「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

フライトゲーム

 リーアム・ニーソン主演は傑作が多い。



 昨夜、仕事終わりでレイトショーを見に行く。沼津にある「サントムーン柿田川」。
「フライトゲーム」という映画。ニーソン主演なら間違いないだろうと。まずはラーメン。
20:55~予告編。21:10~本編スタート。22:50終演までボクはスクリーンに釘付けになった。
おぉ!「アンノウン」と同じ監督なのか!納得。つまらないわけがない。オススメのアクション映画です!


f0347130_1303436.jpg




平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-09-11 12:56

腕時計

 これが損傷した腕時計である。



 今から約6年前。
 36才の年男。



 縁起を担いで購入したもの。視認性がよいし、着けているのを忘れてしまう楽な時計だ。
あ~あ、左上のガラスがひび割れてしまった。こりゃ交換してもらうしかない。幸い中身は無事だった。

 酔っぱらって電柱にぶつかればこうなる。相手はコンクリートの棒だけによけてはくれない。
川や海に落ちなかっただけよかったと思うしかないよ。ちなみにこの
f0347130_8265383.jpg

時計破壊は2度目である。



 猿並みに反省!











ヘーマ
[PR]
# by h72ogn | 2014-09-09 08:25

激突全裸

 酔っぱらって電柱に激突しました。




 金曜日の夜、仕事終わりに待ち合わせ。時間は7時半。友達3人で飲む。すごく話が弾んだ。
翌日、朝から仕事だというのに、深夜までハシゴ酒。ここまではまだいいよ。たまにならね。


 ボクは自転車通勤。よせばいいのに、いや、やってはいけない行為。記憶にございません。
いつチャリにまたがったのか?どこを走ったのか?到着寸前、凄い衝撃が頭に走った。


 痛みは一瞬だけ酔いを覚ます。しかし、またヘベレケにさせてしまうのだろう。起きてびっくりだ。
全裸。なのに脱ぎ捨てたズボンやシャツにくるまって寝ていたのである。寒いよぉ。


 額から出血していたようだが大したことはない。それより何処の電柱なのかまだわからない。
1日経って今日を迎えた。さすがに昨日はグダグダ。しかし、寝れば復活しちゃう。


 おかげで復調したが、さっき、枕元に無造作に置いてあった大事な腕時計を見て凹んでしまった。
ガラスが割れてめちゃくちゃになってる。こいつが身代わりになってくれたのかも。


 無理やりそう思うことにした。




平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-09-07 18:56

見切り力

 まぁ独身だし、所帯染みたら救いがねぇや。



 1972年生まれの42才。どうなの?これって“中年”という領域に突入しちゃってるのか?
父28才、母26才の時にボクは誕生した。だから父親が42才だった時、ボクは14才。中2。


 ロックに目覚めた時期である。それまでは大のプロレスファン。あの情熱は我ながら凄いと思っている。
昭和と平成のプロレスはまったく別物。世間を巻き込んで孤軍奮闘していたのはアントニオ猪木。


 その破廉恥さを嫌い、プロレスはプロレスだという聖域を守り続けたのはジャイアント馬場さんだった。
今はもう滅茶苦茶だ。単なる男芸者がポカポカやっているだけ。つまらない。だから見ない。


 いくらか音楽の方のが見所や聴所はあるだろう。ま、ほとんど薄っぺらだし、値段にみあう価値はないが。
42才。ますます好みにうるさくなっている。ドサ臭いものに喜んでいるようじゃダメでしょ。


 そういう嗜好(志向でもよい)に対しての価値基準を、早いうちに設定しておくべきだ。

 何にでも“無頓着”“無節操”な人から老いさらばえていくのである。それは世間を見れば一目瞭然だ。





ヘーマ
[PR]
# by h72ogn | 2014-09-05 08:46

音楽熱降下中

 最近まったく音楽を聴いてないな~



 夏になる前までは、来日公演を見に行ったストーンズやディランを中心に俄然“ロック熱”がおびていたが・・
5月のポール・マッカートニー中止がよくなかった!病気が原因とはいえ、あれで完全に白けたもんね。


 久しぶりに予約して買った「上原ひろみ」の新譜も一時よくかけたけれど、超難解すぎて頭が痛くなる。
たしかに素晴らしい演奏で、好きな曲も2つあるが、自然と遠のいた感じ。仕方ない。気分の問題だ。


 もちろん音楽が嫌いになっているのではない。ライヴは早くやりたいくらい。もう2ヵ月やってないから。
夏場はおとなしく。去年からそうしている。こう何もないと逆にリスナー感覚も薄まっていくのかね?


 日本のロックバンドの雄として活躍している連中の一部は、氷水かぶってはしゃいでやがる。マヌケ野郎め。
キースや清志郎は死んでもそんな事はするまい。あやつらと十把一絡げにしちゃいかんな。


 ROCKは音楽だけにあらず。


 今、ボクはそんな気持ちになっている事はたしかだ。






平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-09-04 14:34

絶景映画

 「クライマー~パタゴニアの彼方へ」



 先日、新宿ピカデリーで観賞した映画である。ドキュメンタリー。上映時間は103分。
フリークライマーのラマが、南米にある登頂困難な山(セロトーレ)を命綱だけで頂を目指すという内容。


 ボクは落語ばかりで、和服のオヤジしか見ていなかったから、壮観な景色を眺めていようってのが目的。
内容よりもビジュアル。絶景を写したポスターにひかれて館内に入ってしまった。


 最初から最後まで、我が目を疑うような大自然の描写。目的を果たすことができた。CGを超えているよ。
そしてこの作品の主役であるデビット・ラマね。蜘蛛のように断崖絶壁をよじ登っていた。


 しかし怖くないのかね。恐怖心があったらあんな事はまず無理。死んでもいいという覚悟か。
いやはやまったく理解不能だ。なにせボクは高所恐怖症。脚立に上がるのもイヤだ。勘弁である。


 言葉は悪いが、馬鹿でなければできないよ、あれは。







平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-09-03 08:42

ドタバッタ

 今回の東京滞在、ゆっくり、まったり、のんびりは皆無だった。





 落語会、寄席、映画、病院、図書館、買い物、居酒屋、散策、散髪、打ち合わせ、自転車整備。
部屋では寝ただけじゃないか。あ、西武百貨店で買った日本酒で一杯やったか。これ、抜群!!!


 「東光」という山形県の地酒。最近呑んだ中でも格別な味わい。値段の倍の価値はある。最高!
お盆は東京に出なかったから、ここぞとばかりに!というような状況になったのだろう。


 いや、そうさせた。すべて自分でコントロール。ずっと前から決まっていたのは落語会だけ。
あとは全部流れのままである。口外できないが、ある事を動かした。まったくの気まぐれに。


 きっかけなんてそんなものかもしれない。これもまた都会ならではの醍醐味である。






平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-09-01 19:08

鯉昇大爆発!

f0347130_101224.jpg



 すごいもの見た。いまだに思いだし笑いする。


 先日、深川江戸資料館にあるホールで行われた「柳家さん喬 瀧川鯉昇二人会」へ行った。
その一席目、鯉昇師は「舟徳」をかける。古典の中でもポピュラーで、夏の噺である。笑いどころも多い。


 落語好きならば何度も遭遇する人気の高いネタ。ボクも数回見ているし、名人上手の音源もよく聴く。
しかしこの日の鯉昇師のそれは、他のどれよりも、まったく別物というくらい楽しかった。40分の熱演。


 ボクにとって落語は、笑いに至るためにあるものではない。だから構えて見たり聴いたりしない。
そんな“ややこしい”客なのだが、こんなに笑ったのは初めてである。腹がよじれた。頭がクラクラした。


 着物を身にまとったおっさんが、座布団に座り、たった1人で喋っているだけなんだよ。信じられない。
鯉昇さんはそこにいるだけで、こちらの気持ちがポワ~っと和んでしまう不思議なパワーがある。


 それと見た目な。画像をご覧あれ。同じ人間とは思えないインパクト。病みつきになる芸の持ち主でもある。







平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-08-31 10:00

グルグル呪い

 グルグルグルグルグルコサミン♪



 テレビコマーシャルのフレーズ。去年あたりから、これを「本当だ節」に絡めてライヴで歌ったりしていた。
ギターとユニゾンで。バカバカしいが、こんな誰もが耳慣れたメロディを突っ込むとスパイスにはなる。


 ところが、やっぱ跳ね返りがきたよ!唄っている張本人の膝痛がなかなかとれないのだ。まいるよなぁ。
お盆に発症したから、もはや2週間になる。自分で治療しているが、仕事中痛いのなんの。


 炎症はおさまっているが、関節に原因があるため、予測していた通り長期戦の様相になってきたようだ。
苛立つのは就寝時。ジワ~っと鈍痛を感じて目が覚めることがしばしばある。明け方とかに。


 原因不明ときているから始末悪い。勝手に拝借して、商品名を小ネタにしていた者への呪いなのか?
「世田谷育ちのグルコサミン~♪」を購入して、怒りを鎮めていただく事が快方への近道だろう。








平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-08-29 08:51

角川派

 前回のつづき。



 80年代のアイドル、特に女性は楽曲に恵まれていたように思う。後世に残る名曲も多い。
あなたは聖子派?それとも今、ベスト盤が売れている明菜派?ボクがそう訊かれたら、「角川派」と答える。


 角川っても、角川博ではない。角川映画の主題歌がたまらなく好きなのだ。82~87年あたりの。
ボクにとっては、薬師丸ひろ子&原田知世が両巨頭である。映画は凡作多しなんだけどね。歌はイイ。


「Woman~Wの悲劇~」

「探偵物語」

「メインテーマ」

「時をかける少女」

「早春物語」


 このあたりの曲を聴くと、一瞬にしてココロが少年の頃に戻ってしまう。あぁ~たまらんな~の世界なのだ。
上記のほとんどにユーミンが関わっている。作詞は松本隆さん。最強コンビでしょう。


 歌謡曲はこうあってもらいたいよな。








 ・・余談ですが、知世ちゃんは、どんな服でも何を着させてもよく似合う、稀な女優さんだと思います。







平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-08-28 08:27

何派??

 中森明菜のベストアルバムが売れているという。



 今、ご本人の露出はほとんどない。特別派手なプロモーションもしていない。それでいてこれは凄いことだ。
50万枚近くのセールス。CDがまったく売れない時代なのにである。購買層は4、50代の男女でしょう。


 この世代、1980年代の思い入れが、ことさら強いときている。いや、それだけではないな。
やはり楽曲がしっかりしているし、歌唱力を持ち合わせているアイドルがそれなりにいたからだ。


 ちなみにそれをぶっ壊し、素人同然をかき集めて爆発的人気をほこったのが「おニャン子クラブ」である。
プロデューサーはAKBと同じ秋元康氏。当時から現在に至るまで、馬鹿から金を吸い上げる能力に長けている。


 なぁ~に、中1時代のボクだって高井麻巳子と冨永春美が好きだった(笑)。夕ニャン毎日見てたからね。
んで、中森明菜ね。松田聖子と共に歌謡界のトップとして君臨していた時代が懐かしい。


 まわりも聖子派と明菜派にわかれていたが・・ボクはまったく違っていた。断然“あっち派”だったのだ!







つづく
平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-08-26 21:30

船釣り

f0347130_8404141.jpg

これがサバの餌でかかったヒラメ。
90㎝、約7㌔の大物。玄関マット級。
夜、和食「にしむら」でさばいてもらう。


釣って食う。
サイコー!!
[PR]
# by h72ogn | 2014-08-25 08:39

船釣り

f0347130_22402397.jpg

これ、立派なサバなんだけど餌用。
この後、釣人兄弟が巨大ヒラメをあげました。玄関マット級。グラシアス!!
[PR]
# by h72ogn | 2014-08-24 22:39

ひと夏の…

 楽にいく。楽へ手がのびる。



 タンスの1番上段はTシャツコーナー。夏場はT専用スペースだ。
デザインはさておき、素材、サイズ、縫製、価格、みんなそれぞれだが…
もっぱら“着心地”を最優先している。これ、1日の疲労感がまるでちがう。


 ヘビーオンス(厚手)のTシャツは、パキッとしていて好きだけれど、
やはりどうも重たく感じる。丸胴で軽く、どこか頼りないようなのがイイ。
特に仕事の時。ほぼ100%着ている。そのかわり何度か洗うとクタクタに。


 だから、寿命が短い消耗品。へたすりゃひと夏でおさらばとなってしまう。
たとえばストーンズの来日記念(2006年)Tシャツは、いまだ現役である。
8年選手。大事にしている。ネットに入れて洗っているし。やたらに着ない。


 ま、いろいろですよ。あ、べつに含みをこめているわけではない。ハハハハ~





平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-08-23 18:26

氷水男の最期

 おい、指名されたら氷水を頭から被れ!




 筋萎縮性側索硬化症を患ったアメリカ人男性が、難病を認識してもらう為に行ったことだという。何だかよくわからん。なぜ氷水なんだよ?
これSNSなどを通じて、地球規模に広まっているのだ。日本の芸能界やスポーツ界にも蔓延。まるでチェーンメールである。


 まぁ、遊びなんだからご自由にと思っていたのだが、あるニュース記事を読んで驚いたのなんの。大爆笑してしまったよ~!
当の発起人というか、出所であるそのアメリカ人男性が、つい先日、遊びで海に飛び込んで溺死したというのだ。


 被るは平気でも入水はまずいだろ。体の自由がきかない重篤な病を患っているというのに。マジかよである。
悪いが、こんな間抜けで滑稽な出来事はそうない。まるで落語の世界ではないか。こやつやりやがったな!って(笑)。


 こんな事を書くと、一般的常識バカは「人の命をなんだと思っているのだ、嘲り笑いおって!けしからん!」
となるのかね?そうだよ。仰るとおりさ。命なんてそんなもんだよ。極めてあっけないものだ。


 それを笑わずにいられるかってんだよ。オレは言いたいね、「ご苦労さんなこったね」と。病人や障害者だって“バカ”の比率は健常者と同じだから。










平馬
[PR]
# by h72ogn | 2014-08-22 22:11