「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

<   2019年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 父の本葬は快晴。



 見事な冬晴れだった。火葬中、参列者一同が集まって弁当を食べる。約90分。いなり寿司とビール。さすがに日本酒は口にしなかった。

 久しぶりに会う親戚。特にいとことは話が盛り上がった。完全に宴会状態。隣のテーブルに座っていた近所のジジイから苦情がくる。

 腹が立つ。あえてボクはそこから下ネタをぶっ込んでやったよ。もちろん騒いでいただけではない。思う事はいろいろある。だが、整理が必要だ。

 それとやはり腰痛は今日になって悪化。仕事に支障をきたしている。いくら強い痛み止めといっても限度がある。疲労も倍に感じた。

 昼、病院から電話あり。

 えっ、オペの日を前倒しできるかもだと?とにかく早くやってくれ。でなければ少し休みたい。それが今の本音である。


f0347130_23350831.jpeg
ヘーマ

by h72ogn | 2019-01-18 19:31

通夜

 昨日は13日に急逝した父の通夜が行われた。



 密葬というか、少なくても家族葬の規模でやる予定が、ある事情により一般的な葬儀に変更されたのだ。地元新聞の弔いの欄にも掲載。

 ボクは基本的にごくごく親しい友人のみに訃報をインフォ。「参列より終わって落ち着いたら飲みに付き合ってくれ」と付け加えた。

 ところが、1人が何人かを呼び込んだのだろう。想定外の同級生(悪友)があちこちから集結。おとなしいのは最初だけ。

 葬儀場二階にある大広間で寿司と酒。湿っぽさ皆無。久々に笑い過ぎて頭が狂うかと思った。まるで花見だ。

 東京から来た数名は中座して去っていったが、地元在住&泊まり組は近くの酒場で二次会があったという。その模様を短い動画で送ってきた。

 また笑ってこんどは腰にきた。とんでもない通夜になったものだ。それでいい。仏は賑やかに送れである。今日はこれから本葬。駅近くの喫茶店でモーニング中。

 晴れてよかった。
 どうもね。

f0347130_23350831.jpeg
ヘーマ

by h72ogn | 2019-01-17 09:49

親父

 1月13日(日)。父が亡くなった。享年75歳。

 死んじゃう前からずっと思っていたことなんだけど、「腹一杯ご飯を食べさせてくれてありがとうございました。」

 この一言に尽きる。

f0347130_23350831.jpeg
ヘーマ

by h72ogn | 2019-01-14 23:20

雨の歌

 恵の雨。


 それは昨日から。寒さと乾燥で1番喜ぶのはインフルエンザ菌や風邪菌。湿度40%から下がると、とたんにウヨウヨ繁殖するという。

 年明けすでに神奈川県の一部でパンデミック状態。学級閉鎖のところも。伊豆もそう遠くない。インフル流行は避けられないだろう。

 そんか中、よくぞ降ってくれた。いわば天然加湿器。なんとなく空気も浄化された感じがする。だらだらの長雨はごめんだが、週イチでどうぞ。

 世に雨の歌はどのくらいあるのだろう?今まさにボクの頭の中で浮かんだ雨のフレーズは、八代亜紀の「雨、雨、ふれふれ、もっとふれ~」だった。

 しみったれた失恋ソング。そんなに好きでもない曲。しかし、幼少期の擦り込みってスゴイよなぁ。演歌って呪文のように記憶に刻まれるのだ。


f0347130_10224515.jpeg

「平馬の千円馬券遊戯」を更新しました。
競馬と関係ない話をたくさん書いてます(笑)。
ヘーマ

by h72ogn | 2019-01-13 10:03

稀勢の里は誰と?

 いよいよ明後日。大相撲初日である。


 稀勢の里の復活はあるのか?先場所覇者・貴景勝、モンゴル人2横綱、その他、たくさん見所はある。総見で久々にまわし姿を見た白鵬の肌艶の良さといったら…

 まわりの力士とは一線を画すオーラを漂わせていた。とうぜん優勝候補筆頭。初日は小結・妙義龍と対戦する。え!結びは稀勢の里ー御嶽海なの!?

 いきなり興味深い取組みが組まれたぞ!


f0347130_11215200.jpeg
ヘーマ

by h72ogn | 2019-01-11 21:26

名優3人

 TSUTAYAで4本レンタルして、今日まで3作品を見た。


・競輪上人行状記 日本
・ホースソルジャー 米国
・ミッドナイトガイズ 米国

・悪女 韓国


 昨日は、ミッドナイトガイズ。主演はアル・パチーノ。他にクリスファー・ウォーケンとアラン・アーキンも出ている。すごい顔ぶれ!

 ただし、ちょいとB級臭がプンプン漂う映画。やはり100%予想通りの展開だった。しかし、クオリティ云々をぶつぶつ言うつもりはない。いいじゃん、名優を拝めただけで。

 仮に大根役者がこれを演じていたら?途中で停止ボタンを押していただろう。ベテラン3人の重鎮、その共演。これって歌と同じかもしれない。

 つまんねー曲も、歌唱力のある歌手だと名曲になってしまうあれだ。さてと、今夜はどうしよう。大トリは韓国映画である。まずは酎ハイおかわりが先だっ。


f0347130_21175318.jpeg
ヘーマ


by h72ogn | 2019-01-10 20:59

落とし玉

 ZOZOの前澤社長がぶちあげた100100万円お年玉企画。



 応募した人間含め、どいつもこいつも恥も外聞も無いのかと。たかだか懸賞という意見は多いだろうが、成金の銭ばら撒きにはちがいない。


 その意図はもちろん売名だ。もう世間的認知度は高くなったんだし、なぜ今さら自分の価値を落とす行為をするのか理解できない。


 剛力彩芽みたいな薄馬鹿タレントとふらふらしてりゃあいいじゃねぇか。だいたい見た目が好きじゃない。社長という風格皆無。


 どう見たってカンフー映画の小悪党だ。気のせいか、なんとなくゲーム感覚で稼いでいる奴って重厚感が足りていないのが多い。ペラいんだ。


 あ!?さては社長さん、剛力に骨抜きにされたな。ま、金持ち喧嘩せず。どうぞご自由にということなんだが、下品な話題を振りまくのはやめてくれ。


 誰だって100万円は欲しい。けれど、こんなバカみたいな奴のポケットマネーからだったらいらない。1円でもイヤ。男がすたるってもんよ。




f0347130_11215200.jpeg

ヘーマ



by h72ogn | 2019-01-09 08:37

競輪上人行状記

 今は亡き小沢昭一さんが主演。

f0347130_08431816.jpeg


 ラジオ人。その博識ぶりと軽快な語り口が好きだった。とにかく昔の芸能、風俗、特に流行歌に関する知識量は並大抵のものではない。


 故・永六輔さんと小沢さんの2人ならば、365日間しゃべりつづけられるのではないか(笑)。こういう人、今は古舘伊知郎さんくらいだろう。


 映画はTSUTAYAでレンタルした中の1本。坊さんが競輪にはまって自滅し、最後に一世一代の大勝負を打つという内容。まず、設定からして面白い。


 今から55年前の1963年作。モノクロ。当時の町並み、車、ファッション、言語感覚、映画は「時代の写し鏡である」がぴったりあてはまる。


 とにかくラストシーンにつきるだろう。これぞ小沢昭一!というような名口上を聞くことができるのだ。ありがたや~、ありがたや~。ここだけ3回見たよ。



ヘーマ


 


by h72ogn | 2019-01-08 08:41

怪奇派

 流血怪人、死す。


f0347130_19204399.jpeg


 悪役レスラー。国際プロレス、新日本プロレス、全日本プロレス、当時の主要3団体のリングで活躍した、アレックス・スミノルフが亡くなった。死因は腎不全。


 享年71歳。昭和プロレスが好きなファンには馴染み深いだろう。風貌からしてまさに怪奇派。なんとも不気味な雰囲気。夢に出てきそうである。



 はっきり言ってプロレスラーとして一流ではなかったが、こういう影の立役者的な存在はひじょうに貴重だったといえる。


 外国人レスラーは団体にとって一か八かなのだ。なぜなら莫大な経費がかかる。アゴ、アシ、マクラ。隣町から呼んでみましたにはならない。



 ドル箱レスラーには必ず子分をつける。わかりやすい構図は大事。スミノルフはまさにうってつけ。つまり親分を引き立たせるイイ仕事をするのだ。


 今、あまたあるプロレス団体の中で何人も外国人を来日させるところは少ない。業界大手の新日本くらいだろう。それとて怪奇派となると皆無だ。


 スミノルフは71歳で亡くなった。もっと年をとっていると思った。ずっとスキンヘッド。ボクは血を流している彼の姿しか思い出せない。


 究極の年齢不詳。

 うん、やっぱりすごい人だ。


ヘーマ


by h72ogn | 2019-01-07 19:18

 新春落ち

 酒と鎮痛剤の相性がいいわけがない。



 アルコールはとっくに抜けているが、気分がまったく上がらない。そんな時にかぎって競馬コラムを書く日。一念発起してやりましたよ。


 新年は東西金杯から。両方とも馬券はとれなかった。弱り目に祟り目?こんなコンディションで当たるわけねぇ。賭け事はしばらく封印すべきだ。


 スマホもあまり見なかった。LINEがきたら開くていど。痛み止めって、激痛を鈍痛に下げる効果はてきめん。ただし同時に思考回路も鈍くなる。


 1日ボーッとしているわけじゃないが、なんだか心ここにあらずといった感覚なのだ。今はガチャガチャとした状況を避け、穏やかな時間を過ごしたい。


 毎日ゴロゴロしていたいけれど、そうしたら病院代が払えなくなってしまう。こりゃヤバイ。ニュースをチラッと見た。話題はマグロ初競り。


 おなじみ「すしざんまい」の社長の高笑い。なんと、マグロ13億数千万で競り落としたという。宣伝費と思えばなんとやらだろうが、下品すぎだよ。


 見ていてムカついた。すぐTVを消す。横になると眠ってしまうから気を紛らす。こういう時はやはり映画観賞だ。TSUTAYA4本レンタル。


 これから見ようっと。明日(月)~(土)まで怒涛の6連勤かよ。気が重い。やり切る自信は皆無に等しい。とにかく今年上半期は丸投げだ。


 元号が変わる頃、痛みから解放され、まっとうに動けるようになっていたい。「平成最後」なんてどうでもいいフレーズ。とっとと終われ。




f0347130_11215200.jpeg

ヘーマ



by h72ogn | 2019-01-06 18:08