「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

<   2016年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

五人


 ライヴ2週前。




 11月19日(土)伊豆高原「JIROs」でワンマン。今年で4年連続となる。毎年秋開催。
ここは伊豆でも山側のエリア。まず10月と11月で夜の気温はまったくちがう。
日中どれだけ暖かくても、朝晩はかなり冷える。山をなめたらいかん(笑)。


 メンバーもよくここまできて演奏してるとつくづく思う。お客さんもタフな方々だ。
伊東市内から車で30分以上はかかる。ありがたい。ヘタなステージはできない。
19日はメンバー5人。パイとしては異例の少人数。いつもいるケイトと俊太郎は不参加。


 そのかわり半年ぶりに乙部さんがドラムを叩く。三線&アコギの宮内君はエレキギター(!)。
たこすはキーボードに張りつき。モリとボクはいつもと同じ。何も変わりはない。
いよいよ音数の少ないソリッドなサウンドになる。これは乙さん参加が大きい。


 あのドラミング、やろうと思えば1人オーケストラ状態にでもできるだろう。
要するに音数とコンビネーションの増減のこと。“やりたいようにどうぞ”と言ってある。
ボクからの要求は使用楽器の指定だけ。パートが減ると自由度は急激にアップするものだ。


 吉とでるか凶とでるかはわからない。その危うさを含んだ変化を楽しみたいと思っている。
ご予約は『h72ogn@gmail.com』までどうぞ。伊豆でのライヴはこれで一区切りにするつもり。




 乞うご期待!
 お見逃しなく!



f0347130_22013006.jpg

ヘーマ

[PR]
by h72ogn | 2016-11-05 22:00

パク・クネ


 韓国もスキャンダルが多い。




 パク大統領も退陣するだろう。3年ほど前の正月休みに韓国旅行へ行った。ー11℃。極寒。
この時の写真が少ない。なぜならスマホを出し、手袋を外して撮影という動作が寒くて無理。
手がかじかんでしまうのだ。雪は降らなかったが、まさに冷凍庫の中にいるような感じだった。


 この旅行で1番印象的だったのは帰りのバスガイドの話。空港までの道中1時間のこと。
ガイドのおばさんは、韓国歴代大統領の汚職について熱弁をふるった。
「右を見てください。用水路があります。これは政治家のせいで未完成のままハセヨ~」


 ふつうガイドは母国の闇を言わないものだが、このおばさんはまったく躊躇なし。
「政治家で偉くなると、ほとんどの人が不幸のドン底になるのです」とも言っていた。
面白いなぁ。寝ている日本人観光客がたくさんいたが、ボクはめちゃくちゃ楽しかった。




 それともう1つ思い出すことがある。


 ボクの友達に、「パク大統領とヤリたい」という大の熟女好きがいる。
どこがいい?ってきいたら、「忙しくて疲れているけど奉仕してくれそう」だってさ(笑)。


 バカである。…ん~、けどわからんでもない。






f0347130_20350348.jpg

平馬

[PR]
by h72ogn | 2016-11-04 20:33

興奮と鎮静 2


 音楽の目的要素が「興奮」でなくなってしまった。




 この場での音楽はあくまでリスナーとして。要するに“聴く”為のものを指す。
かなり処分したが、数百のアルバムがある。ジャンル不問。だが、新しいのはほとんどない。
耳障りが好きじゃないのね。ノイズ系なんかわからないようで、意外と柔さかさの違いがでる。


 ボクが最近好んでいるのはアンビエント。環境音楽ってやつ。あるいはソロピアノ。
ブライアン・イーノの古い作品に、空港内の空間清浄をコンセプトにしたのがある。
これ、曲名すらない。ひたすらほわ~っとしてんの。鍵盤の音が空気中を漂っているだけ。


 シンセとピアノ。寝しなによく流す。耳に突き刺さるようなサウンドは一切ない。
昔はよく就寝前メタルをやっていた。ヘッドフォン。爆音。理由はわからない。
そんなもん自律神経のバランスが乱れまくりだよ。なかなか眠れなくなるし(笑)。


 けれどそれはそれで、まれに詞が浮かんできたりして悪いことばかりでもなかった。
自分で奏でてみたいとは思わないが、聴いている分には“ほわ~”が個人的な旬である。
言っておくが、癒しありきで制作されたヒーリングミュージックは大嫌い。わざとらしい。


 インチキ宗教みたいな胡散臭い感じを嗅ぎとってしまうのだ。癒しというコトバも拒絶。
つまるところ何が言いたいかというと、アンビエントをもってだいたいのジャンルはなめた。
なんとなく一巡したように思う。だから何かのきっかけがあれば、またロック三昧になるかも。


 …これで「軍歌」マニアになったら、思想的にヤバい転換をしたと思っておくれ。






f0347130_21075024.jpg

平馬

[PR]
by h72ogn | 2016-11-03 21:06

興奮と鎮静


 逆転現象が起きている。




 ボクは他人様よりもいろんな事に多少の興味を持って暮らしていると思う。
いや、誰かと比べたわけではない。一般的がどうなのかも知らない。
思いの外、あれこれ手を出している人も少なくないだろう。ま、それは置いておく。


 ボクが興味津々になる、つまり“はまる”軸になるのはズバリ「興奮」である。
人生初のそれは4才。保育園児。大相撲をTVで見た時だ。次の波はプロレス。小2。8才。
そして14才でロックに打ちのめされ、17才でドラムを我流ではじめた。


 あ、映画は祖父の仕事も関わっていたから、見るのがあたりまえという環境だったのだ。
いまだにそれは幼少からつづいている。落語と競馬は40を過ぎてからとキャリアは浅い。
今あげたどれもこれもが興奮が軸になっている。RCやブルーハーツから受けた衝撃。


 これは忘れられない。発狂しそうになったから。ところがあれからちょうど30年が経った。
音楽は軽~く聴く程度。なくても苦にならない。しかも、興奮とはまるで違うものばかり。
どちらかというと「鎮静」の方向へ導いてくれるサウンドをチョイスしているのだ。




つづく。










f0347130_20161089.jpg

平馬


[PR]
by h72ogn | 2016-11-02 20:12

ちゃんとしなくちゃ


 10月30日。日曜日。




 秋競馬の天王山。天皇賞。負けた。やられたよ。しかし、またまた人に助けられる。
オレはラッキーな人間の部類に絶対に入っていると思う。メシア出現。この日は乙さん。
乙部“オトチ”ヒロ。ドラマー。19日(土)は伊豆高原ライブにも参加。来たれ遠方者!


 で、「ゼップ道楽」の原宿クロコダイル公演に乙さんが招待してくれたのだ。
3分で支度。地下鉄で明治神宮前へ。大通りにはハロウィン仮装しているバカがうようよいた。
こっちはまだ頭がカンカンしている。仮装は仮装でも火葬してやりたい気分。火炙りね。


 差し入れを買って楽屋見舞い。部屋は汗臭い。なるほど、こってりリハしたんだな。
後から聞いたら3時間やったらしい(笑)。それもそのはず、7時45分開演で終演11時!
15分の中入があったから正味180分。そのどれもが圧巻だったから恐れ入る。凄かった。


 ドラムはいつも盤石の安定感と爆音だが、この日は中野さん(B)の音に耳を奪われた。
オレが言うのもおこがましいが、そうとう練習をしないとあの領域にはいけない。
数年前とは音の太さやうねりが別ものになったといえる。ロックの神が微笑んだのか?


 努力というコトバは嫌いなんだけど、やっぱりちゃんとしようと思う気持ちは原動力になる。
それは言える。はっきりしているのは、今の自分はそんな気持ちが微塵もないことだ。
木曜くらいから出馬表見てそわそわしてさ。金曜で枠順決定。スイッチON。


 酒で気分を落ち着かせているんだもん。日曜は勝って祝杯、負けて人の金で恨み酒。
まるで世捨て人だ。しかし反省はしない。するもんか。オレは興奮を金で買っているだけだ。
しかしながら、音楽に対して真摯に取っ組み合っている人が、自分の後ろで叩いているわけで。


 乙さんに恥をかかせるわけにはいかない。


 と、まるでスポーツ選手みたいな「思い」が湧いてきたのはたしかだ。


f0347130_08444509.jpg

平馬
[PR]
by h72ogn | 2016-11-01 18:59