人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

べつに長雨でも


 本を2冊買った。



 猪木本と一之輔本である。両方とも発売から5ヶ月経過。気にはなっていたが、まず読むべき本が何冊もあったので後回しに。ようやく購入に至ったというわけだ。


 両方とも少しだけ読む。こりゃ面白い。一気に!……というわけにはならなかった。Amazon primeで「Once Upon a Time in America」を見てしまう。なんと4時間の超長編映画。


 相撲録画も見たい。酒も呑みたい。カマシ・ワシントンを聴きたい。友人からTELあり、そろそろ宴会やりたい?OKOK1人部屋の中にいても頭の中は忙しい。鬱陶しい雨もボクには関係ないようだ。



べつに長雨でも_f0347130_18093749.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2022-09-23 18:09

オレなら逃げる


 いよいよロシア国民に火がついたか?




 これ、30万人に及ぶ国民を出兵させるとプーチンが宣言したからだ。情報統制やプロパガンダなどで反戦ムードが高まらないようにしてきたが、こんなネット社会で本当の事を民衆が知らないわけがない。


 ただ、声を上げると何をされるかわからない。現状把握していても、知らぬが仏ときめこんでいたのだ。しかし、戦争に駆り出されるとなれば話は別だと。昨日、国内38都市で抗議デモに参加した約1500人が当局に拘束された。


 隊列からは、「戦争反対!戦争反対!」のコールが起こる。すでに数千人の受刑者が戦地に送られ、ほとんど死亡しているようだ。これから国外逃亡者も激増するだろう。早期のプーチン政権転覆を願うばかりである。




オレなら逃げる_f0347130_18240802.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2022-09-22 18:23

ガタ


 伊豆の実家は築45年の古い木造家屋だ。



 幼稚園か保育園の時、屋根から餅や小銭を撒いた記憶がある。ボクが投げたところに近所の連中が血相を変えて走る。幼きながら「カッコ悪ィ」と思ったものである。


 家を建てたのはもちろん大工だが、金を払ったのは亡き父である。当時3334歳。まだまだ若い。一世一代の買い物であったろう。しかも45年間の中で、キッチン、風呂場、トイレを改築&増築。


 BBQが出来るようにとウッドデッキまで大工さんに作ってもらった。熱しやすく冷めやすい性格なので、デッキの手入れをかまけてまんまと崩落。あ、2階のバルコニーも新品に付け替えていたっけ。


 持ち家は維持だけでも大変なのに、リフォームなんかすると大金が必要になる。よくそんな金を投入してくれたと、改めて父に感謝である。ところで、家は生き物。最近あちこちガタがきた。



 一覧を書いてみる。


①脱衣所の木板床の一部抜け修繕

2階戸袋(木製)腐食撤去+修繕

③屋根瓦2~3枚損失修繕

④洗面台下から水漏れホース交換

⑤浴室シャワー不調総取り替え



 地元のU建設に見積もりを依頼。①〜⑤まで15万円?まぁ、だいたい予算内におさまらない。多少のオーバーは覚悟の上。20万円内でなら。本日より作業開始。脱衣所からのようだ。大工さん、たのんますヨ!


ガタ_f0347130_11511317.jpg

ヘーマ



# by h72ogn | 2022-09-21 11:50

脅し報道


 過剰にもほどがある。



 台風14号の報道だ。雨も風も吹いていない地域からのTV中継で、わざわざヘルメットとカッパを着てリポートするアホ。災害っぽい絵面だから着けているのだろう。


 「数十年に一度」なるフレーズをこの10年間毎年聞いている。あとは「伊勢湾台風なみの」ってのも。だいたい伊勢湾台風がどんな規模だったのか知らねぇし。


 とにかく報道そのものがオオカミ少年化していることは間違いない。マジでヤバい時に、NHKを誰も信用しないことも起こりえる。煽るな、バカ。もっと真面目にやれ。



脅し報道_f0347130_18364916.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2022-09-20 18:36

寄席通い


 土日は伊豆→東京。



 先週同様、鈴本演芸場に行く。それだけが目的だ。先月の代演で見た春風亭一之輔師匠の「唐茄子屋政談」が素晴らしい高座で、ボクの落語熱が急上昇。九月上席(夜の部)は一之輔主任でネタ出し。すべて長尺なのだ。


 初日は「居残り佐平次」だった。こちらも完成度が高く舌を巻いた。真打ち昇進から10年。粗削りな部分が取れて、いい意味で柔らかさが出てきたように思う。だからオンナを演じていても不自然さがなくなった。


 17日「心眼」、18日「三軒長屋」。両日とも幕見券で観賞。中入り時に入場し、漫才落語粋歌(三味線)→トリと流れる。これ、通常だと7~815分パッケージだが、長尺噺なので時間オーバーする。つまりコスパがいい()




 ボクは「三軒長屋」が大好きで、志ん朝師、談志師、小三治師のをDVDで何回も見ている。しかし、内容があるかというと何もないんだ。ホントに何もない。ただただドタバタ。騒動の後にまた騒動。サゲ(オチ)もくだらないのひと言に尽きる。


 そんなものを名人上手が小1時間かけて演じるのだ。談志師曰く、「やっているこっちも頭ン中ぁカンカンする」と言っていたほど。落語は円熟味が若さを上回る古典芸能である。しかし、この演目は40代半ばあたりの噺家に向いているかもしれない。


 おっと、もちろん誰でもいいというわけではない。技量のある方限定である。一之輔師より下の世代で該当する人はいない。やっていそうなのはいるが、やめてほしい。金をくれても見たくない。それほど難しい演目なのだ。




 この3週間で一之輔落語4席すべて鈴本演芸場で見たことになる。奇跡的に()勘弁してくれって演者が1人もいなかった。だから寄席の持つ心地良さを満喫できたのだろう。「週末是好日」である。次は桃月庵白酒師が見たい。




寄席通い_f0347130_17042371.gif

※鈴本と末廣は下手側に座ることが多いが、たまに上手側にも。正面はまずない。

ヘーマ


# by h72ogn | 2022-09-19 17:02