人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

<   2018年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

来日したのね

 キングクリムゾンに行きたい。シラフではない状態で見たい、聴きたい。なんとかならぬか??


📷今のクリムゾンはドラム3台(前列はドラマー)。7人編成。髭スキンヘッドはトニー・レビン。超絶変態ベーシストなのだーっ!
f0347130_19445102.gif
ヘーマ

by h72ogn | 2018-11-30 19:43

ミミ荻野

 パンの耳を食っている。



 スーパーの自家製パンコーナーで1袋70円で売られていたものだ。サンドウィッチ用に四方をカットされた余り物だろう。わたくし変な嗜好がありまして…

 食パンは白いところが好き。耳は完全に脇役。いや、なくてもよい。特にトーストだと顕著なのだ。子供の時なんて耳は残していた。パサパサ感がイヤだった。

 ところが、長い月日が経つと好みは変わるもの。今となっては「耳だけの耳」に目がない。
スティック状のそれをこんがり焼いて風味を出さすのだ。カレーをつけてごらんよ。最高。

 この3日間の昼メシは耳カレーである。安い、早い、美味い、三拍子揃っているではないか。多少の虚しさというか、餌感はたしかにある。けれど、それを抜きにしたら立派なご馳走だ。

 ちなみに明日の昼は焼うどん(醤油味)の予定。
 どうもね。




f0347130_22032684.jpg
ヘーマ





by h72ogn | 2018-11-29 18:58

トラブルトラブル

  花田家の呪い?


 連日報道されている貴乃花離婚。せっかく愛弟子である貴景勝の幕内最高優勝がすっかり色あせてしまった。話題はすべて親方の方へか。なんという皮肉。

 世間なんてそんなものさ。ボクは昨日、かなり辛辣な事を書いたわけだが、とにかく貴乃花のまわりはトラブルが絶えない。ハンパない。

 宮沢りえとの破談、離婚は親も兄も。貴ノ花&憲子夫人、若乃花&美恵子夫人、そして貴乃花&景子夫人、靴職人の息子も後を追うような話を聞いた。

 整体師による洗脳騒動、親兄弟と絶縁、相撲協会との軋轢、謀反失敗、貴乃花部屋解散、まだ何かあったっけ?猛烈なトラブルつづき。

 貴乃花自身の性質や性格が起因していると指摘した人は少なくない。当然それもあるでしょう。意固地で頑固が災いしたと。しかし、ボクはそれだけではないような気がしている。

 今生終始。彼には大なり小なりの騒動がついてまわるだろう。霊媒師みたいな事を言うが、そういう巡り合わせに決められちゃった不運というべきか。

 光と陰。つまり相反する2つが激しく重なり合っている人なのだ。ここまでじゃないにせよ、あなたのまわりにも必ず揉め事だらけの人はいるはず。

 外野で高みの見物としてだと面白い存在だ(笑)。だが、いざ中に入り込まれてしまうと、えらいとばっちりを喰らわされる羽目になる。

 そういう人との「距離間」はものすごく大事だ。付かず離れずでいい。人間関係は自分からコントロールすべき。侵食されてからじゃ遅いのよ。


f0347130_22032684.jpg

ヘーマ

by h72ogn | 2018-11-28 19:16

 卒婚

 貴乃花と河野景子が離婚。



 そりゃあ男と女だから何があっても不思議ではない。しかし、貴乃花のコメントはおかしい。なんだ「卒婚」って。バカなアイドルグループじゃあるまいし。

 ましてや、不撓不屈・不惜身命を掲げて相撲に生きた人間が言う表現ではない。アホ丸出し。男なら「自分が至らなかった。お詫び申し上げます」と言え。

 結婚を卒業?意味わからん。そんなもん通らない。卒婚というコトバのニュアンスは、「離婚」という響きよりもライトな感覚になるよな。まさかそこを狙ってんの?

 離別を悪とは思わないが、結婚する時に様々な人たちを巻き込んでいるわけでね。だから未婚のカップルと夫婦は似て非なるものである。

 結婚って大変なことなんだよ。ガキがいるならなおのこと。独身のおまえが言うな?ボクはその大変さを背負い、乗り越える器量が足りていない。そう自己分析している。

 ひんしゅく覚悟で書くけれど、離婚ってみっともないことなんです。昔は白い目で見られていた。今はどいつもこいつも恥も外聞もなく堂々としていやがる。変なコトバは奇妙な魔力をもつ。

 執拗な嫌がらせや暴行をハラスメントと言い、窃盗は万引き、覚醒剤はスピード、変態的つきまといはストーカー、などなど。「卒婚」にはそういう匂いが漂っている。


f0347130_13404655.jpg

ヘーマ

by h72ogn | 2018-11-27 13:06

貴景勝

 昨日の競馬コラム前文に相撲の事を寄せた。
 今日はそのつづきになる


 3横綱1大関不在で進んでいった九州場所。優勝は小結・貴景勝。13勝2敗という立派な成績。

 身長175センチ体重180キロ。まさに豆タンク。押し相撲1本。えてしてこのタイプは取組中に前にバッタリが多い。

 あるいはまわしをひかれて万事休す。敗因はこのどちらかなのだ。ところが貴景勝はそれがない。踏ん張りがきく。

 これは幼少期から父親による超スパルタ教育で足腰強化の下地ができていたからだろう。駄菓子、インスタント食品、ジュース禁止。食費はなんと月30万円‼︎

 相撲界を飛び出した師匠・貴乃花も基礎鍛練を徹底させてきた。これらの成果が今場所の初優勝に繋がったとうわけだ。

 来場所は負け越した関脇・御嶽海と番付が入れ替わる。どちらが早く大関に上がることができるのか?ライバル同士の出世レースに注目だ。

 年が明けて1月中旬から初場所が行われる。3横綱は揃うはず。今度こそ稀勢の里は進退が懸かる。見所は多い。




f0347130_22032684.jpg
ヘーマ

by h72ogn | 2018-11-26 14:24

根拠

 根拠のないことがもっとも根拠になる。


 それを思い知らされた日曜日。暇潰し、退屈しのぎ、面白おかしく、それがオレの原動力だから。そんじゃまた。どうもね。


f0347130_22032684.jpg

ヘーマ

by h72ogn | 2018-11-25 21:50

赤提灯

 昨日、映画を見る前に…


 有楽町駅から徒歩1分のところにある「無印良品」で時間潰し。あれ?入り口付近に人だかり。セールなのかな。と、近づいていくと巨大ポスターが目に入る。

 この大きな店舗が銀座へ移転するという告知。新店舗は4月オープン。ここは12月2日に完全閉店となる。セールというより投げ売りだ。店内大混雑。レジも長蛇の列。

 これは映画終わりにもう1回来た方がいい。夕方再び訪れる。半額商品からさらに20%オフ。これは必要だという物を何点か。いい買い物ができた。

 帰りは日暮里の1つ手前「鶯谷」で下車。山手線内でもっともいかがわしいエリア。晩酌屋を目指す。ラブホ街を突っ切るのが早道。いますね~、立ちんぼさんが。

 いわゆる商売女。売春婦。お勤めご苦労さんです。晩酌屋ではホイス酎ハイ3杯+モツ煮、カキフライ、野菜天。会計1300円⁉︎なんという安さだ。店を出てから徒歩で帰る。

 いつもなら日暮里のいきつけに寄るのだが、祝日休の店なのだ。ダメ元で通りを変えて歩を進めてみた。あっ!赤提灯ついてるよ!!やったー!のれんをくぐる。

 「平さん、おかえりなさい!」

 おかみさんの声。金曜だから休み返上して開けたという。こんなことなら一軒目で揚げ物なんて食べなけりゃよかった。ここは焼鳥が名物。カシラを2本注文。

 辛冷奴と自家製ぬか漬けも。やっぱりいつもいるご常連が3人いた。ひじきをサービスでいただく。ごちそうさま。いや〜、赤提灯を発見した時はテンション上がったよ。

f0347130_08483936.gif
ヘーマ

 

 

by h72ogn | 2018-11-24 10:17
 この映画は続編。


 2~3年前にパート1が上映された。これがボクのその年のNo.1。めちゃくちゃ面白かった。いよいよつづきが見られる。昼に伊豆を出発。

 15:30の回。場所は有楽町駅すぐ隣にある角川シネマ有楽町。後方通路側をおさえた。最初からハイスパート。大好きなベニチオ・デル・トロが主演。

 渋いんだよ、この俳優さん。で、今作はというと、、、9割まで完ぺき。残りの1割で大失速しやがった。逃げ馬がゴール前でたれたのとまったく同じ。

 んー65点。

f0347130_19163229.jpeg
ヘーマ

by h72ogn | 2018-11-23 19:02

晴れ舞台

 音楽仲間のビッグラックとチャコ。


 彼らとの付き合いは長い。ドラマー時代から。同じバンドでプレイしていた仲。チャコはパイの初期メンバーでもある。ともに年齢は7つ下。おぉ、30代最後の年か。

 まさに今、2人はNHKホールのステージに立っている。「BRADIO」というアーティストのバックコーラスとして。キャパ3000人!紅白歌合戦の会場だ。

 いいな~。ボクもそんな巨大空間で歌ってみたい。仕事中だったが、競馬ファンのビッグラックへ激励メールを送った。ジャパンカップ(25日)枠順を添えて。

 6時過ぎて返信あり。そこには「今、リハーサルが終わりました。アーモンドアイでかたいとみた」とあった。ま、そうだろうな。しかし競馬は何が起こるかわからんぞ。

 チャコは更年期障害が早まりそうだと漏らしていたという。ただ言っているだけで、大して緊張なんかしてねぇだろ?元来ズブいんだから。

 土産話が次の楽しみになった。近々、大衆居酒屋で集まろう。あ、そういえばさっきイシワタケイタから連絡があった。12/16日に中野でレコ発ライブやるって。

 バンド編成ね。ベースにむかえたのは元THE BOOMの山川さんである。みんな精力的に活動しているようで何より。画像掲載しておく。みなさん、応援してやってください。


f0347130_19460351.jpeg
ヘーマ

by h72ogn | 2018-11-22 19:24

待ちこがれていました

 仙波清彦&はにわオールスターズ。


 日本が誇るパーカニストの第一人者である仙波師匠率いる大所帯楽団のライブが来春決定した。そのリリースは昨日。先行予約受付も。プレオーダーというやつだ。

 ボクにとって90年代前半は暗黒期。メルパルクホールで行われたライブに行けなかった。チケットを買う金がなかったから。後にこの日の模様をおさめたライブ盤が発売。

 音源と映像の2種。これも金欠で当日購入できず。従兄弟にダビングしてもらった。総勢52人にも及ぶ出演者は一流プレーヤーばかり。ドラム4台。

 その中にはポンタさんや今は亡き青山純さんもいた。じっさいに行った人に話を聞くと、音の洪水で何がなんだかわからなかったという。これだよ、これ!

 だが、オールスターズでの編成は四半世紀封印されたまま。やはり経費やメンバー調整という現実問題が生じる。折からの不景気。やはり復活は厳しいのか…

 と、ほとんど風化されつつあった今になって、ボクにとってまさに電撃的ニュースだった。師匠の芸能生活50周年を記念してのもの。うれしい。マジで小躍りしたもんな。

 絶対に行く。春の楽しみが冬の前に印がついた。




f0347130_19343797.jpeg
ヘーマ

 

 

by h72ogn | 2018-11-21 19:09