人気ブログランキング |

「ザ・パイのパイ」オギノへーマ殴り書き/書き殴り/本音/虚偽/事実/夢想/真実/妄想/本音/無根/吐露/激情/・・その他諸々の五百字詰め。毎日更新!


by ヘーマ

こんもり


f0347130_08441481.jpg



 この写真は鳥取砂丘のネギ泥棒たちです。・・ウソ、ウソ。アフリカのどこかでしょう。我が目を疑ったね。
いくらダンプとはいえ過積載にもほどがある。それにしてもよく乗せたもんだ。プロの技を感じる。
これ、日本の公道で走っていたら街の人は腰を抜かすだろう(笑)。警察も唖然としたまま切符はきれまい。










平馬
# by h72ogn | 2015-07-25 08:36

イッキイッキ



 3年前の事件。




 東大に通う生徒(未成年者含む)たちの飲み会で、1人の男性が急性アルコール中毒で死亡した。
焼酎を生一本でイッキ飲み。男性は幹事。断りゃいいものを、変な責任感にかられたのかね。
途中で意識喪失。まわりの学生たちは倒れた幹事を隅に置いたまま飲みつづけたという。


 実によくある話。毎年〃懲りもせず、何人かの若者は命を落としている。
宴会で死ぬくらいだから、社会人になったとしてもそう長くは生きられまい。
むしろ友達と酒を酌み交わし、知らぬ間に死んでしまった方がそいつにとっては幸せではないか。




 ところで、みっともないのは死んだ東大生の両親である。謝罪しなかった学生に対して訴えた。
「集団の責任を果たしていない」ってんで、1億数千万円の賠償金を請求しているという。
そもそもてめぇのガキが発起人(幹事)となり、よかれと思ってしでかした珍事なのにである。


 ふつうなら恥ずかしくて世間に顔向けできないよ。それがこの馬鹿親は銭儲けを企てやがった。
こういう一族は根絶やしすべき。焼酎に火をつけてイッキに殲滅だ。くそったれ。



f0347130_08231185.jpg

平馬



# by h72ogn | 2015-07-24 08:18


 な~んか気になったのね。




 すでにこの日誌で触れた、映画「フレンチアルプスで起きたこと」である。
コメディ調という作風の裏に何かが潜んでいるにちがいない。ちょっと調べてみるか。
登場人物の夫婦の真相心理。あれは単なる設定という領域を越えていると思ったわけ。




 なかむつまじい一家(夫婦と子供2人)が5日間の旅程でアルプスへスキー旅行に行く。
2日目のランチタイム。屋外テラスで食事中に事件は起こる。人口雪崩。家族の悲劇。
小規模なはずの雪崩は勢いを増し、テラスを直撃。その時、1番先に逃げたのは父親だったのだ!
よりによってスマホの動画で一部始終が記録されていたのである。父権大暴落。大失脚。
家族間の確執。最悪の旅行となってしまう。とうとうこのお父さん、しまいにゃ泣き崩れた。
これがもう「赤ちゃん返り」といえる情けなさ100%。思わず目を覆いたくなるシーンだ。




 実はリアルに危機的な状況になると、ほとんどの人が我先に自己防衛からするんだって。
だから災害や事故後の離婚率はひじょうに高い。つまり見損なったという感情が爆発。
男は女を守るもの。そんな概念がある。だから逃げたのが男性だった場合、関係修復は厳しい。


 それと嫌な事を認めたくない思いが募りに募ると、本人は事実を捏造する傾向にある。
それでも信頼回復されず、窮地に追いやられると、泣く、わめく、叫ぶ、こんな行為に及ぶ。
これが先ほどの赤ちゃん返り現象なのだろう。「夫婦」「家族」の固定観念は世界共通だ。


 しかし、緊急事態になればなるほど、生き物としての咄嗟の行動は、観念や概念と正反対へ向かう。
そんな風にできてしまっている。いやぁ調べてみるもんだね。面白い。
いろいろ解ると、「フレンチアルプスで起きたこと」は秀作と思える。


 それともう1つ。一瞬にして男に失望した女の冷たさといったらないよな。怖すぎるっての。





f0347130_08333377.jpg

平馬



# by h72ogn | 2015-07-23 08:25

旅人、相撲、ズボンズ



 偶然が重なった。




 まず、女性のMさん。彼女は正真正銘のバックパッカー。世界中を旅している人。
ASEANで貧困3兄弟とレッテルを貼られている「ラオス」「ミャンマー」「カンボジア」を制覇。
しかも2月にボクが行ったプノンペンにも。ふつうシュリムアップに行くよな。遺跡があるし。


 で、また宿泊したエリアがむちゃくちゃ治安の悪いところ。銃声が聞こえたという。
Mさんは9月に中央アメリカ(ホンジュラス)へ旅立つ。無事を祈るばかりだ。
途中から旦那さん登場。この人はなんと相撲マニア。そんじょそこらのレベルではない。


 年6、15日間の本場所は仕事を休み、昼~結びまでの約6時間を相撲中継観賞。信じられない。
十両に有望株がいるとか。その力士名が思い出せない。それにしてもスゴイ夫婦がいるものだ。
そしてボクの隣の隣にいた男性のTシャツを見て驚いた。思わず「あ!」っと声をあげてしまった。
だって、最近再結成したばかりの「ズボンズ」新作Tだったのである。
たまたま前日にHPを閲覧していた。都内でこのTシャツを着ている人は100人もいないだろう。


 なんたる偶然。これで落語好きがいたらコンプリートだった(笑)。
それはさておき、1人1人ともっとじっくり話を聞いてみたい。今後ともヨロシク。




画像📷バンコクでよく飲まれているビール「レオ」です。
f0347130_20124330.jpg

平馬



# by h72ogn | 2015-07-22 20:07

猛暑の日月は



 日月は東京にいた。



 日曜日、午後イチでヒューマントラスト有楽町へ。「フレンチアルプスで起きたこと」を観る。
この映画、2回も満席で門前払いを食らっている。連日大入りだとか。何としても今日は!
朝からWeb予約した。おいおい、かなり席が埋まっているよ。端の席を選んだ。


 早めに着いたので丸井へ下着を買いに行く。マルイ自社開発のもの。セールで半額以下。
ソックスと合わせて3点¥1480。安い。もっと買っておくべきだった。
映画は12:40から14:45まで約2時間。これはフランスでは受けるだろうが、日本人にはどうなの?


 率直に言ってしまえば、国民性が違いすぎて理解するのに無理があると思う。
ただし風景描写はよかった。雪景色。白銀の世界である。シアターを出て有楽町線に乗る。
「江戸川橋」下車。そこから15分歩いて早稲田に到着。ミカミさんのお宅におじゃました。


 いつもは2~3人でしっぽり飲むのだが、今回は地元の方々にまぜていただき、男女8人で宴会だ。
初対面の方ばかり。だが、この人たちとは会うべくして会ったといえる偶然があったのだ!





つづく



f0347130_07452832.jpg

平馬



# by h72ogn | 2015-07-21 07:40

踊るメンチカツ



 「旅は恥のかきすて」というが・・・




 この“恥”の代表が「口事」である。飲み食い、大声でわめき散らす行為。集団の口に多い。
今、これを読んでいる人の頭にパッと浮かんだのは中国人の団体客だろう。その通り。
伊豆は観光地。旅館やホテル勤務の方々に話を聞くと、なるほど酷い醜態をさらしてやがる。


 貧乏人に銭を持たすとああなるのかね。だから半分くらい間引いっちゃっ・・やめとこう(笑)。
ところで、じゃあ日本人はどうなの?って事なんだが、しっかりきっちり馬鹿はいる。
谷中銀座は荒川区日暮里駅すぐにある観光スポット。街全体が寺町なので風情のあるエリア。


 いないことはないが中国人は少ない。大半は日本人が闊歩している。歩き食い三昧。
コロッケ、メンチ、饅頭、焼鳥、かりん糖、モンブラン、大学芋。酒。何でもござれ。
まぁ売る側に問題ありなのだが、いい大人が食い歩きなんてみっともないと思わんのか?


 肥満体のババアなんて豚以下にしか見えない。家畜だって止まって餌を喰ってんだ。
だいたいメンチカツなんて胃もたれを引き起こす代表みたいなもの。よくあんなもの食うよ。




f0347130_11081687.jpg

平馬



# by h72ogn | 2015-07-20 11:04

湿気失敬



 湿気は魔物か?




 どうも人間は夏型と冬型に分かれるようだ。つまり暑いのが得意。寒いのがダメ。
これが夏型タイプ。その正反対にあたるのが冬型タイプとなる。ボクは湿気が苦手。
梅雨明け間近のこのシーズンが大キライ。ヤル気が削がれるどころか、体調が悪くなる。


 だから冬型なのだろう。暖房と冷房をどちらか選べと言われたら、迷わず後者を指差す。
前にも書いたが、クーラーを開発した人に足を向けて寝られない。
それほど偉大な人物だと思っている。あ、そういえばスタップ細胞騒動はどうなったのかね?


 小保方氏は平気で万人を欺くような科学者ではない。顔を見ればわかる。はめられたんだろ。
それは置いておいて、忌まわしきこの時季のことだ。貴子は超夏型女。暑いほどいいんだって。
さすがは“日本のインド”熊谷出身だけはある。それともう1人、ブッキング担当のNさんも。


 先週の日曜日。ライブの日。貴子とNさんの喜色満面に驚く。「やっと暑くなったぁぁ!」だと。
信じられない。狂ってんじゃないの?けどこれってちょっとした自己暗示で克服できるかも。
だって、「快・不快」は紙一重。“うだる”時に彼らの笑顔を思い出す。そこからスタートだ。






f0347130_08391833.jpg

平馬



# by h72ogn | 2015-07-19 08:37

災害バラエティー



 無芸の人間を芸能人とは呼んではいけない。




 その逃げ道的に「タレント」という呼称があって、テレビに映るバカはほとんどこれだ。
お笑い系番組なんぞどれも「ボス猿と子分たち」みたいな図式で成立させている。
子分はボスのご機嫌とり役。あるいはマヌケなタイコ持ちだ。見たくもない。

 「ガキ使」くらいか。いや、これも最近は途中で消している。最後まで見ることは少ない。
のっけから騒いでいるって状態が不快なのだ。騒ぐまでの過程が空っぽだもん。
ところで、芸能人のパワーが没落している昨今、ワイドショーですら扱いが小さい。


 誰かと誰かがくっつきました、反対に、あの夫婦が離別しました、これを見かけなくなった。
では低俗番組は何でもたせているかというとズバリ「災害」なのである。ここ数日は台風。
災害バラエティーと化しているではないか。テレビという媒体はさらに墜落していくだろう。


 信頼を売りにしていたNHKも今や完全無欠の政府の犬。政治家の手先。
たち悪いんだ、こいつら。もはや報道機関として成り立っていない。
だからもう「大相撲中継」と「日本の話芸」だけ放送してりゃいいのだ!





f0347130_08333631.jpg

平馬



# by h72ogn | 2015-07-18 08:29

ツーショット

 仮面貴族と大巨人。

 こんなにも幻想的なツーショットはそうあるものでない。マスカラスのデザイン性の見事さ、アンドレのデカさ。

 これぞプロレスラーである。ちなみに、アンドレのヘソまでの高さは150㎝。手は親指~小指33㎝。


f0347130_08062350.jpg





平馬
# by h72ogn | 2015-07-17 07:59

感じ悪いよね自民党!?



 安保法案が衆院特別委員会で強行可決された。




 ボクは反対。これってつまりは忍び寄る中国の脅威によるものからスタートしている。
アメリカにすがるしかない。「頼みますよ」に、「じゃあ自衛隊くらい出せ」だ。
安倍首相はオバマ大統領に、この悪法案を国民に示す前に約束してしまった。


 筋を通していない。説明も極めて曖昧。押し通す以外に方法はないと思っているのだ。
たしかに中国は不気味な存在。兵力と経済力のある国は強い。戦争は略奪行為。
血も涙もない。温情があったら勝利できないのだ。人を人と思わず皆殺しにして奪い取ること。


 何がどう転んでも今の日本が中国に勝てる要素はない。だから今から武力を持ってもムダ。
ドーベルマンにシェパードで対抗するならまだわかる。あ、犬なら支那は食犬か?
チャウチャウでもいい。では我が国はどんな犬かというと、チンか柴犬あたりでしょう。


 ひと咬みで息の根をとめられるのがオチだ。丸腰でいる方がよほど抑止になるだろう。
それともうひとつ。民主党のバカがこさえたプラカードはひでぇな。学生デモ隊以下。
真剣に可決阻止をしようとする意気込みを感じない。あいつらこそ無能集団だ。
なにが「感じ悪いよね自民党」だ。言語感覚がチープすぎる。みすぼらしい。アホ臭い。










平馬

f0347130_23053351.jpg




# by h72ogn | 2015-07-15 19:46

円陣



 12日(日)の本番ド直前。




 「パイってメンバーで円陣を組んだ事ないよな?」誰かのかけ声でオーッ!ってのがない。
やったこと、やろうとしたこと、たぶん今後もオーッ!はないな。
あれって仕切る人間(リーダー)の不安をやわらげる為だけの儀式じゃないの?


 ありきたりのだと、「盛り上がりましょう」「楽しみましょう」「かましてやろゼ」が代表。
これに付き合わされている奴は、何を今さらと内心思っているはず。で、本番前にやろうとした。
しかし誰だかわからないが、「いいよ、そんなの。無理にやらんでも」と却下しやがった。


 男だ。宮内君か森ちゃんだろう。いつも野郎はもそ~っとステージに上がっていく。
女はだいたいペラペラ喋ってやがる。ボクは気分をピッ!と切り換えないと無理なタイプ。
だから楽屋でよく「オ○ンコ」連呼したりする。最近、みんなあまり取り合ってくれない。


 個人的な儀式として例の円陣はないが、ライヴ前日に神社へ参拝したりするのよ。
これはこれで精神がセコいといばそうかも。夏は休む。秋に向け刺激を求めて暮らすつもりだ。





平馬


f0347130_08502164.jpg


# by h72ogn | 2015-07-14 08:49

遊戯搾り祭り39後記



 自主企画。39回目。




 はっきり言って、今回は客入りが心配だった。予約が入らない。
しかし9、10、11日の3日間で伸びたんだよ。ふたを開けたら満員に。お立見も出た。
開場から本番までの30分は「ユニクインテット」のクラッシック生演奏。


 午後2時10分。パイのliveがスタート。中盤にフォクシーのソロ。音頭メドレーかよ!
たこす&ケイトも参加。女組3人のステージ。これがいいスパイスというかハイライトだったかも。
アンコール含め14曲90分のステージ。最前列には3.11で被災したご夫婦がいた。久しぶりの再会。


 それにしても暑い日だった。リハーサルの後、外に出たら目眩がしそうな日射し。
みんなよく来てくれたと思う。次回の遊戯シリーズは秋開催になる。たぶんね。
打ち上げは、元メンバーの伝歩、チャコ、たぁちゃん含む16名が参加。


 なんだか同窓会みたい。二次会は定番となりつつある、酔ったチャコの演説会に。
テーマは「愛と金」について。正論話しているが、なんか意地悪したくなるんだよな。
ドS野郎ども(BL ,たぁ,オレ)の強烈な突っ込み。他言無用な内容。これがまた楽しい。


 と、長~い1日が終わり、心地よい疲労を感じて眠りについた。明けて今日。
信じられないほど身体が疲れているではないか!しかも午前中で33℃まで気温上昇する。
毎日〃ツアーでliveしている人は凄いと思う。ま、手を抜かないとできるわけないとも思う。





f0347130_17010043.jpg

平馬



# by h72ogn | 2015-07-13 16:54

扇橋逝去



 そうか…、亡くなったのか。




 気晴らしに見たかった映画「フレンチアルプスで起きこと」が満席で門前払い。
顔面マッドマックスみたいな女が列をなしていた。仕方ない。諦めた。
ヒューマントラスト有楽町は丸井と連結している。ちょっくら冷やかしにと歩を進める。


 そこにメールが来た。Sさんだ。「扇橋師匠が亡くなったそうです」とあった。
長く寝っきりになられていたのを知っていたからか、さほど驚きはしなかった。
この方の凄さを説明できなくはないが、今はそういう気分じゃないから書かない。


 扇橋師は、どこから吹いてくるのかわからない“風”みたいな人だったように思う。
ボクはまだ初心者の落語好きだが、かねがね扇橋師の過小評価に首を傾げていた。
著書「噺家渡世」やドキュメント「小三治」も見たばかり。やっぱ凄いんだよ。人間がね。


 いずれ書いてみたいと思う。明日はlive。今日は1日よく歩いた。
喉ならしに1人カラオケ。レッチリからバタヤンまで大いに唄わせていただいた。
ならすつもりが喉痛い。ま、すぐ治る。というわけでまた明日。どうもね。







f0347130_23100695.jpg


平馬



# by h72ogn | 2015-07-11 23:07

アーチ



 それとこれとは別だから。新国立競技場のことだ。




 予算2550億円。過去のオリンピック開催国もとうぜん競技場を新しくしている。
しかしどこも500億前後。何千億円も投じている国はどこにもない。この金額は異常だ。
何を基準に言っているかというと、状況をみたら一目瞭然。日本は今それどころではない。


 東日本大震災の爪痕。特に福島原発事故。住む家もない人がわんさかいる。
仮設住宅。プレハブだもんな。かろうじて雨風しのげる箱ではないか。気の毒だよ。
ボクは最初から五輪開催に反対だったが、その感情を抜きにしても運動場に2550億円はない。


 掘り出した土の問題も噴出。これ、予算に組み込まれていない。どんぶり勘定ってやつだ。
土だけで740億円かかるらしい。だいたい家を建てるのも予算通りに済むケースは少ない。
2割くらいの上乗せ。通常そうなる。2550億円が修正後に3200億円前後になる可能性大。


 バカバカしいにもほどがある。ただしひとつもの申しておきたいことがあるのだ。
芸術とは実用性や機能性を超えたところに存在する。つまり「なんだこれは?」の世界。
万人に理解される必要はない。そういう価値観を揺るがしてはならないとボクは思っている。


 日本の現状をみれば、芸術よりも実生活の復旧を最優先しなくちゃ。
だから700億円もかかるアーチは不必要となる。他国が500億円なら、我が国は半額で建ててやる。
なぜそうしないのだ?ズバッと言うと……、このつづきは12日に話そう(気が向いたらだけど)。





※ご好評いただいているペア(夫婦)割引の予約は本日(7/11)まで‼お二人様揃ってお運び下さい。別々の入場は適用されません。

1人¥2000→¥1500(+drink)

【予約】h72ogn@gmail.com

f0347130_00294059.jpg


平馬



# by h72ogn | 2015-07-11 00:22

ため息ひとつ!?



 梅雨の影響なのかね?



 予約が少なくてヤバイことに。他力本願は通用しない。集客って甘くないのだ。
これってどの商売にもあてはまると思う。潮の満ち引きみたいな感じではないだろうか?
お客さんが来る時は黙っていても来る。反対に、来ない時は何してもダメ。飲食店なんか特に。


 なんかこう「氣」の流れみたいなものが漂う。わかるんだよぉ、これは苦戦を強いられるぞと。
今回の遊戯39がこのパターン。まいった、まいった。気分があがらない。準備も進まない。
…っていう心持ちを変えるには衣装を買うに限る。注文したよ、献上帯を。紺色の博多織り。


 値段は高くない。12日はこれと、最近いただいた絞り(碧・へこ帯)を締めよう。
そうやって士気をあげる。すると!不思議なもので、予約がポンポン入ってくるではないか!
この2日間でのびた。あとは天気だよな。晴男を自認しているオレと、無敵の雨男との勝負だ。


 誰だって?ベースのモリですよ。野郎がため息をつく度に積乱雲ができる。ミスター低気圧。

 みなさんの祈り、いや呪いが必要です。あの雨男はそのくらいの意気がないと勝てねぇから!!





f0347130_20264789.jpg





平馬




# by h72ogn | 2015-07-09 20:25