはどう変わっていくの?あるいは変わらなくていいの?」と。天窓スケジュールを見た時に変化を感じたからだ。


 「うちに関しては変わってきたと思います。私はブッキングも担当しているので、音楽以外のまったく違うジャンルの方々に利用してほしいと考えていました」


 ほぅ、やっぱりそうだったか。中田さんの思惑は現実的になってきている。落語会を定例開催していたり、演劇やトークショーなども行われている。名前の通り「天窓」は和テイストの雰囲気がある。


 芝居小屋的空間。ボクが四谷にできた天窓を初めて見た時、これはザ・パイのパイ(当時 パイのパイコンバート)にピッタリだと思った。今やアコースティック系御用達店として定着した感はある。


 中田さんはさらにつづけた。


 「もう音源を金で買う時代ではなくなってしまいました。今の1020代の音楽好きはほとんどダウンロードして聴いています。無料というのは、ジャンルに固執しない柔軟性を育てているはずです」


 なるほど。


 レコードやCDだとアルバム1枚で23千円する。だからボクも若い時はリサーチ、吟味、塾考した後、なけなしの金で購入していた。それでもジャズやブルーズの古いものにも手を伸ばしていたが


 当時から¥FREEだったらどんだけ貪っていただろう。ヘタしたら引きこもりのニートになっていたかもしれない。1つのジャンルにこだわるのも美学だが、新しい音楽を生み出しにくい。


 中田さんは今の若者に希望をかけているようにみえた。ボクが訊いたことに迷いなく即答したところがいい。ライブハウスの店員なんてほとんどペテン。バカばっか。だが、彼はちがうな。


 「四谷天窓」は化けるかもね。




f0347130_17242354.jpeg

ヘーマ


by h72ogn | 2019-09-19 12:08