「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

スクランブル馬鹿

 サッカーの結果はともかく、圧倒的な馬鹿の数に驚いた。



 渋谷に集結した青いユニフォームを着た連中のことだよ!駅前交差点。何なんだ、あの騒ぎは。
日本はコートジボワールに完敗したんだ。2分で2点も入れられたんだぞ。しかも頭でな。


 かの立川談志はサッカーを評した時、こんな事を言っていた「牛の喧嘩じゃあるまいし!
頭でもって球を突くやつがあるもんか!」実に家元らしい表現である。仰るとおりだ。


 それは置いといて、まるで勝った時のような盛りあがりを渋谷でする必要はまったくない。
行き交うサポーター同士のハイタッチ。気持ち悪いったらない。あれが連中の絆ってやつか?

 同じ格好をして、奇声をあげて、手を叩き合う、それがサッカーファンのしきたりなのかね。
あれなら「アナと雪の女王」の劇中で、Let it go~を歌うやつらの方がマシ。

 なにがDJポリスだ。おまえら完全になめられてるぞ。暴動起きたらまず止められないだろう。
じゃあ、どうすりゃいいかってな、発砲だ、発砲!打っちゃえよ。たまには馬鹿を間引け。




平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-16 16:50

午前サッカー

 生まれて初めてサッカー中継を最初から最後まで見た。



 ワールドカップ。日本VSコートジボワール戦。朝10時キックオフ。NHKでライブ放映。
開始前から、これでもかと煽りの映像が流れていた。なんの予備知識もない。ちょうどいいや。
と、ちらちら見る。何度、チャンネル変えようと思ったことか。過剰演出。大袈裟すぎだっての。


「日本人の誰もがこの日を待ち望んでいた」

「国民の思いを背負って戦う選手たち」

「侍ブルーの絆はどこの国よりも強く」


 待ちなさいよ。オレは別になんの期待もかけていないし、まるで外野席の人間だよ。
馬鹿のひとつ覚えのように蔓延る「絆」という単語に虫酸が走るタイプなのだ。冗談じゃない。
ま、それはテレビの作り方だからガマン。試合はどうなんだ?興味はそこにつきる。本田先制。

 前半、日本1点リードのまま後半戦がはじまった。途中、トイレに入った。オシッコ。
騒がしい。え?同点。ヘディングシュートがきまったのか。喉が乾く。水を飲みにキッチンへ。
また騒がしい。あら?逆転だ。このまま試合終了。感情移入がないとサッカーって面白くねぇな。


 それがよ~くわかった。日本各地の中継があってそれも見る。歓喜と落胆の場面だった。
やみくもに馬鹿騒ぎして、負けたらこの世の終わりみたいなツラぶら下げやがって。アホか。
ん、待てよ・・・これ、「PRIDE」で桜庭和志を見た後の自分とまるっきり同じではないか!失礼!




平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-15 13:07

お口直し

 予定変更だー!



 オレはドしょっぱいライブ、落語、演芸、映画を見ると怒りがなかなかおさまらない性質。
昨夜の某咄家は酷すぎた。腹が立ってイライラがつのる。なんとか取り返してやる。


 ほんとは昼からやらなければいけないことがあった。しかし、そんなもん後倒しだ。
スマホで14日/都内近郊の落語会&寄席をすべてチェック。あったよ、いいのがね。上野で。

 正確に言うと黒門町。落語協会二階。「黒門亭」の第一部。トリは三游亭歌武蔵師。
中トリは古今亭菊之丞師という組合せ。ま、ハズレはない。チャリで悠々と向かう。



 んで、12~14時。2時間。リベンジどころか、至福の時間を過ごす事ができた。1000円。
ちなみに、昨日の木戸銭は2500円。倍以上ではないか。やめてくれよな。恥を知れ。

 終わってから湯島経由を走る。マインマートというディスカウント酒屋に寄った。日本酒だ。
ここの店、広島の銘酒「白牡丹」がある。県内消費95%。つまり5%の稀少な酒を購入。

 途中、図書館に寄ってノート書き。頭の中が沸点に達した。…その後の酒は旨いのなんの!




平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-14 22:50

ムダ金、ムダ金曜日

 行かなきゃよかった。


 夕方。東京到着。寄席へ。ぶっちゃけあまり好きなタイプではない咄家がトリをつとめる席。
食わず嫌いはよろしくないとばかりに、あえてボクは突入してしまった。
いやぁ~ひでぇや、こりゃ。文章にしたくもない。なので今日はここまで。おやすみなさい。







平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-14 00:25

原因究明 2

 あれとあれだな。



 ボクは2週に渡って土曜日が宴会になり、結果、翌日を台無しにするほどの二日酔いになった。
飲み過ぎた後、軽い悪心程度なら多々ある。だが、あの状態は酷い。ひどすぎる。何かある。

 原因をはっきりさせなければ、今後の飲酒ライフに多大な影響を及ぼす。いや、断酒だろ。
禁酒じゃない。酒を絶たなければならないかも。そんなのかなしいよ。つまらないよ。


 というわけで、いろいろ考えてみた。大きく2つ。ある共通項が判明。それは煙草と焼酎だ。
煙草は3年半以上前にキッパリとやめた。吸いすぎて気持ち悪くなったトラウマを利用して。

 2010年9月22日以降1箱も購入していない。大幅値上げ直前で運よくやめられた。
ところが最近、酔っぱらうと一口吸いたくなる。それが二口、三口、四口と増えているのだ。

 もちろん貰いタバコ。まわりの喫煙者はさぞかし煙たい奴だと思っているだろう。もうやめる!
そして焼酎ね。これさ、自分で作るじゃない?どんどん濃くなんの。薄いと味がしねぇから。
いずれにせよ、諸悪の根源は自分の「意志」ということだ。悔い改めます。うまい酒を飲む為に!






平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-12 20:35

原因究明

 日曜日。2週つづけて休日を棒にふるとは。



 「宴会死」いう物騒なタイトルが付いたのは先々週。実は7日(土)水泳OB会の翌日もダウン。
日曜日は1歩も外に出られなかった。せめて洗濯とベッドカバー&シーツの交換だけでもしよう。

 だが、たったこれだけの事で、足元がおぼつかない状態になる。ヨロヨロとした動作。
シーツを替えた時、マットレスの角がベッドサイドにあったスピーカーを直撃。落下。

 カバーのプラスチック部分が破損した。あ~あ、なぜこんなにも力が入らないのか?
いや、原因は単なる二日酔いなのだが、ここまでダメージを負うほど飲んでいない。


●生ビール×2
●焼酎水割り×4
●バーボンソーダ×4
●ジントニック×2

 たかだか12杯だ。そりゃ一般的な量と比べたら多いよ。そこと比較しても意味がない。
オレの問題だから。しっかり杯の数を覚えているし、断片的に記憶がぶっ飛んでいるだけ。

 ところが動けなくなるほど強烈な二日酔い。絶対に何かある。早いとこ原因究明しないと。

 現時点で考えられる事は“2つ”ある。つづきは明日にしよう。どうもね。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-11 14:08

公私混同

 私物化かよ。



 ボクの90年代ムービーの最高傑作は「パルプフィクション」。100点満点。何度見た事か。
Q・タランティーノ監督の代表作。キャスティングもGOOD!J・トラボルタ復活作でもある。

 レストランのツイスト&コンテストで、ユマ・サーマンと踊ったシーンは最高だった。
今、その女優ユマと監督タランティーノが親密な関係にあるとか。タラは元々ユマのファン。

 それは彼の作品群を見れば一目瞭然。「キルビル1&2」でユマを主役に抜擢している。
ハマり役だったが、他の女優でもよかったように思う。つまりこれが私物化ってやつだよ。

 映画の世界によくある事だが、タラやウディ・アレン監督はそれが超露骨なのだ。変態め。
ま、監督業の最大特権は、お気に入りの女優を自由に操れること。公私混同大いにけっこう。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-10 14:41

魚じゃあるまいし

 伊東SCでの思い出はたくさんある。



 いや、たくさんあった事がOB会の席でよみがえったのだ。
数々のエピソード、実際その真相は?すべての着地点はそこだった。
会話がスイングしないわけがない。それは帰りに料理を見てわかった。
地元で評判の美味い店なのに、そのほとんどが残っていたのだ。食うヒマなし。

 あれはもう即興ジャズのセッションに近い。すごい話量だ。
だからほとんど何をしゃべったのか忘れている。しかもシラフの時から。
これはまた近いうちに開催しないと。みんなもそう思っているはず。
もったいぶる必要はない。まさかこんな楽しくなるとはね。次回は冬か。


「魚じゃあるまいし」

 小学生だった頃、毎日毎日泳ぎながらよくそう思っていた。しんどいもん。
けど、なぜだか辞めなかった。イヤだと感じたら、とことんイヤになる性格なのに。
どうしてだろう?それはきっと全員がボクにやさしくしてくれたからだ。続けていてよかった。
だって途中で抜けた生徒は、当時を“みんなで”振り返る事ができないわけだから。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-09 21:14

伊東SC

 昨夜、約25年ぶりの再会をはたした。


 伊東SCのOB会。SCとは「スイミング・クラブ」のこと。学校帰り、毎日練習していた。
もともとクラブは宇佐美のプールで活動していたが、途中で伊東の某ホテルの地下プールへ移転。

 生徒もほとんどがそのままスライドしたので、宇佐美の人が多くいた。
OB会の面子も全員が元近所ってやつ(笑)。総勢13人。遠くは成田市からかけつけた後輩も。



 幹事を引き受けたので、店の予約と贈呈用の目録を準備しておく。6時半スタート。乾杯。
先生、生徒5人+親7人、あちこちから昔のエピソードが飛び出す。ボクは盛り上げ役に徹する。

 つまり“たいこ持ち”だ。宴会は笑いの絶えない明るいものになった。先生は66才。
いまでも1日おきに泳いでいるという。「平馬ったんもたまには泳げよ」と言われる。

 姿勢、肌艶、声の張り、目力、とても初老とは思えないほどはつらつとしてらっしゃる。
やはり泳ぐことって健康にいいんだな。先生の姿を見て改めてそう思った。近々プールに行こう。



 ・・・三次会まで流れ、最後は7人でピザをむさぼり食べた。ジントニック付き。暴飲暴食。マジでプール行こっと。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-08 22:21

プライベート

 どんどん1人時間が好きになっている。



 仕事が終わって家に帰り、風呂入って飯を食う。あるいは酒などを飲む。落語を見る。
もちろん音楽を聴いたり、本だって読む。日誌をつける。ギターの稽古したり。毎日それだけ。

 他に何もない。あ、たま~に友達の家で2時間ほど飲む。他愛のない話をするのが楽しい。
長っ尻は御法度。近い関係の人ほど、サラリとした付き合いをするのだ。だから夜10時まで。

 帰宅してからは、1人時間にすぐ戻る。種々ネタがあるとこうなるのかね?
一日一独。だが、特別この流れというか、プライベートタイムがすべてではないのである。


 何かが“ゆらり”としている空間で、まったく違う事を考えていたりするのだ。脈絡なし。
この脳内環境は異常かも。だが、ボクはそんな頭なんだから諦めるより他はない。

 40をこえた年齢の人間が、真正面から思案するのは不可能じゃないの?無理があると思う。
いまにチンポをいじりながら難問数式を解き、正解した瞬間にピュッ!と射精するかもしれない。
そんな奇妙なエクスタシーに溺れたりしたら・・・どなたかどうかお助け下さい。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-07 15:04

宴会死

 死んでたんだな。


 5月31日(土)、ある友人宅で酒盛りをした。夜っぴいて酒を飲む。なんて素晴らしい!
がしかし、ボクはたいして飲んでないのに早々に潰れた。1番先にくたばる事なんて過去にない。

 記憶ほとんど無し。遅れて参加したモリちゃんに、「イチゴ買ってこい」そんなメールした?
覚えていない。え!?絵文字付きだったの?おそるおそるケータイチェック。あ、ホントだ。

 送信時間を見ると22:21。20:00前後から飲んだから、わずか2時間強で壊れてしまったみたい。
起床したのは10時20分。嘘だろ!ものすごく長く寝ていたはずなのに、強烈な二日酔い。

 一瞬、ここがどこで何をしていたのかわからなかった。正気に戻るまでしばらく放心したまま。
あとの事はこの日誌で綴ったので割愛。昨夜、ある人にこの出来事を打ち明けてみる。


「あぁ~平馬な、それ眠っていたんじゃなくて、仮死状態だったんだよ」


 大酒飲みに言われると、妙な説得力がある。そうかも。いや、あれは確かに死んでいた。
寝ゲロ吐いていたら窒息だろ。今頃お葬式である。無事に戻ってこれた。祝杯をあげよう。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-06 19:06

チャーリー研究

 あれからもう3ヶ月か。



 2014年3月4日(火)。東京ドーム。ザ・ローリングストーンズのジャパンツアー。その中日。
19曲を演奏したストーンズがまだ脳裏に焼き付いている。ミックの動きの凄さに舌を巻いた。

 反対にギターのキースは絶不調。ほとんど動いていない。ミスもいつも以上に多かった。
噂だと、腰痛、頚椎ヘルニア、はたまた左手首腱鞘炎とも。原因はいまだ不明。そんな事はいい。

 間違えてヨレヨレでもキースはキース。世界で1番かっこいいギタリストは健在だったのだ。
さて、姿はいつでも思い出せるが、音の記憶はどうなっているのか。持つべきものは友人さ。


 東京ドーム3公演分のブートレグをTeaーKが郵送してくれだ。うれしいプレゼントである。
音源になると、ボクの耳のほとんどはドラムに傾く。そうね、約8割はチャーリー・ワッツへ。

 やっぱ類い稀な存在だ。だって明らかに“その日の気分”で叩いてるから。いないよこんな人。
しかしチャーリー、不調のキースをフォローしていた。イントロですぐリズムを入れていたりね。

 やさしい。

 これが真の思いやりってもんだ。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-05 14:37

芝浜駅

 友人のSさんからメールがきた。



 『品川と田町の間にできる新駅の名前は、場所的に「芝浜」を推したい』



 7年後に完成予定の山手線内の駅のことだ。なるほど!「芝浜」ねぇ。素晴らしいアイデア。
我々の共通は落語好きである。そうじゃない人にとって、これ、まったくピンとこないだろう。



 古典落語「芝浜」は、年末にかけて咄家さんたちがこの演目をチョイスすることが多い。
いろんなタイプがある中で、これは人情話に該当する。長尺。トリでかけられるのがほとんど。

 ボクもいろんな名人上手や、生観賞で何回も見ている。現代でも十分通用するよくできた話だ。
ちょうど物語の舞台が田町の海周辺。まさにドンピシャ。シバハマという言葉の響きも最高。



 少し品川寄りだと、「品川心中」「居残り佐平次」などがある。廓話だから駅名は無理か。
けど、「次は~、佐平次~佐平次~」そんな車内アナウンスがあったら。想像すると楽しい。

 「業平橋」を「スカイツリー」と改名したバカ鉄道会社の二番煎じにはなってほしくない。
「芝浜」あるいは「芝の浜」がいいよ。そう思いません?なんとかならないもんかね。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-04 14:55

ヘロリハ

 季節外れの真夏日が3日つづいた。



 1日の日曜日。昼間からリハーサル。めちゃくちゃ暑い。33℃!?冗談は梅雨明けにしろよ。
29日はワンマンライヴ。理想は参加者全部でリハをすること。しかしなかなかそうならない。

 住まいのエリア、仕事、遊び、その他諸々の理由で、全員集合は難しいのである。
この日は4人。たこす、宮内、森、平馬。リハというよりは、新曲2つの音源作りとなった。

 来られなかったメンバーへ、これを練習用テキストとして送るためだ。一筋縄ではいかない曲。
リズムがコロコロ変わるから、独特のノリを出すのに少し苦労するかもしれない。


 ところでボクはこの日、めったにないレベルの猛烈な二日酔いだった。ヘロヘロのグズグズ。
自分が別の人間になったような錯覚に陥るほど、アルコールがまったく抜けていない。

 よほど逃亡してやろうかと思ったが、逃げる体力もない。行ったよ、スタジオに。
たこすは娘2人をお母さんに預けてきたという。酒酔いが理由で行かなかったら顰蹙もんだ。


 酷暑と飲酒の対策はしておかないとマズイ。ほんとうにマズイって。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-03 08:48

上映中断!

 どっちらけだ~~~!!



 それは、上映中の「ポール・マッカートニー/LIVE」で起こった、ありえない出来事。
ボクはビートルズの曲で「レット・イット・ビー」が5本の指に入るほど好きなのだ。

 よりによってこの曲の途中で、スクリーンが真っ暗に。そして警報が鳴り響いた。何事だよ!
館内アナウンス、「6階の火災報知器が鳴りました。状況確認中です。動かないで下さい!」

 おいおい!韓国沈没船の事故をすぐ思い出した。「動かないで下さい」はヤバイだろ。
5、6分経過。やはりというか、誤作動だった。この時点でもう雰囲気ぶち壊し。

 さらに15分も待たされた。再開。あ、戻しすぎ。さっき流れた2曲を再び見させられる。
こんな不手際ってあるのか?ないよな。本編170分+中断20分+同じ映像10分。

 終わった後も不愉快な気分は続いた。スタッフはお客の1人1人にお詫びをして優待券を配布。
最後の対応はよかったと思うが、まともにこの映画を見たかった。まいったよ。
ポールに縁がないことがここにきてハッキリした。本人急病&上映中断だもんな。


 トホホをこえていらぁね。
[PR]
# by h72ogn | 2014-06-02 12:04