人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

灼熱行列

 連休前。



 昨日、新宿にあるPCR検査センターに50人以上の行列ができたという。最高気温35℃の中である。ちなみに、都内の街中は気象庁発表よりも3~4℃高い。照り返しが強いからだ。


 ということは、新宿区は40℃近くなっていたはず。帰省前に検査を受けたい気持ちはわかるが、コロナよりずっと熱中症の方が恐い。コロナの死亡率なんてたかが知れている。


 熱中症になるとそうはいかない。そんな甘くないのだ。あの炎天下は殺人級だ。親類の為にと思って行ったことで、自分が瀕死になってしまったら本末転倒ではないか。外出はおやめなさい。


灼熱行列_f0347130_08410795.jpeg

ヘーマ


# by h72ogn | 2021-07-21 15:08

28年前の火種

 ほじくり返されたのね。



 1994年に掲載されたインタビュー記事が今になってバッシングのネタにされてしまった。コーネリアスの小山田圭吾氏のイジメ発言である。この人、見た目だけならイジメられた方だ。


 ところが、健常者ではなく障害者に及んだことのよう。マットで簀巻(すまき)にした?跳び箱に閉じ込めた?ヤバイよ、マズイよ。オリンピックの次はパラリンピックなんだし。障害者が暴動起こすよ。


 単なるいじめっ子は、不自由な子にそんなこと絶対にしない。もしかすると小山田氏はいじめられていたのかも。だから自分より肉体的に劣るタイプをターゲットにしたんじゃないのか?


 ボクもとてもこの場で書けないようなことをやってきた。一部紹介すると、中学時代に「巨漢王決定戦」を主催。大肥満MSの対決。勉強、体育、そして最後はバトルで決着をつける。まさか殴り合いはさせない。


 場所は廊下。助手が腕を掴み、2人それぞれ勢いをつけさせ体当たりさせるというもの。あんまり面白かったので何回戦かやってもらった。結果はSのパーフェクト勝利。拍手喝采であった。


 ま、これも今のクソみたいなコンプライアンス至上主義ではアウトだろな。開会式の音楽担当はやらせてもらえない()。ところで小山田氏の後は誰がやるの?面倒臭いからピンクフロイドの「吹けよ風、呼べよ嵐」でも流しておけ。




28年前の火種_f0347130_14274184.gif

早くも小山田圭吾(上から3人目)の新バンド「コーナリマス」始動!


ヘーマ


# by h72ogn | 2021-07-20 14:27

辞めないのか⁉︎

 白鵬がやってくれた!




 というより、白鵬がやらかしたと言った方が適切だろう。とにかく今場所の勝ちに拘る執念はハンパない。恥も外聞もないとはこのこと。横綱の品格?今の白鵬にそれは1ミリもない


 全勝同士の闘いは、立ち合い横綱の奇襲から。照ノ富士の額に手を起き、間髪入れずに右からカチアゲ。あれは完全に肘打ちだ。プロレスのエルボーである。それから左張り手。


 とにもかくにも白鵬は自分有利の形にもっていきたい。その一心のみ。張られた照ノ富士がカッとなりやり返す。その隙を見逃すはずもなく、あっという間にまわしを掴んだ。最後は小手投げで白鵬勝利。


 家族5人が見守る中、賜杯を手にしたのだった。さぁ、次は優勝者インタビューで引退宣言するかどうか?ボクは相撲よりここを注文していたが、、、な、な、なんと現役続行宣言しやがったよ!


 おい、ちょっと待て。最後だから許されるというような相撲ばかりをとっていただろ!?来場所もしれっと出てくるなら、14日目と千秋楽は反則だ。みっともないぜ。ガッカリしたなぁ。




 「勝っても負けても今場所で辞めるつもりでした。だから横綱として満足な取り口をお見せできませんでした。応援していただいま皆様にお詫びしたいです。それでも最後の場所はどうしても優勝したかったんです」



 ↑ボクの妄想インタビュー。こんな風に話してくれたら、きっとボクはTVの前で号泣しただろう。



辞めないのか⁉︎_f0347130_19290177.gif
 おばちゃんは嬉し泣き。よほどのファンなんだろね。

ヘーマ


# by h72ogn | 2021-07-19 19:28

大一番直前!

 やはり横綱と大関の全勝対決になった。




 大相撲名古屋場所。今日は千秋楽である。満身創痍の白鵬は、盤石の照ノ富士に勝つことはできないと悟っているはず。だから昨日の正代戦を落とすわけにはいかなかった。奇妙な立ち合い。


 仕切り線から大きく離れたところから手を付いたのだ。正攻法で相撲をとると負けるかもという思いがそうさせたのである。これをセコいととるか?あくなき勝ちへの執念ととるか?




 数日前の日記で書いたが、白鵬は今場所限りで引退するような気配を感じる。たとえそうならなくても、今年中に身を引くのは間違いない。歴史的にみると、引退した横綱は勝てなくなって場所中に引退会見をしている。


 ボクは、白鵬には有終の美を飾ってそのまま一代親方になってほしいのだ。今日の大一番、ひじょうに楽しみである。真っ向勝負では厳しい。おそらく何かやる。その何かはわからない。


 奇策、奇襲、とにかく勝ってくれ!



大一番直前!_f0347130_09401280.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2021-07-18 09:39

粒立ち王

ーご趣味は?


ドラムソロを見ることです。




 YouTubeには、それこそピンからキリまでこれが山のようにアップされている。世界的に最も認知されたドラムソロは「モビー・ディック」だろう。言わずと知れたレッド・ツェッペリンのボンゾの演奏である。


 これ、2ndアルバムに曲として丸々収録された。パイのサポートDrである「東洋のボンゾ」こと、オトチさんは「Zep道楽」でたまにこれを叩く。230分の長尺。パイの時は5~10分程度の短縮版で()


 本家本元は40分以上ソロをぶっ叩くこともしばしば。はっきり言ってキチガイです。だが、あれを生で見た人は財産だよなぁ。タイムマシンがあるなら、ボクはゼップLIVE当日に戻してもらうだろう。




 さて、最近見たドラムソロで舌を巻いたのは、デイヴ・ウェックルだ。JAZZ系スタジオミュージシャン。キャリア40年のベテラン。先日、亡くなったチィック・コリアのバックをつとめていた時期もある。


 デイヴに派手さはあまりない。まるで地団駄を踏むかの様なダダダダダダダダなんてのは一切無し。とにかく、一音一音、一発一発、まさに一打入魂!音の説得力がハンパないのだ。全てクリアで抜けた音である(マジで)


 めちゃくちゃ超絶フレーズであってもドラムセット(シンバル含む)全体を美しく鳴らす。これは技術だけでなく、楽器の持つ特性を理解していないと不可能である。打楽器に興味のある方は是非見てほしい。



粒立ち王_f0347130_08195684.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2021-07-17 08:19