人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

トミー


 トミー・リー・ジョーンズは名優だ。


 日本だと缶コーヒーのCMに出ている外国人爺さんのイメージが強いだろう。ブレイクしたのは40を過ぎてから。「逃亡者」での演技が評価されてのもの。主演はハリソン・フォード。

 当時、この作品を劇場鑑賞した後、「完全に主役を食ってんじゃん!」と思ったものだ。実は100%主演よりも、準主演の方がトミーは本領発揮する稀な役者である。「ノーカントリー」なんかそう。

 「ミッション・ワイルド」なんてモロだ。76歳の大ベテラン、個人的にだが、現役米俳優でトミーが演技力No.1だと思う。テキサス生まれだけあって、デンガロンハットがよく似合う。しかし、スーツを着ての現代劇も最高。

 まだまだ名演技をたくさん見させてほしいものである。



トミー_f0347130_18375234.gif

ヘーマ

# by h72ogn | 2022-09-29 18:21

うたのこと2


 昨日のつづき。




 永ちゃんもとんでもなクセ歌唱だ。「幻で〜かまわ〜ない〜♪」が、「ンまぼろしで〜きゃまふぁ〜ンなうぃ〜♪」だもんね。唯一、これで存分に遊んでいるアーティストは横山剣さん(CKB)だけだろう。


 不自然さが楽しいを早々に展開したのは尊敬に値する。というわけで、50歳にして恥ずかしながらこれ!といった特徴のない歌い手であるが、意図的に歌唱を変えたくねぇの。だって恥ずかしいんだもん。




 ボクは海岸線で、毎日、毎日、海を見ている。大波、小波、白波、透明()、濁り(灰茶)、どうやらただそれだけのようだ。恋に破れたり、何かあった時にしか海へ行かないような人は、そこでいろいろ思いを巡らしてしまうわけでね。


 まったく同じ景色でも、人によって違って見えてしまうものだ。ボクは歌と共に暮らしている。LIVEだけじゃない、極めて身近なもの。だから、ただそれだけで唄えばいい。今のところそんな風に思っている。


うたのこと2_f0347130_09182769.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2022-09-28 09:18

うたのこと1


 月3~4で「1人カラオケ」している。



 歌唱力向上を目指しているわけではない。かといって息抜きでもない。練習?稽古?トレーニング?うーん、それとも違う。やや実験に近いように思う。ボクは、不自然な歌い方と思えるヴォーカリストが大の苦手である。


 パイのLIVE中、たま〜に声色を変えて歌ったりするが、あれは単なる悪ふざけ。何の前触れなく誰々風にしてみると、気づいた人がクスクス笑っているのが見える。なぜかこちらも嬉しくなってしまう。




 1人カラオケの実験はこの逆。オリジナル曲を歌うヴォーカリストのクセをとことん抜く作業。たとえばBOOWYの氷室クセを取りはぶく。ご存じのように、特徴的なサ行とタ行の発音をだ。


 チャ、チィ、チュ、チェ、チョ、でなく、ちゃんと「タチツテト」にする。あんたね、それで「BBLUE」なんか歌ってごらんなさいよ。何の面白味もない、色気もない、単なるロックっぽい曲に。


 つーことはだよ、「アイデンティティ=方法の確立」といえないだろうか?


つづく




うたのこと1_f0347130_12263839.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2022-09-27 12:26

高安無念


 昨日、大相撲は千穐楽を迎えた。



 横綱途中休場、2大関大敗(4-11)、先場所優勝力士負け越し、異例中の異例となった九月場所。平幕による熾烈な優勝争いを制したのは大ベテランの玉鷲。元大関・高安はまたもやチャンスを逃してしまった。


 すでに個人的な苦言はこの日記に寄せてある。改めて書く必要はない。早く若手が力をつけて世代交代してほしい。いや、しなければならないだろう。「三日目力士パドック」で予想した結果を添えておく。


隆の勝8-7

貴景勝 10-5

若元春 10-5

照ノ富士 5-5→休場

高安 11-4(準優勝)

平戸海 7-8

正代 4-11



高安無念_f0347130_10205257.gif
 玉鷲優勝、朝倉敗北、ヤクルト優勝、オールカマー大荒れ、このどれよりも話題になったのがRIZIN花束事件。下品なもの勝ち?イヤな世の中だ。


ヘーマ


# by h72ogn | 2022-09-26 10:20

ハイ、ご苦労さん!


 もうそんなになるの!?



 ARAYAMTBにしてから、この11月で丸7年に。5年くらいかと思っていた。それまではTREKのクロスバイク。まるで性質が違う両車。乗り換えの基準はスピードは二の次、とにかく安定性を重視。


 夜間走行でよろけたら命に関わる。だからタイヤが太く、車輪軸で止めるディスクブレーキ搭載のMTBにしたのだ。ところが皮肉なもので、それまでコケたことすらなかったのに、坂道カーブで落車してしまう。


 原因はマンホールの上でのブレーキング。ハンドルを取られ、アスファルトに左肩から転落。肋骨8本+肩甲骨2箇所の多重骨折を負ってしまった。早くも1年が経過するが、いまだにリハビリはつづいている。




 ここ最近は自分の体を優先してきたが、劣化していくのは人もモノも同じ。ARAYAもオーバーホールとパーツ交換をしないといかん。あれこれ自分で計算してみたら確実に4万円超。だったら新車買っちまおうかと。


 コロナ&戦争の影響は、自転車製造にも影響があり、10万前後の製品で2万以上値上がりしているみたい。ボクは新車であることにこだわりがあるが、型落ちでもOK。そうと決めたら烈火の如く情報収集だ。


 掘り出し物発見。だが、ここで慌てて買ってしまうとロクなことにならない。クールダウンして別の候補車を調べてみるのだ。今、その最中デス!雨は上がった。みなさん、素敵な週末を過ごすがよい。どうもね。



ハイ、ご苦労さん!_f0347130_18213110.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2022-09-24 18:21