人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

<   2015年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

プロレスはプロレス 2



 馬場さんが本質的に評価されたのは平成になってからだ。




 昭和後期。プロレスファンのほとんどが猪木率いる新日本プロレスびいきだった。
それがなぜまた馬場=全日本プロレス再評価となったのか?これにはボクなりの持論がある。
それはUWF(前田日明)の台頭。格闘技路線にファンの興味はシフトした。まさにこれだ。


 最強を自負していた猪木の肉体的な衰え。継承者といわれた前田はプロレスに見切りをつける。
この状況を虎視眈々と待ち望んでいた馬場さん。秀逸なキャッチコピーを伴い大攻勢を仕掛ける。



『みんなが格闘技に走るので、私、プロレスを独占します。』




 ボク(高2)はこのコピーを週刊プロレスで目にした時、糸井重里あたりがつけたものかと思った。
ところ後になって、当時の週プロ編集長であるターザン山本氏考案であることを知り驚く。
じつに的確で無駄のない、そして当時の状況を凝縮・反映した名文句だと思う。


 ターザン氏は、馬場・猪木に「プロレスとは何ですか?」と、それぞれに訊いている。


猪木「プロレスはロマンである」

馬場「プロレスとはプロレスである」


 ロマンの賞味期限は短いが、プロレスそのものの“奥行き”を馬場さんはわかっていた。
そしてファンはノスタルジックをココロの宝物にしていることも。


 1990年9月30日。後楽園ホールの馬場30周年記念試合。ブッチャー、ハンセン、アンドレ。
この3人は敵対する新日本から移籍してきている。まさか全日でこのマッチメークが組まれるとは!
だからホールにいた観客は「馬場さん、ありがとう!」という気持ちでいたのだ。


 けして「がんばれ馬場!」ではない。呼び捨てにしてはいけない人なのである。








f0347130_08465285.jpg

平馬

by h72ogn | 2015-06-08 08:45

プロレスはプロレス



 ジャイアント馬場は偉大な巨人だ!




 YouTubeで馬場さんの試合を見た。それは1990年9月30日。プロレスの聖地・後楽園ホール大会。
タッグマッチ。2vs2。この顔ぶれが豪華すぎる。対戦相手はアンドレ&ハンセン。
馬場さんのパートナーはなんとブッチャーだった。1人1人がそれぞれテーマ曲に乗って入場。


 ハンセン→アンドレ→ブッチャー→馬場の順番。ここで驚くべき光景を目にする。
それは観客の声援の熱さ。あれ、おそらくホールは揺れていたのではないかと思う。
南側ではスタンディングで喝采をおくる人がたくさんいた。観衆2000人。幸福感の一体。


 それは馬場さんの入場でマックスに。ボクもこの時の気分を思い出した。泣けたなァ。
新日本プロレスにはないムード。つまり猪木はこの“あたたかさ”を拒絶してきた人。
対する全日本の馬場さんは、ファンのニーズをもっとも尊重した社長兼レスラーである。


 昭和50年代、猪木、タイガーマスクをきっかけにプロレスファンになった人は多い。
ストロングスタイル。プロレス最強を唱えた。51年、猪木はモハメッド・アリと世紀の対戦。
旧態依然としている馬場プロレスを、ほとんどのファンは格下としてみていた。


 しかし時代が「平成」に変わると、ファンの意識は確実に変化していったのだ。






つづく





平馬

BR>


by h72ogn | 2015-06-07 10:56

昼メシのこと



 昼飯に幾らかけますか?




 ボクは仕事場の2階がキッチン付の控室なので、ほぼ毎日自炊しているのだ。
その材料は用意してもらっている。休日、外食する時はちょっぴり豪華に。
蕎麦屋に入って、もりそばに小さい天丼やカレーをプラスしたりする。それでも千円前後。


 かつて東京ですべて生活していた時は、普段の昼飯代は650円が目安だったと記憶している。
消費税アップした昨年4月から飲食店の値段が変に上がった。ようするに便乗値上げ。
毎日〃、吉野家、松屋、すき家、マック、コンビニ弁当というわけにもいかないでしょう。


 財布が助かっても、体が蝕まれてしまう。定食ならばせめて¥600~700(税込)で食わせろ。
白昼堂々と何千円もするランチを、旦那の文句言いながらパクパク食ってるバカ主婦ども。
みっともない。なにが“自分へのご褒美”だ。ふだん大した事してねぇっつうの!


 会社勤めで頑張っている人にもっとやさしくしてあげなさい。…ん、期待できそうもないな。


 だからね、頑張れ!町の食い物屋!







平馬



by h72ogn | 2015-06-06 17:51

酒暮れ

 ずいぶんと日が延びた。




 夜7時を過ぎても薄明かるい。日中は夏を思わせる日差しが容赦なく照りつける。
しかし暮れかけてくる時間になると、ひんやりとした風が吹いて心地がよい。
仕事を終えて自転車で海岸線を走る。飲食店でおもむろにビールを飲む人が目に入る。


 ほんの一瞬だが、この光景は“飲欲”を強烈に刺激する。酒を飲もうというギアが入るのだ。
急いで風呂へドボン。あがって冷蔵庫を開け、間髪いれずにビールをグビッ!…とはならない。
まずは水をコップ1杯飲む。つまみは手製。3品はならべる。一升瓶。湯呑み茶碗へなみなみ注ぐ。


 キュ~ッと一口あおる。ボクの喉と食道は日本酒のレッドカーペット。酒は腹で呑むもの。
窓の外をいちべつ。さっきよりずいぶんと暗い。この切り替わる感じが最高の肴だ。
昨夜は大好きな木曜日。鰹のたたきを食べた。今日になっても幸福の余韻が残っていたりする。










平馬
by h72ogn | 2015-06-05 08:28

あれダメこれダメ

 食えるものがない!?




 昨今の「健康ブーム」をみていると、なんかどうも不健康に思えてならない。
情報発信元は責任重大。仕入れた情報を又流しにするのは素人。それは垂れ流しに近い。
Facebookを閲覧していると、食の危険をこれでもかと訴えている記事が多いのなんの。


 挙げたらキリがない。肉ダメ、牛乳ヤバイ、野菜コワイ、衣料洗剤もビョーキになる。
このすべてを真に受け、遵守したら世の中で食べられる物がほとんどなくなってしまう。
洗剤は劇薬と言われたら洗濯したくなくなる。無添加のものを使えばいいじゃないか?


 わかってるって。シャンプーにしたってノンシリコンが頭皮にやさしいもんな。
しかしである。無添加品、無農薬、安全確率の高いものはとても高額である。
倍近い。あるいは倍以上。日常的に口にしたり使用する物にそこまで銭はかけられない。





 それを踏まえて「安心」を考えてみることが大事だとボクは思う。トマト1個¥300?
牛乳1本¥1000?シャンプー¥2000?洗剤¥3000?冗談やめろっての。病気になりそうだ。
安易に情報をシェアしたり他人に押しつける事って迷惑行為。まずは内々でやり取りすべし。


 投稿には説得力ある科学的根拠を添付しろ。動物実験で明らかにとか、10人を対象になどはNG。
ダメ。こんなものは何の根拠にならない。たんなる風評である。いちいちケチをつけるな。







平馬
by h72ogn | 2015-06-04 08:40

カバン騒動

 高級ハンドバッグを盗まれた神田うのさんですがね、、、



 犯人はベビーシッター。被害総額3千万円。これ、鞄と装飾品だけだよ。
最初は「あるべきところになかったが、家のどこかにあるだろう」と、そう思っていたという。
エルメスバーキン。それがいかに高額かなんて事はオレも知っている。で、ないのにあるかも?


 ふつう外車1台分もする品物が無いとなったら血眼になって探す。“ある”のを確認するはず。
それをしなかったおかげで、盗人女中は次も次もという気になったのだ。
3千万円ったら都内でもそれなりのマンション価格ではないか。よくここまで放置したよ。


 完全な銭ボケ。被害者なのにこれほど同情されない人間もそういないのではなかろうか?
女中もほんの出来心からはじまってしまったのだろうが情状酌量の余地はない。


 よって「容疑者」及び「被害者」を死刑に処するべし。めんどくさい。一気に始末だ。


 鞄の騒動。「袋詰めの刑」にしろ。














平馬
by h72ogn | 2015-06-03 08:35

馬遊び 2

 覆面X氏のご厚意(悪魔の囁き)によって馬券の予想をした。




 日曜日の「日本ダービー」である。本命・ドゥラメンテ。対抗・キタサンブラック。
ここにリアルスティールを絡ませて三連複。他に三連単も。単勝と複勝はなし。
覆面X氏もドゥラ軸で予想を立ていた。ファンファーレは生演奏。進軍ラッパみたい。煽るなァ。


 あれを聴いてテンションが上がらない男は即刻“野郎”の看板をおろすべきだ。
午後3時40分発走。2400メートル。体重500キロ前後の馬が一斉にスタート。壮観すぎる。
なんという美しさなのだ。やはり最終コーナーから直線でドゥラメンテ爆走。1着!


 ところが2着と3着に1番と11番の馬が入り、ボクも覆面X氏も万事休す。ビギナーズラックならず。
残念。しかし実損がないからか、ボクはレースよりも、実はパドック中継が1番興奮した。
とにかくドゥラメンテの尻~脚線美のすごさ。芸術的ですらあった。もはや牝というより女。


 ボクは動物好きを自負しているが、馬を見てまさか色気を感じるとは。かなりの変態か。
次回のドゥラメンテ出走レースも買う。儲けより惚心。競馬はパドックから見てなんぼデス!





f0347130_17244424.jpg


平馬
by h72ogn | 2015-06-02 08:36

馬遊び

 ドゥラメンテ!




 これに反応したあなたはきっと昨日“一喜一憂”したのではないか?日本ダービーである。
先週、「人間万事塞翁が馬予想」というコラムを毎土日書いている覆面X氏からメールが来た。
「千円馬券代プレゼントしますので、遊びのつもりでどうですか?枠順やオッズはスポーツ紙で」


 ボクはふだん一切博打はしない。競馬、競艇、競輪、麻雀、パチンコもである。
しかしこんな誘いを断るほどバカではない。さっそくコンビニへ。久々に日刊スポーツ購入。
いったいいつ以来だ。あ!そうだ!新日本・Uインター全面対抗戦のドーム大会の翌日に買ったな。


 てことは、1995年10月9日だから…約20年ぶり!今やプロレスの記事はどこにもない。
これもまた時代の流れだ。予備知識ゼロ。連単、連複、ワイドって何ですか?X氏に教わる。
ど素人が馬の分析やデータを比較して何になる。直感でいくしかない。ドゥラメンテは来る。


 問題は対抗馬だ。17番「キタサンブラック」が気になった。へぇ~、馬主は北島三郎なんだ。


 ダービーはお祭りみたいなもの。

 「まつり」といえばサブちゃん。

 よし!これで決まりだ!





f0347130_17531552.jpg

つづく
平馬
by h72ogn | 2015-06-01 14:29