人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

<   2019年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

術後2ヶ月

 仕事復帰して3週間が経過。



 じつは手術をした病院とは違う某整形外科に受診している。しかし、こちらが希望していた治療はNG。なぜかというのは説明すると長くので割愛する。そのドクターは東洋医学にもくわしい。


 漢方薬を処方された。2種類。下肢の冷えと血流を改善して治すというもの。毎日飲んでますよ。3度ね。面倒臭いが、なんとなく冷えを感じることが少なくなったように思う。


 せめて冬の間くらいは服用をつづけてみるか。本丸の腰痛もひと月前よりは良化。ただし痛みが目覚まし替わりになってしまっている。薬が切れるとこうなるんだな。さて、そこで実験だ。


 毎朝、起床してすぐ飲む鎮痛剤2種をとめてみた。飲まなかったらどうなる?いつものように自転車に跨り通勤、半日仕事、帰宅してソファーでゴロ寝、ウォーキング、などなど。う〜ん、やはり鈍痛2割増し。


 深夜タクシーのメーターがカチカチ上がるのと近いかも。まだ薬頼りは継続せねば。やせ我慢は無意味。痛けりゃ少しでも薬でおさえた方がリスクはずっと低いのである。術後を10としたら現在6


 0にするなんて贅沢は言わない。あと3つ減ればいい。3つだ、3つ!特効薬はある。新宿区二丁目で精製。女性器から抽出した秘薬。必ず手袋を着用しなければならない。これを医学的にミッツ・マングローブという。



 グラッチェ✌︎



f0347130_19283514.gif

ヘーマ



by h72ogn | 2019-12-12 18:31

沿道の人々

 違和感ありまくりだな。




 今日正午から行われたラグビー日本代表チームのパレード。場所は有楽町。その通りを見てすぐ場所がわかった。ビッグカメラの裏だろ。冬場はペイジェントが綺麗なところ。


 ここにド田舎者が朝から陣取り。ド暇な連中は徹夜したらしい。街頭インタビューでは、「直接お礼を言いたくて」「感動させてもらったから」こんなコメントばかり。アホか。


 おまえら選手の身内か?勝手にお祭り騒ぎして興奮しただけだろって。直接お礼ってよ、思い上がりも甚だしい。日本チームとはいえ、じっさい外人だらけではないか。なんでもありか?


 だったら金で寄せ集めた外人選手オンリーにすりゃあいい。そうだ、最近その有楽町の目と鼻ほど近い皇居在住者のパレードがあった。沿道から「天皇陛下バンザーイ」乱発。気味悪い。


 陛下が通る前、暇人相手にその万歳リハーサルがあるんだとか。つまり自然発生ではない。ああいった人々はプロパガンダにあっさり騙されるでしょう。間髪入れず次はローマ法王の東京ドームだ。


 まるで矢沢永吉コンサートのようなバカ騒ぎ。表じゃグッズ売り場に長蛇の列。なんだ、単なる金儲けでの来日か。そのうちカトリック信者もタオル回したり投げたりするな。


 とにかく上記の人々に対し、ボクは違和感しかない。不快でもある。恐怖すら感じている。





f0347130_19283514.gif

ヘーマ


 


by h72ogn | 2019-12-11 19:24

破局決戦!?

 大晦日の楽しみは格闘技観戦。



 何年か前までは、現地へ足を運んでLIVE感を満喫した後、年越しを迎えたものである。今はそこまで夢中になれない。TVで十分。日本酒飲みながら見ている。ムダに長いプログラム。


 去年なんてあれよあれよと6合近く飲んでしまった。2019年もあと3週間。注目に値する試合が1つもない。しいて挙げるならばヒョードルvsランペイジ戦くらいか。まずいんじゃないの?


 軽量級のホープ那須川天心は去年の今頃、あの5階級王者フロイトメイウェザーとの対戦に向けて話題を振りまいていたが、今年はグラビア系巨乳タレントとの二股恋愛をスッパ抜かれた。


 巨乳女は三十路オーバー。那須川はまだ21歳だよな。したたかな売名行為にハメられたんだろう。そりゃ、オッパイをちらつかせられたらどんな若者でも飛びつくさ。浅倉カンナとは破局か。


 格闘家同士のカップルとしてお似合いだと思っていたんだけどね。大晦日、大した話題がないのなら、いっそうの事、巨乳女をセコンドにつけるってのはどうだろう。もちろん2人仲良く入場する。


 リングサイドにある関係者席で、それを見つめる浅倉カンナ。いいアングルだぜ。これなら酒を持つ手も止まるだろう。「破廉恥」も突き抜ければ爽快な風が吹くものである。



f0347130_19191299.jpg
 ハンデを浮気男にかまして、2人を対戦させちゃえ‼︎‼︎カンナちゃん、頑張って‼︎‼︎

ヘーマ



by h72ogn | 2019-12-10 19:19

プイッ!

 競馬のこと。ここではあまり書かないようにしている。




 なぜって興味のない人はつまらないでしょ?ギャンブルはとかく世間から厳しい目で見られている。一族で1人はいるべ?博打狂が。もしかしたら読者の中にも実害を被った人もいるかもしれない。


 じっさい、ボクの叔父(故人)は競輪で大金を溶かしていた。祖母に金の無心をしている場面に遭遇したこともある。子供ながらに状況を把握できた。こりゃ借金の申し出だろうとね。


 ただし甥であるボクにはめっぽう優しかった。オモチャをよく買ってくれたし、いろんな遊戯場に連れて行ってくれた。絵に描いたような、「博打さえやらなきゃいいのに」というタイプの人。




 そんな反面教師がいたから、いざ自分が競馬をやるとなった時、「好き」でとどめておこうと決めた。これに「狂」が付いたら即アウトだと思っている。元々、賭事はキライ。他は一切やらないもん。


 競馬オンリーである。昨日のG 1レースは酷かった。下馬評で「まるでモノが違う」と言われていたリアアメリア撃沈。ボクの中で4番手評価の馬が優勝してしまったのだ。レース後、各騎手がコメントを残す。


 リアアメリアに跨った川田騎手は、「まったく反応してくれなかった。敗因をこれから探したい」…つまりだよ、騎手でさえもわからない負け方だったのだ。そんなのボクにわかるわけがない。


 しかし、この馬には先がある。来春だ。次走の為に復習(分析)は必要。その場に同類の話し相手がいて意見交換できるとよい。昨日は馬友Oちゃんとあーだこーだと回顧した。




 彼の見解は、リアアメリアの過去2走に問題があったと。これはコラムにも書いたが、新馬戦はあえて出遅れスタート。次のアルテミスSあえて外を回して末脚勝負に。教育的騎乗を試みたのだ。


 馬はバカじゃない。動物の中でもセンシティブな部類に入る。2才の牝馬(オンナ馬)ということもあり、「どうせ思うように走れないんでしょ」というような精神状態だったのかもしれないと。


 要するに、小娘がオトナに反抗的な態度をとるのとよく似ている。さて、モノが違うリアアメリアちゃん、このまま不良少女になるのか?更生してマジメに走ってくれるのか?次走はそこに注目したい。


 競馬はそんな見方で楽しむことができる稀なギャンブルなのだ。オッズだけチェックして金をガンガン賭けているM(モリ)とは違うのです!次の日曜も2G1戦。ここにも1頭抜けた存在の馬がいる。


 油断禁物。









f0347130_19195793.gif
↑「理由ある反抗」by.リアアメリア。

ヘーマ


by h72ogn | 2019-12-09 19:16

逆光風景

 グダグダの天気から一転、快晴になった日曜日。正午、海岸線を歩く。思わず撮影ちゃいました。どうもね。



f0347130_22300525.gif

ヘーマ

by h72ogn | 2019-12-08 22:27

CHET

 まるで真冬のような寒さ。



 朝っぱらから横浜で雪が降ったという。午前中は仕事。終わったら買い物して帰るつもりだったがキャンセル。だって寒いんだもん。冷蔵庫の余り物で昼メシ作り。


 半端な量のスパゲティを茹でる。60gほどしかない。黒米は茶碗半分。作り置きの味噌汁はちゃんと一人前以上あった。ウインナー、玉ねぎ、ケチャップ、これでナポリタンだ。


 腹六分目。十分。食後はちゃんと淹れたコーヒー。通称「マジメコーヒー」を飲みながら、自室ソファーに横たわってチェット・ベイカーを聴く。爆音だぁ。音数が少ないのがイイ。


 半分起きて、半分寝ている、そんな状態で昼下がりはJAZZに浸っていたのだ。珍しく週末に予定が何もない。今夜は暖かい部屋で過ごすことにした。




f0347130_19002662.gif
チェットはジャズ界のジェームス・ディーンと呼ばれていた。さぞモテたことだろう。

ヘーマ


by h72ogn | 2019-12-07 18:59
f0347130_18582155.jpg

 これ、見逃していたんだよ。



 イーサン・ホーク主演「ブルーに生まれついて」だ。Amazon Videoでようやく見ることができた。伝説のトランペッター、チェット・ベイカーの伝記映画。まずポスターがいかしている。


 ジャズマンの破天荒さといったら凄まじい。ロック、パンク、ヒップホップ、どの音楽ジャンルにも強烈なエピソードの持ち主はいるが、昔のジャズ界と落語界にはとんでもな人だらけ。


 チェットはイタリアで逮捕され、ある映画監督によってニューヨークへ連れ戻された。ここから物語はスタート。しかし、麻薬の売人に多額の借金があり、帰国後のある夜にボコボコにされてしまう。


 頚椎損傷、顎は砕かれ、前歯はすべて折られた。今後トランペットを吹くことはできないという無情な診断が言い渡された。再起不能。しかし、様々な困難を克服し、再びステージに上がったチェット。


 そこは人気者の復活に相応しい大きなコンサート会場や、名門のジャズクラブではなく、田舎町のさびれた飲食店。毎週日曜に素人バンドが演奏する場に飛び入りというシチュエーション。


 その素人からダメ出しされるほど、思うように吹くことができない。絶望の淵に立たされたチェットを救ったのは、女性の存在だったのだ。まぁ伝記ものによくあるストーリーである。見所はイーサンの演技。


 バツグンでした。こういう精神が少し破綻した人物を演じさせると最高なのだ。過去作を挙げると「クロッシング」でしょう。これは悪徳刑事役。ちょいと気が触れている難しい役である。


 とにかくイーサンならたとえ作品に目新しさがなくても、彼を見るだけで価値はある。今夜はチェット・ベイカーを聴きながら酒でも吞むとするか。JAZZに合う酒No.1はウイスキー。


 できればスコッチだよな。しかし、家にあるのは「BLACK NIKKA」だ。…ま、いっか。





ヘーマ


by h72ogn | 2019-12-06 18:58

百人

 Facebookでいったいどのくらいのイイネ!がつくのか?



 数ではない。パーセンテージである。今、ボクは「友達」を100人前後に限定している。増やそうと思えばいくらでもできただろうし、ある人は「限りなく増やせ」と助言してきた。


 バンドの宣伝に活用するなら不特定多数でないと意味がないという。なので一時、数百人にまで及んだのだが・・・アカの他人って気味が悪いんだよ。あんな連中と繋がりを持ちたくない。


 LIVEにも来なくていい。ボクは“ミニマムワールド”の中で楽しめれば十分だということに気づいたのだ。それがわかった途端、バンバン「友達」を削除。たとえ知り合いでも、動きがない人は切った。


 そのかわりLIVE告知以外は、ちょっと目を引くような画像にしたり、それなりのエピソードを優先的に公開している。先日、すごい写真が出てきた。熱海で前田日明と高田延彦と釣りをした時のもの。


 場所は熱海。詳しくは長くなるので割愛する。当時13歳のボクが前田をおんぶしている写真をFacebookにアップしたのだ。坊主頭の少年が192センチの格闘王と触れ合っている構図。


 これ、イイネ!しやすいはず。結果は48%の方々がリアクションをしてくれた。数名の人からはコメントも。こちらが一方的に情報が欲しいミュージャン数名を省くと、過半数を超えていることになる。


 5000人友達がいて100~200人がイイネするよりも、100人の半数がアクションを起こしてくれる方のが価値があるんじゃない?ボクのSNSとの関わり方はこれでいいと思っている。


 で、どんな写真だったかって?それはFacebook限定公開ですよ。今日1日のことを書いている場に、大昔の写真を載せてもね。そのかわり今朝の宇佐美海岸から撮影した画像をどうぞ。


f0347130_14590866.gif
↑午前7:43。ノー加工。幻想的だが変な空だ。
ヘーマ



by h72ogn | 2019-12-05 14:49

ナンバー2

 師走か。



 早いもので2019年もあと少し。来年は数の節目となる2020年。令和二年。「2」が多い。ボクは1という数字よりも2の方がなんとなく好き。“なんとなく”だから理由はない。


 1ってガツガツしてる感じがするじゃない。その点2は控えめで何ともよろしい。不思議なもので、銀座の高級店のホステスもNo.2がもっともモテるという。


 誰がどう見ても一番美人だからといって、断トツにモテるわけではない。ホントの美人って圧倒的である。たま~に電車とかでそういう女性に遭遇すると、ボクは目が開いてしまう。


 瞳孔ばっくり。つまり仮死状態である。野郎はすぐ圧倒されちゃうんだ。「おののく」とも言う。なので、少し落ちるが親しみやすいNo.2No.3の方が距離を縮めやすいのだろう。


 もちろんホステスのモーストインポータントは客どもの懐である。ナンバーどうのこうのなんて彼女たちには関係ない。それ以前に自分のポジションをしっかり把握しているはずだ。


 夜のハンターそのもの。特に銀座は熾烈な客取りの応酬が、店単位、ホステス単位で日夜繰り広げられている。世の金持ちはドンドン金を落としてやれ。そしてあえてNo.1を狙ってほしいものだ。




f0347130_19095323.gif

ヘーマ


by h72ogn | 2019-12-04 19:06

野菜と蜂蜜

 12/1の「満月まつり」のことを今日も書く。




 音楽部門の他、第二部では映画上映。会場内の出店も今年は充実していた。沖縄産の食べ物、オリオンビール、「アベちゃん畑」の野菜、自家製ハチミツ、ポストカード、コーヒー、スリランカカレーなど。


 もっとも驚いたのは自家製日本酒を売っていた(茶碗一杯200)ことだ。どぶろくですよ。完全無欠の密造酒。アルカポネもビックリである。もちろんいただきました。ビールの後にね。


 嬉しかったのは、アベちゃん畑からの差し入れ。うどんとニンニクをメンバー分プレゼントしてくれたのだ。ボクは個人的に彼らの作る野菜のファンである。人参、赤かぶ、黒米、里芋を購入した。




 アベ一家は韓国太鼓奏者。一家で参加している。夫婦と長男&長女の4人編成。普段から美味しい有機栽培の野菜を食べているからか、どなたも血色が良い。子供2人なんかほっぺ赤いもんね。


 コンビニで済ませているバカ親を持った気の毒なガキは、その偏食からか顔色が悪い。覇気がないように見える。「食」は必ずどこかに影響が現れるのだ。栄養失調をなめたらいかん。




 帰りがけに民族衣装をまとった女性に声をかけられた。「これ、どうぞ」おぉ!瓶詰めされたハチミツではないか!最高。伊豆に戻ったらパンに塗って食べようと思う。さぁ、おつかれさまでした。


 荷物を持った時、また女性からお声。ずいぶん慌てた様子。「はじめまして!アンロードの土屋です!」パイは来年、あるイベントからお声がかかっている。土屋さんはその主催者。わざわざ挨拶に来てくれた。


 本番には間に合わなかったが、ダメ元で車を飛ばしてやってきたという。各メンバーを紹介し、短い時間で軽くミーティング。会場はドラムOKなんですね。乙部さんを誘ってみるか。



 土屋さんの熱意を感じた。このイベントは絶対に成功させなければならない。そのうち発表する。どうもね。





f0347130_17425183.gif

ヘーマ


by h72ogn | 2019-12-03 17:34