人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

へっつい幽霊

 引きこもり打破、


 、、、と書いたとたんに脱線した昨日の日記。日曜のことを今さらながら書く。珍しく土曜の外出なし。雨のせいだ。おかげで読書ができた。翌朝、なぜか早起き。しかし二度寝だ。


 競馬は拒否したよ。そうだ!久しぶりに落語へ行こう。誰かいい人いないかな?いろいろ調べると、神保町・落語カフェ「柳家一琴の会」を発見。師匠の夜公演は珍しい。


 メールで予約。この落語家さんなら間違いない。「人間国宝」柳家小三治師のお弟子さんである。といっても実力派の真打ちだ。いっとき、一琴師匠の兄弟子にあたる柳家喜多八師との二人会にはまりにはまった。


 会場は落語協会2階にある黒門亭。40人で超満員の狭いスペース。やはりこのくらいのところで落語は見たい。東京滞在週のタイミングが合えば必ず足を運んでいた。しかし、数年前に最終回。


 喜多八師の体調が理由である。残念なことに鬼籍にお入りになってしまった。大きな喪失感。しばらく落語に行くことができなくなる。その間におとずれた落語ブーム。客質が悪くなるのですよ!


 まぁこれって仕方のないことだが、特に寄席で“ちゃんと見よう”という人が少なくなったように思う。落語カフェならそのあたりの心配は無用。一琴師匠の客筋はイイ。午後550分、神保町到着。


 カフェは駅の真裏の路地。徒歩2分と近い。ボクはためらうことなく最前列の上手側に座った。ネタは、「きゃいのう」「羽織の遊び」「へっつい幽霊」の三席。まずは前座の小ごとさんから。


 開口一番で20分?ちょっと長い。15分でもそう感じる。場をあたためるのが目的ならば10分でスパッと歯切れよくやった方がいいだろう。いよいよ一琴師匠の登場。淀みなく流暢な語り口。


 トリネタの「へっつい幽霊」は博打狂だった男が死んで幽霊になり、住人の男とサイコロ勝負(笑)。しまいに身ぐるみはがされるという壮絶な滑稽話だ。この噺、落語の凄い一面を垣間見ることができる。


 一文無しにされるのは幽霊だというところ。ふつう反対でしょ。古典落語に常識的セオリーはない。通じない。またこの幽霊がアホなんだよ。ただ、なんだか少し哀しい。ここがひじょうに肝心。


 一琴師匠は見事にそれを演じていた。芸の力でしょう。笑えるんだけど、100%ではないエモーショナル感。だから落語はシンプルではないのだ。小三治師の名言、「笑いは後からついてくる」。




f0347130_19363601.jpeg

ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-18 19:27

与太郎論

 引きこもり打破。



 人間誰しも座敷わらし要素があるとボクは思っている。つまり、家から出ない、あるいは出たくなくなる。自分と自分の折り合いがついてしまうと、どうやらオフスイッチへ切り換わるようだ。


 そうなるとなぜ困るかといったら、答えはただ1つ。働かなくなるからだ。「働かざる者、食うべからず」。これって大人常識の最上位に君臨している。だからそのぐうたら意識を殺して社会へ飛び込んで行く。


 まるで平気な顔して通勤ラッシュに揺られながら、スマホで世間の動向をチェックしたりして。あの満員電車は地獄の門前という感じがする。血の池渡し。超過密奴隷船だ。


 しかしすべてのココロのどこかしらに、少なからず「生きるってなんだ?」と思っているだろう。人が生まれながらに生産主義が備わっていたら一切こんな疑問は抱かない。


 若いときの苦労は買ってでもしろ、よく聞く格言。果たしてこれはホントに正しいのだろうか?ボクはむしろゴロゴロ期間を経験した方が、人間らしく暮らす基準を冷静に判断できるような気がしている。


 凶悪事件を引き起こしているじゃないか、ノイローゼだ、鬱だ、精神破綻に繋がるからけしからんという意見はあるだろう。だが、殺人事件の比率はまちがいなく一般生活者の方が高いですよ。


 引きこもっていりゃあ他人様と人間関係のもつれなんかになりようがない()。親とのイザコザはあるか。まぁ変な子どもだと思って諦めろ。育て方を間違った代償だ。死なない程度に食わしてやればいい。


 最初の一行を書いたら変なスイッチが入った。つづきはまた明日にしまーす。どうもね。







f0347130_10513893.jpeg

ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-17 12:17

ボー然

 ヨシ、酒呑むぞ!



 しかし目の前でその気分を打ち砕かれると絶望的になってしまう。たとえば自室で晩酌、絶妙な配合で作ったレモンサワーをザバーッ!とこぼしてしまった時。ショックでしばらく床拭けないもん。


 昨日の土曜日。外出するつもりだったが、降り続く雨に気勢をそがれてしまう。雷注意報発令。傘を持って電車に乗るのもキライ。キャンセルだな。弟の推薦本「さよならムーンサルトプレス」を読む。


 プロレスラー・武藤敬司の自叙伝。なるほど、これは面白い。ターザン山本さんも登場していた。350頁の大作。読みごたえあり。午後は半身浴しながらコラム前文を書く。競馬はやらない。拒否。


 夜になってカーテンを開けてみたら雨は小降りに。そっか、じゃあ呑みに行くべ。徒歩7分。行きつけの某居酒屋へ。ここは平日の方が混雑する。土曜夜はすんなりカウンターの1番端に座ることができるのだ。


 一杯目は何を注文しようか?赤星だな。サッポロラガーの瓶ビールである。そう頭の中で決まってすぐ店に到着。あ~~~~~~~‼︎‼︎‼︎‼︎提灯消えてるぞぉぉぉ!!「臨時休業」のはり紙が。


 茫然と立ちつくす。ご夫婦経営。親父さん?女将さん?何事もなけりゃいいが、なんかあったから閉めたわけで。失意から心配へと変わる。え?他店に行けばいいじゃないかって?


 イヤだね。潰しがきくような酒場は近隣にはない。スーパーと酒屋に寄って部屋飲みだ。武藤本読みながらIPAビール。間に間にコラム本文を書く。日が明けて早々に更新してしまった。


 今日は晴れたね。それではまた明日。素晴らしい休日を。どうもね。


f0347130_18045586.gif


「平馬の千円馬券遊戯」

今週のタイトルは[見舞い三人衆]。

競馬に興味ない人も楽しめる内容。

ぜひご覧になってください。


ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-16 14:38

馬、気の毒!

 禁止薬物(テオブロミン)が検出。



 これによって競走馬156頭が出走取消しになる騒動に発展。過去、同様なことはあったが、こんなとんでもない数の取消しは初めてのこと。まずいよな。大不祥事だ。


 テオブロミンは興奮作用のある薬。馬の餌に混ぜるサプリメントにこれが添加されていたようだ。使用前の薬品など、競走馬理化学研究所のチェックが必ず入るのだが


 これをスルーして勝手に売っていた販売者の責任は重い。もちろんズサンな管理体制も問題だ。JRA(農林水産省)発表は今日早朝。アホか。開催すること自体がきわめて不謹慎である。


 明日は東京と函館で2つの重賞がある。驚くべきは函館スプリントS。出走13頭中6頭が取消しに。7頭で行うという。水泳よりすくねぇよ!コラムで取り上げようと思っていたのにね。


 なんだか競馬がとてもアホくさく思えてきた。今週はまだセコ重賞だが、宝塚は上半期の大一番。来週開催。人気馬、有力馬、ダービー馬、いいのがたくさん出る。いったいどうなってしまうんだ。




f0347130_18045586.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-15 12:23

南の国から

 夕方、一本の電話。



 それに気づかなかった。登録されていない番号。だから名前は出ない。まちがい電話だろうと放置したが、な~んか気になる。折り返してみよう。だが、なかなか出ない。


 切ろうかと思った時、声がした。「かけ直す!」そう言い放ってプープープー。つぅか、いったいおまえは誰なんだよ?スマホが鳴る。「へいま〜さぁ〜ん‼︎‼︎」デカイ声。


 あ!その声は玄米コージではないか!何日か前にこの日記で彼のことを書いた。それを目にして連絡してきたという。遠く沖縄からだ。長女・高千穂ちゃんは小4になったのか。


 この子は伊豆でLIVEをした時、うちの実家に来ている。乳飲み子だった。父もまだ元気だったので、玄さんといろいろ話をして盛り上がっていた。当時、居間に置いてあったマッサージ機が故障。


 玄さんは原因がすぐわかったらしく、それを父に説明していた。このやりとりの記憶は残っている。今から9年も前のこと。LIVEはイシワタケイタ&希音がO.A。みんな民宿に泊まったんだよね。


 「玄さん、ところで仕事は何してるんですか?」に、「え…人には言えない仕事なの。昼に終わるから、午後は毎日サーフィンやってるよ」ぉお!相変わらず謎な人だ。そのあたりは昔から何も変わっていなかった。



f0347130_18045586.gif


「オレね、五百字日報が毎日の楽しみですからね。たのみますよ!」うれしい事言ってくれる。サボれなくなっちゃったな(笑)。


ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-14 08:35

マーガリン

 

 トランス。



 といっても、音楽のジャンルや精神状態のことではない。トランス脂肪酸のことについて寄せる。その代表的な食べ物はマーガリンだ。これ、いまだに売っていること自体が不思議。


 だってあれは溶けたプラスティックみたいなもの。もちろん身体に有害。一般的に浸透した時代もあったが、今となっては「バターのような塊」扱いされている。販売数激減なんだとか。


 ジャンクフード大国のアメリカでさえ、マーガリン使用に制限。もしかしたら禁止食品になったかもしれない。ある実験を興味深く見た。蟻数十匹を使ってやったシンプルなもの。


 左にバター、右にマーガリン。さてアリさんはどっちに行く?これが全部左へ。混んでるからと、右に行くのが1匹もいないのだ。つまり、マーガリンを食べ物として認識していない。なんだこれ?である。


 ボクはコンビニに売っているものはなるべく口にしない方がいいと思っている。今流行りのコーヒーですら疑っているもん。特に菓子パン類はヤバイ。添加物山盛り。マーガリン使用。


 一切口にしないというわけでなく、あんな物をお手軽さにかまけて毎日食べていると病気になるよ、なりやすくなっちゃうよということ。特にガキは注意が必要だろう。



 せめてマーガリンはおやめなさい。


f0347130_10513893.jpeg



 昔、味噌バターラーメンのバターがマーガリンだった店があり、「メニューを味噌マーガリンラーメンに書き換えた方がいいよ」とその店のオヤジに言った記憶がある。


ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-13 09:55

高千穂

 玄米コージは元気だろうか?



 元パイのメンバー。ジャンベを叩いていた。今、沖縄に住んでいる。千葉県外房から一家で移住。きっかけは東日本大震災。福島原発の事故。たしか次女が産まれたばかりだったと記憶している。


 すぐに故郷の宮崎県へ避難。玄さんは放射性物質の恐ろしさや特性を知っていた。とにかく初動が肝心。ボクも後から得た知識だが、「初動」がすべてといっていい。彼らに避難をすすめたのは加藤登紀子さんだった。


 しばらくして一時帰宅。間もなくあっさり南国生活を決めた。台風来襲、ご近所トラブル、職探し、ボクが訪れた時は全身アザだらけ。聞くと、近隣住民が飼育している馬のボンちゃんに襲われたという。2度驚いた。


 報せがないのは無事な証、そう思うしかない。ボクは前からずっと宮崎県高千穂に行きたいと思っている。渓谷を舟で渡るのだ。九州は食も酒も美味い。ちなみに玄さんの長女の名前は高千穂ちゃんという。





f0347130_10513893.jpeg


ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-12 08:36

週明け宴

 とれた??



 地元にいる週の日曜日はだいたい馬友Oちゃんと競馬だ。たまに府中まで車を飛ばして現地観戦もする。彼の仕事はシフト制。最近なかなか日曜休みにならない。一昨日はなんと夜勤。


 仕事の休憩中、スマホの小さい画面・小さい音でレースをそっと見るという。G1連戦も一区切り。やる必要ナシ。しかし、コラムで取り上げたエプソムCだけでもと思い、ボクは自室で1TV観戦した。


 「対抗」に推した7人気の馬が2着入線も、軸馬がどこにもいない。やってくれたな。3着は外さないと思っていたが、、、まぁ競馬なんてこんなもんよ。と、結果を見てOちゃんはとれたと確信する。


 だが、夜になってもなかなか連絡がこない。もしかして馬券買ってない?まさか惨敗か?そんな思いがめぐった時、当たりを知らせる一報がきた。レイエンダ(5人気)で単勝勝負。的中。


 そして昨夜、仕事終わりで居酒屋へ。ご馳走になる。なにもないはずの週明け月曜夜がハネた。ボクはOちゃんとの会話の中で、ふと気付いたことがあった。競馬の楽しさはまず予想している段階にある。


 この時、「現在」「過去」「未来」の3つが現場介入してくるのだ。つまり時空総動員。ちなみに、歴の長いOちゃん自身のハードディスク容量はボクの何倍、いや何十倍もあるだろう。


 レースはその答え合わせ。正解なら大なり小なりの金が懐に収まる。まちがいなら金は溶けていく。その潔さもまたシンプル。結果が出て一喜一憂した後、お互いの見解を話すのがまた面白い。


 「1人競馬」の物足りなさ。原因がわかったような気がした。来週もセコ重賞か。次々週だな。宝塚記念である。かなり豪華な顔ぶれ。これをもって競馬の上半期は終わりにする。





f0347130_18045586.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-11 17:23

土下座アイドル

 なんだあの土下座は。




 アイドルグループの元メンバー。保釈後、おなじみの場面となった警察署の出入り口前での光景。そこでヤク中芸能人は謝罪を口にする。報道陣のフラッシュがピカピカ。眩しい。


 そうしてワゴン車かなんかに乗り込んで署を後にするのだが、この元メンバーはいきなり額を地面に擦り付けるように土下座をした。その間20秒。世間ではいろいろ意見が分かれているようだ。


 「土下座」とは多大な過ちに気づいた人間が、相手に対して赦しを乞う最終手段的謝罪方法だ。俗世間という超大多数にするのは間違っている。謝るのにも順番と種類があるもの。


 まず肉親や近親者にやれ。見ず知らずの人々相手にあれをやってしまって大丈夫なのか?後々の想像をこの元メンバーは何も考えていないように思う。だから大麻ごときでお縄になるんだよ。


 土下座よりさらに強力な謝罪の仕方が1つだけある。教えてあげよう。「死んでお詫び」だ!





f0347130_18045586.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-10 13:19

酒屋酒場

 土曜夜。



 1815分発「伊東駅」行きのバスに乗る。バス停は実家から徒歩15秒。約30歩のところにある。伊東に着いて谷口酒店へ。10歳上の先輩Mさんが営む酒屋さん。ここは友人・知人のみ店内飲酒が許されるのだ。


 もうかれこれ四半世紀ほどお付き合いがある。きっかけは音楽。Mさんも昔バンドをやっていて、地元開催のイベントで知り合った。とにかく邦楽好き。70~80年代の古き良きロックバンドにどっぷり。


 レコ発ツアーで伊東でLIVEをした時、ミヤウチ君とMさんを引き合わせた。無口な彼が饒舌になっていたことを思い出す(笑)。いつも谷口酒店の店内は音楽が流れている。奥さんのEさんも同類というのが素晴らしい。


 最近リリースされた吾妻光良&スウィギンバッパーズのアルバムをすでに買っていた。

こんな主婦います?いないよな。昨夜はとうとう主人自ら店内でタコ焼きを作りふるまってくれた。


 6時半から呑み始め、解散になったのはナント10時半。そして家までEさんが車で送ってくれたのだ。古い友人にも会えたし、最高の週末になった。帰宅して競馬の予想と思っていたが、余韻を感じたのでやめる。


 日本のロックを部屋で聴きながら、〆の一杯を飲んだのだった。




f0347130_18045586.gif

ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-09 18:04

南部の巨星

 ドクター・ジョンが死んだ。



 享年77歳。死因は心臓発作。ニューオリンズを代表するピアノヴォーカリストといえばこの人。もはや使い古されたコトバであるが、「ゴキゲン」な楽曲を多数残してあの世に旅立ったといえる。


 ボクの1番好きなドクターのアルバムは「In the right place」だ。弾むような陽気なサウンド。特にドラムのビートが最高。ニューオリンズには謝肉祭という巨大なお祭りがある。禁欲前の酒池肉林(笑)。


 人々はみんな阿保になる。街のいたるところから音が溢れ出し、飲んで食って踊って大騒ぎするだけ。パレードもある。身体中羽根だらけの衣装を着た人が、ビーズの首飾りやおもちゃを配るのだ。


 1度は行ってみたい土地である。フランスの植民地だったから、色彩感覚が他のエリアとは一風違う。もちろん食べ物も美味しいはず。Gumboというごった煮スープが有名。


 ドクターの出世作の名前でもある。とにかく土の匂いを感じるような70年代のアルバムの数々は必聴だ。ジャングルビートよ永遠なれ。さようなら、ミスターマルディグラ!



f0347130_15055738.jpg

ヘーマ





# by h72ogn | 2019-06-08 15:04

カミナリ

 雨になる。


 しかも夕方になると雷鳴がした。ピカッと光ったその後、ドドーン!という音と共に家が揺れた。どうやら近くに雷が落ちたようだ。喪黒福造級の衝撃。あー恐ろしい。




f0347130_10513893.jpeg

ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-07 16:57

女優と芸人

 蒼井優と南海キャンディーズ・山里の電撃婚。



 ネットのニュース見出しを目にした時はさすがに驚いた。今朝、2人の記者会見をTVで見る。なるほど。この山里って人は頭の回転がハンパなくはやい。頭脳明晰。機転をきかす才能の持ち主。


 女優さんに惚れられるわけだ。ブサイク?キモキャラ?変なメガネしてっからそう見えるだけでしょう。意外とイイ男じゃないかと思う。芸人の顔、男としての顔、それを絶妙に使い分けている。策士だな。


 そういえばターザン山本さんはこんな事を言っていた。「美人は何でもドラマチックに見えるけどさ、ブスはまるでストーリー性を感じないんだよなぁぁぁぁ!」たしかにそれは言える(笑)。画像は有楽町「三洲屋」の店先。


 店員のおばさんに撮影していただいた。こんな話ばかりしていたせいなのか、おばさんちょっぴり怒っていたかも。ごめんなさい。けど、男の本音を聞けたと思って許してほしい。



f0347130_10213557.jpeg

ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-06 10:20

ターザンと昼呑み

 つづき。3日(月)の出来事。


 ヒューマントラストシネマ有楽町。「誰もがそれを知っている」をターザン山本さんと見た。ご一緒したのは「ボヘミアン・ラプソディー」以来である。山本さんはプロレスの記者になる前、映写技師だった。


 今でも1日に2本、3本とかけもち観賞するほどの映画好き。だから誘う方も駄作をあてがうわけにはいかない。なんだか妙な緊張感がある。これなら大丈夫と思ったのが今作だったわけ。12:15~の回。


 館内はほぼ満員。我々は前から2列目の独立した席。通りを挟んで座った。上映時間133分。つまらなければお昼寝タイムになってしまう。いよいよスタート。スペインの原風景かぁ。とてもイイ。


 女優陣も美しい人ばかり。ついつい見とれてしまい、ストーリーを追えない部分があった。あ!ということは山本さんはさらに取り残されているな(笑)。終演後、緞帳が降りてしばらく放心状態。


 「えらいもん見たよぉぉぉ」これは山本さんの第一声。寝ないで最後までじっくり見たのだろう。「平馬さん、ゆっくり話ができるカフェに行きましょう」「いや、昼呑みしませんか?」


 「そりゃいいね!」というわけで映画館から徒歩5~6分のところにある三洲屋へ移動。道中、大通りを渡る信号で立ち止まると、山本さんはボクにこう話してきた。



「ところで犯人は誰なの?」




f0347130_13353807.jpg


 昼呑みはハネた。


 3時間超。映画話60%、競馬話20%、陰口10%、恋愛論10%、壮絶なコトバラリー。自分が普段いかにリミットをかけて喋っているという事が、山本さんと会話するとよくわかる。


 2日経過した今日になっても脳が日常化しない。困ったもんだ。


ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-05 13:34

「えらいもん見たよぉぉぉ」by.ターザン


 イランのアスガー・ファルハディ監督作。「セールスマン」以来のサスペンス巨編。ハビエル・バルデム&ペネロペ・クルスW主演。リカルド・ダリンが脇を固めた。スペインの田舎が舞台。


 内容には触れない。この映画、意外と過小評価されている。単なる誘拐事件ものとして見ている人が多いのだろう。ボクは、今年上半期の中でベスト。自力解釈型の人間ドラマ。


 人が極限状態、あるいは非常事態になった時にどうなってしまうのか?これが1つのぶっとい軸になっている。家族間で揺れ動く心境の変化を、監督は「化粧」で表現していたのがおもしろかった。


 序盤、中庭で盛大に行われた結婚パーティーは、みんなドレスアップしてバッチリメイク。やがて誘拐事件発覚。どしゃ降りの雨。化粧はドロドロに落ちて全員パンダ状態。以降ほとんどスッピンだ。


 つまり女性は様々な顔を持つ。様々なカードを持つ。そしてここぞという時、「過去」というものを切り札にする。この物語に登場した女の手持ちカードは、すべてジョーカーだったのだ。


 カードを切られた男は、自分で自分の身ぐるみを剥いでいった。ちがう男はすでに剥がされていて、ただただ信仰にすがるばかり。老人は精神破綻、若者は遠巻きに傍観しているしかなかった。


 こうなると野郎目線から見た時、「誰もがそれを知っている」は100%恐怖映画だということ。ヒューマニズム作品としては珍しいオトコ映画だといえる。カップルで行く作風ではない。現代版・追い剥ぎ物語だからね。


 ボクは昨日、ターザン山本さんを誘って有楽町のヒューマントラストシネマで観賞。2人とも脳が覚醒してしまう。山本さんは完全にスイッチが入った。今日は映画のことだけ。明日もつづく。




f0347130_18450560.jpeg

ヘーマ


# by h72ogn | 2019-06-04 18:36