人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

<   2019年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

代弁

 平成最後の○○○

 どこでもこのフレーズばかりでイヤになる。



 そう感じている人の代わりに言っておく。お上が勝手に設定し、有識者と呼ばれるジジババが名前を決めただけのことだもん。ボクはこの際だから西暦で統一でよかったと思う。


 つまり天皇制廃止へ。そうすれば刃物を学校の机に置きに行くバカもいなくなる。元号が変わるったって、430日と51日の差に何があるというのだ?何も変わらないよ。


 そこまで大騒ぎするのなら、午後1159分にトイレに入り、平成令和の元号またぎでウンコでもするか。なんか妙にスッキリしそうだ。まさに、時代の「大便者」だ!


 …お後がよろしいようで。






f0347130_10062794.jpeg


↑TOHOシネマズ日比谷からのショット。

皇居は贅沢だよなー。1週間暮らしてみたい。

ヘーマ


by h72ogn | 2019-04-30 10:00

天皇賞(春)

 「見事に撃沈です」




 午後359分、BIGLUCKからLINEがくる。我が目を疑った。ボクの予想を参考にすると言っておきながら、まったくちがう馬を軸にし、 1つも馬券にならなかったという。


 彼の本命は⑫クリンチャー。凱旋門賞(仏)に出走してからまったく奮わない。馬は繊細な生き物。超長距離輸送などで壊れてしまう場合がある。しかし鞍上の三浦騎手(嫁 ほしのあき)は絶好調。


 ボクとしては買いたくない馬の1頭だったが、渋々おさえに入れておいた。4-5人気?過剰人気しているのも引っかかっる。結果はまったく見せ場もなく10着惨敗。


 BIGLUCKよ、今回ばかりはオレに乗ってほしかった。精査後の軸馬フィエールマンは危なげなく優勝。2着も同じディープ産駒がきて、まず馬連が当たった。


 パドックでよく見えた⑧パフォーマプロミスを、3連複フォーメーションの2列目に昇格。ワイド 1点追加。これがまんまと3着入線。久々のトリプル的中となったのだ。


 一緒に観戦した馬友Oちゃんを連れて祝勝会。寿司屋のコース料理。いつもは逆の立場がほとんどだが、久しぶりに杯を酌み交わすことができた。9時半帰宅。〆に一杯。


 モリちゃんからLINE。彼の買い目を知って驚愕。完全無欠の大穴狙い。そのうちの1頭なんてレース中負傷で競争中止。ゴールすらできず。だが、この「爆穴路線」はつづけてもらいたい。


 彼もたまにスマッシュヒットがあるのだ。問題はBIGLUCKである。言ってみれば彼の一言がきっかけとなり、軸馬が定まったといっていい。それまで②エタリオウ(4着)だったからね。


 あぁ、よろこびを分かち合いたかった。

 ショックにもほどがあるよ!




f0347130_10042377.gif

ヘーマ


by h72ogn | 2019-04-29 10:04

 土曜の雨はしぶとかった。




 朝昼晩と自炊。昨晩はさすがに外食しようと意気込んでいたが、この大雨では外出する気も失せてしまう。やーめた。冷蔵庫を物色すると1本のスパークリングワインを発見。


 風呂に入ってから開栓。ぅう、甘い。味がしつこい。2杯だけ飲んで隣に住む弟にあげた。やっぱハイリキだよな。これに焼酎をちょい足し+3個が最高の組み合わせだ。


 この缶チューハイは少しだけ値段が高いが、焼酎ベースで変な添加物は入っていないので後味が良い。ここ23年の部屋呑みはもっぱらこれ。ド定番となった。



 天皇賞の予想の詰め。前日、BIGLUCKLINEのやりとりをしたのだが、「平ちゃんのコラムを参考にします」に着火。一から精査し直す事にした。だからなのか文量が多くなる。


 実はすでに前文を書いてあったが、2つ繋げると長すぎる。読み手は苦痛だろう。今週は予想だけ。ふつうこれだけでいいんだけど。本職ぶって四角四面になるのが恥ずかしいのよ。


 書き終えてすぐBIGLUCKへ原稿を送信。土曜夜なのに早寝してしまう。朝7時半起床。脳が働き出して即、馬券の買い目を変更することにした。文章は一晩寝かすべきかも。



 午前中は掃除。博打場が汚くては運が逃げていく。トイレ、廊下、階段もだ。腰の病気があるので掃除機は座って行う。朝メシはキーマカレースパゲッティを作って食べた。


 あとは身を清めるのみ。ということで、今これを風呂に浸かりながら書いているというわけだ。まだ薄ら寒いので湯は熱め。それでは素晴らしき日曜日を過ごしておくれ。





f0347130_10584706.jpeg

「平馬の千円馬券遊戯」更新!!

写真はボクの本命馬です。

2019.1.20.AJCC

ヘーマ


by h72ogn | 2019-04-28 10:53

春ですよね?

 なにがなんだかわからない天気。



 まさかこの時季になって冬物を再び引っ張り出すことになるとは。この2日間、まるで冬のようである。暖房つけたもん。

 そういえば木曜日は職場で冷房をかけていた。もはや四季崩壊だ。世の中10連休!?今日はその初日か。なぜかいつもより早く目を覚ます。

 こっちは仕事ですよ。二度寝なんぞしたら体が怠くなるだけ。いつもより30分近く早く家を出た。7時15分くらいかな。海岸線(135R)に出る。

 さすがGW。下り車線、ふだんこの時間ではありえない数の車が走っていた。他県ナンバーばかり。運転荒い。こんなに早く到着して何処へ行くの?

 天気予報は大ハズレの雨。いったん止んだけれど、再び降り出す。なんだ、なんだ、本降りじゃないかよ!仕事終えた午後3時、「ウイニング競馬」を見よう。

 すると窓の外からゴロゴロと音がした。運送屋の台車を押す音だと思ったら、なんとそれは雷鳴。閃光付き。雨もどしゃ降りに変わった。

 超大型連休の幕開けがこれか。遠くからの旅行者の皆々様に一言申しておきたい。「ざまぁみろぉぉぉ!!」…飯食ったらとっとと寝るがいい。

f0347130_17000832.gif



↑写真は木曜夕方の宇佐美海岸です。
ヘーマ

by h72ogn | 2019-04-27 16:58

卓球と瀧

 素晴らしいツーショットだ。


 ピエール瀧が逮捕されるずーっと前から2人の仲良しぶりは知られていた。それにしても大の大人が、しかも50代のおっさんが満面の笑みで肩組んで写真におさまるかね(笑)。

 たとえ片方が犯罪者であっても、嫌いにさえならなければずっと仲良しのまんまでいられるということだ。友だちとはそういうものである。「汗だくになるほど笑った」??

 石野卓球はツイッターでそうつぶやいた。内容は一切口外できないだろう。ヤバイ話満載にきまっている。そういう“不謹慎を共有”できてこそ友情はいっそう深まるのだ。

 ボクはこの画像を見た時、「オレたち電気グルーブは、コンプライアンスなんて屁でもねぇ。へつらいもしねぇ。だってこっちには才能があるからね」そう言っているよう思えた。



f0347130_18455226.gif

ヘーマ

by h72ogn | 2019-04-26 18:31

グランドビッグマック

 今日も食い物の話だ。


 いつもはなるべく毎日ちがう話題を意識して書いている。ところがあまりにひどくってね。食ってる最中に、「こりゃ日記行きだな」と思ってしまった。

 何年かぶりにマクドナルドへ行ったのだ。職場にチラシがあり、それがふと目にとまる。クーポン付き。ビッグマックのデカイサイズが新発売。

 490円。画像だと1個で満腹になりそうな感じ。昼1時に入店した。これと、アイスコーヒーを注文。セットではない。ポテトを食べるとゲフゲフするから却下だ。

 お会計570円也。箱に入ったハンバーガー。開けてみると、たしかにビッグマックより一回り大きい。ワッパー(バーガーキング)と同じくらいか。

 あれは紙でくるまれているが、目の前の物体は裸である。両手で持つ。と、その瞬間!ボトボトボト、きざみレタスが大量に落ちてきた。

 ひと口頬張るとこんどはバーガーの原型崩壊。世の中にこんな食べづらい物があるのか!そう思えるほどのダメダメだった。途中で嫌気がさしたもんな。

 マクドナルドは試作段階で何も問題ないと判断して販売したんだろ?頭おかしいよ。あれを綺麗に食べられる人がいたらお会いしたいものだ。

 これほど充足感皆無の食事はちょっと記憶にない。冗談じゃないよ!もう二度と足を運ぶことはない!さらばマクドナルドだーっ!



f0347130_08471110.gif
ヘーマ

by h72ogn | 2019-04-25 17:01

絶品セコ料理

 スーパーで値引き食品をがっつり購入。



 20%OFF~半額まで。だいたい3日分の量。これを使ってすべて自炊するのだ。安い食材であっても難易度の高い料理の代表は「もやし炒め」だろう。

 あくまで主役はもやしだ。これに肉をたくさん入れるのは逃げである(笑)。一般的なガスコンロだと火力が足りない。だから難しいのだ。

 ボクはテフロン製フライパンは使わない。鉄である。煙が出るほど熱した後にもやし1袋を投入。すぐさま塩コショウを少し多めにふる。

 それから引き立て役の「あげ玉」を大さじ2。これがバツグンに味をよくするのだ。水とき片栗粉を少々入れてから、飾りの胡麻油を大さじ1。

 香り付けは醤油を鍋肌へ。あっという間に完成。ちょっとそこの奥さん、これ原価40円でっせ!肉は肉で調理した方が美味しく食べられまんがな。ほな、さいなら。


f0347130_18140355.jpeg
↑このトウガラシすんごく使える。
ヘーマ

by h72ogn | 2019-04-24 18:08

GACKTのスタミナ劇場

 薄気味悪い化粧男。



 GACKTってタレントにはそんなイメージしかなかった。あ、自宅に滝があることも知っている。ヴィジュアル系出身はパブリックイメージをことのほか大事にするのだ。


 それはYOSHIKIも同じ。反対に不細工なヴィジュアル系はあえてそれを崩し、お笑いタレントのように変わっていく。それがどうも今の芸能人のトレンドだといえる。


 日曜夜8-10時に放映された総合格闘技「RIZIN」。よせばいいのにGACKT先生、解説者として出てしまった。TVでド素人が技術論を語るのは超ご法度。これ、暗黙のルール。


 RENAの試合で何回「スタミナ」という単語を言い放ったのだろう?ボクは、こりゃクレームの嵐だろうと思って観戦していた。すると、珍しく弟からメールを受信。


 「GACKTいらねぇ。ひどすぎる」とあった。よほど腹が立っていたのだろう。しかしよくも録画放送でこんな編集を通したものだ。待てよ、これ炎上商法かもしれないぞ。


 つまり、あの迷解説をそのまま使うことによって、世間一般の目を向けさせるプランだ。最初っからGACKTは頓珍漢なことを言い出すとわかった上で採用したんじゃないか?


 だって、マッチメイクはまるで日本人の顔見せ。有力どころに当てた外国人選手は実力的に三下である。いわゆるスカ勝ちのTV映えがほしい。だがそれでも一般人は振り向かない。


 ならば付加要素を盛り込もうじゃないか。よし!GACKTを解説席に座らせてバンバンしゃべらせてしまえ!イレギュラーを逆手にとったということ。結果、大炎上となった(笑)。


 GACKT先生、お気の毒に。家で滝にでも打たれて心を鎮めろ。とにかくRIZIN×フジテレビは迷走中。存続を危ぶむ声も聞く。コアなファンを馬鹿にすると痛い目にあうぞ。



f0347130_19291444.gif

ヘーマ


by h72ogn | 2019-04-23 19:29

「バイス」

 「荒野にて」「バイス」



 TOHOシネマズ日比谷(シアター8)。いくつもある中でも小規模な劇場だが、客席はほぼ満員。ボクは1番前のド真ん中。まわりに人がいると気が散るからこうなる。


 1人だと好きな席をチョイスできるからイイ。誰かと一緒の場合、ましてや女性となると最前列はないでしょ?この映画は公開前から前売券を買っていた。準備万端。


 やっと観れたよ。内容はもうメチャクチャ。アメリカというよりは、悪いけど「アメリカ人」の英雄史上主義に隠れている闇。暗部。政治家ども、みんな狂ってやがる。


 主演のクリスチャン・ベールが体重を20キロ増やして挑んだ。そういえばこの人、「ダークナイト」でバッドマン役だったよな。もちろん、まるで別人である。


 あまり知られていない作品で「マシニスト」というのがある。ベールさん、この時は骨模型みたいに痩せこけて役作りをした。まさに役者バカ。驚愕の“なりきり”だ。


 悪代官にはなぜか必ず内助の功がある。世間の良妻とは別次元でね。ボクの好きな女優、エイミー・アダムスがその役だった。恐妻、猛女、野心家、見事に演じていた。


 「荒野にて」とは正反対の映画。だからボクの中でバランスがとれたように思う。肉料理と魚料理を堪能した気分だ。ごちそうさまデス!





f0347130_08563961.gif

ヘーマ


by h72ogn | 2019-04-22 21:21

「荒野にて」

 昨日、仕事が終わって東京へ。



 とうとう薬に手を出した。コカインではない。痛い時は我慢せずにと、病院から処方された鎮痛剤だ。ワントラムという。半日とはいえ6連勤務はこたえた。特に後半。


 とりあえず1週間は飲まずにおこうと経過観察したが、楽になるならその方がいい。強い成分なので1錠からスタート。3割程度痛みは軽減した。これなら落語か映画もOKだろう。


 鈴本のトリは今をときめく春風亭一之輔。おそらく開場1時間前にならばないと良席確保は無理。今、ちょっとした落語ブームだし。ここはパス。映画を観よう。


 アンドリュー・ヘイ監督作「荒野にて」だ。ヒューマントラストシネマズ有楽町へ。16:30の回。車内でインターネット予約。まわりに人がいない最前列にした。


 内容には触れない。見る価値は十分あると思う。親なき少年と競走馬のコントラストがよかった。単なるお涙ちょうだいではない。怪優といわれていたS.ブシェミも出ていた。


 演技派が脇をかためていると、映画全体がピシッとしまる。それがよくわかった。2時間あっという間に感じる。終わってから山手線に乗って日暮里駅下車。いつものコース。


 一杯飲んだ。無口な親父さんが術後の状態を気にして話しかけてくれた。ご常連と酒の話で盛り上がる。50代と70代の男性。焼酎20杯飲む?昨日は朝4時まで?マジかよ。


 それでも疲れている感じはしなかった。70代の人が誰かに似ていると思っていたが、途中でそれが赤塚不二夫だということに気付いた。珍しく長居してしまう。


 それでも90分ほど。しかしいつもは1時間以内。こういう店でダラダラ飲むのは野暮ってもんだ。帰りはカクヤスに寄って酒と肴を調達。部屋でニュースを見ながらまた飲んだ。





f0347130_19281075.gif

ヘーマ


by h72ogn | 2019-04-21 19:27